last update Apr. 09, 2014
 
教員
久世 宏明 教授

専門分野:大気光学,大気環境計測
多波長ライダー等の地上センサによる対流圏エアロゾルの計測と解析
衛星データの大気補正アルゴリズムの研究
大気微量成分計測用の光学センサの研究
Hiroaki Kuze finished the graduate school of University of Tokyo in 1982, obtaining the Ph.D degree in physics in the field of quantum electronics. After working as a post-doctoral researcher for the Institute for Physical and Chemical Research (RIKEN), in 1984 he became a research assistant and in 1986 an associate professor in the physics department, faculty of liberal arts, Shizuoka University. During 1987-1988, he stayed at the Institute for Quantum Optics, Max-Planck Institute in West Germany as a visiting scientist. From 1995 to 2004, he worked as an associate professor with the Center for Environmental Remote Sensing (CEReS), Chiba University, and in 2004 he became a professor. From April 2010, he is the director of CEReS. His major research field is the atmospheric remote sensing.
眞子 直弘 特任助教
大気環境のリモートセンシング観測と解析
携帯型分光放射計を用いた直達光と天空光のスペクトル解析とエアロゾル特性の導出
ハイパースペクトルカメラを利用した大気および地上リモートセンシング
名誉教授・千葉大学知財フェロー
竹内 延夫 専門分野:大気リモートセンシング
センサ開発,大気光学/大気放射/大気補正,衛星リモートセンシング

注: 下記の名簿には、共同でセミナーを行っていた入江研究室と 齋藤研究室の学生が含まれています。
博士後期課程 融合科学研究科 情報科学専攻知能情報コース
D2 Jamrud Aminuddin Optical measurement of aerosol propaties in the lower troposphere
D2 Babag Purbantoro Analysis of visible and thermal infrared bands of Himawari-8 satellite
博士前期課程 融合科学研究科 情報科学専攻知能情報コース
M2 恒吉智明 ラマンライダーによるライダー比の導出と地上サンプリングによる値との比較
M2 野々垣亮介 全球大気輸送モデル及び航空機データを用いたGOSAT衛星のメタン鉛直濃度データの評価
M1 末永義樹 高スペクトル分解ライダーの波長固定とライダー比計測への応用
M1 八田寛道 GOSATおよび大気輸送モデルNICAM-TMの温室効果ガス気柱平均濃度の比較解析
M1 板津智之 GOSAT熱赤外センサーの温室効果ガス観測における地表面射出率誤差の影響評価
B4 小坂真悟 GOSAT熱赤外データによる全球メタン濃度評価
B4 恒吉浩輔 ひまわり8号データによるエアロゾル特性導出
B4 深沢俊貴 地上測器と光学計測を用いたエアロゾル吸湿特性の評価
環境リモートセンシング研究センター研究生
工学部情報画像学科
秘書
伊藤佳子
卒業生
2015年度卒業
D Tarulata Shapla Change assessment and phenological analysis of agroforestry and agricultural land use in Bangladesh based on satellite remote sensing
D 齊藤隼人 可視域と近赤外域における長光路差分吸収分光法を用いた都市大気中微量成分の計測
M 木本周平 航空機観測データに基づいたGOSAT衛星の二酸化炭素濃度データの検証解析
M 杉村 亮 全球大気輸送モデルによるGOSAT衛星の二酸化炭素鉛直濃度データの評価
B 板津智之 GOSAT熱赤外センサーの温室効果ガス観測における地表面射出率誤差の影響評価
B 八田寛道 GOSATおよび大気輸送モデルNICAM-TMの温室効果ガス気柱平均濃度の比較解析
B 田中貴大 サンフォトメータと地上測器による大気エアロゾル光学特性の比較
B 末永義樹 高スペクトル分解ライダーの波長固定とライダー比計測への応用
2014年度卒業
M 岩撫宏明 CCDカメラとテレセントリック光学系を用いた天空光撮像計測装置の開発
B 恒吉智明 斜め観測ライダーと地上サンプリングによる大気エアロゾルの評価
B 中村快平 LEDライダーとPPIライダーを比較したライダー重なり関数の評価
2013年度卒業
M 遅 雨嬋 地上データを活用した千葉市における大気汚染物質の分布導出
M 馬渕 佑作 多波長ライダーとPPIシステムによる対流圏エアロゾルと雲計測
M 橘 友仁 JEM/SMILESとACE-FTSデータによる北極成層圏オゾン破壊過程の解析
M 神谷義一 地上計測器データとミー散乱計算を用いたエアロゾル特性評価
B 加藤知道 MODIS を利用した中国と日本のエアロゾルトレンド解析および地上観測データによるその検証
B 木本周平 民間航空機離発着データを用いたGOSAT/TANSO-FTS-TIR 二酸化炭素鉛直濃度データの検証解析
B 杉村 亮 民間航空機データによるGOSAT/TANSO-FTS-TIR 上部対流圏二酸化炭素濃度緯度分布の妥当性の検討
B 武藤拓也 東アジアの対流圏二酸化窒素カラム濃度のトレンド解析
B 田辺裕也 大気遠近法におけるエアロゾル散乱の評価
B 廣中勘助 対流圏エアロゾルの光学特性と地上サンプリングの相関解析
2012年度卒業
D YuhendraComparison and assessment of image fusion methods applied to high-resolution satellite imagery (高分解能衛星画像のイメージフュージョン方式の比較と評価)
D Yohandri Development of circularly polarized microstrip antennas for CP-SAR system installed on unmanned aerial vehicle (無人航空機搭載用CP-SARシステムのための円偏波マイクロストリップア ンテナの開発)
D (JSPS論博プログラム)Laras TursilowatiImpact of land use and land cover changes on the urban climate and environment studied with satellite observation, GIS and weather research forecast model (土地被覆変化が都市気候環境に及ぼす影響に関する衛星観測、地理情報システ ムおよび数値気候モデルを用いた研究)
M 劉 XinMTSAT衛星データの大気補正と大気情報の抽出
B 岩撫宏明 CCD/CMOSカメラを利用したイメージングスカイラジオメータの開発
B 青木遼太SPIRALを用いた冬季北極成層圏の後方流跡線の信頼性の検証
B 櫨 聖千葉とつくばにおけるMAX-DOAS法による大気中の多成分観測
2011年度卒業
D(論文博士)亀山俊平風計測および二酸化炭素濃度計測用光ファイバ型ライダ システムの開発
D 栗山健二人工光源と自然光を用いた実大気における大気微量成分の計測法の研究
D Prilando Rizki AkbarDevelopment of circularly polarized synthetic aperture radar system for unmanned aerial vehicle and small satellite(無人航空機および小型衛星搭載用の円偏波合成開口レーダシステムの開発)
M 齊藤隼人近赤外光の長光路伝搬を用いた大気中二酸化炭素計測装置の開発
B 馬渕佑作大気データ収集ライダーシステムの構築と初期データ解析
B 橘 友仁JEM/SMILES による北極成層圏オゾン破壊メカニズムの解析
2010年度卒業
M 土性 譲 太陽直達光と散乱光の観測によるエアロゾル光学特性の導出
M 蒲 靖人 DOASデータと各種ライダーデータをあわせた複合的大気モニタリング
M 宮澤 周司 地上計測のエアロゾル光学特性を用いたMODISの大気補正
M 目時 洋平 水平でのレーザー光往復実験によるRaman散乱とライダー比の導出
B 新美 宏昭 (齋藤研究室)
2009年度卒業
B 増田 光穂 地上の光伝搬によるRaman散乱光の観測
2008年度卒業
M 片岡 大祐 光ビーム掃引による大気エアロゾルの二次元分布計測のシミュレーションと実験
M 篠宮 浩平 All-sky survey high-resolution air-shower (Ashra) 望遠鏡を用いたバイスタティックイメージングライダーの特性評価
B 松本 拓 紫外長光路差分吸収分光法による三宅島の火山ガス計測
2007年度卒業
M 境 裕之 GMS-5/VISSR可視データによる日本付近のアルベド分布画像の精度検討
M 宮崎 正志 長光路伝搬吸収(DOAS)法を用いた対流圏NO2とエアロゾルの変動観測
M 山口 陽平 GPSを用いたバイスタティックライダー観測用トリガー同期システムの開発
M 山崎 輝彬 地球観測衛星と気象衛星を用いた大気情報抽出法の研究
2006年度卒業
D Gerry Bagtasa 連続観測ライダーによる雲とエアロゾルの計測
M 大嶋 泰介 多波長ライダーデータによる千葉地域の対流圏エアロゾル連続解析と特性解析
M 甲賀 郁絵 イメージングライダーを用いた大気エアロゾル分布のバイスタティック計測
M 堀内 浩司 GMS-5/VISSRデータによる大気情報の抽出
B 崔 月黎 衛星データによる地表面アルベドとエアロゾル光学的厚さ情報の抽出:GMS/VISSRとTerra/MODISの比較
2005年度卒業
D Dodi sudiana 衛星データによるインドネシア森林火災対策・黄砂の評価
D 深川 俊介 積分球による地上エアロゾル計測・地域的エアロゾル特性の研究
2004年度卒業
D Nofel Lagrosas ライダーによるエアロゾル観測
M 石山 悠生 エアロゾルの吸収特性評価
M 佐藤 万希子 衛星データの大気補正
M 戸舘 義保 千葉地域の精密エアロゾル評価・地表面反射率マップ
M 林 慎太郎 多波長ライダー・可搬型ライダーによるエアロゾル計測
M 根元 昌哉 エアロゾルの吸収特性評価
B 大宮 俊孝 DOAS
2003年度卒業
D 由井 四海 微量気体の高感度検出・DOAS
M 古澤 佑介 B MODTRAN4による大気補正・日本全域のNOAA、GMSデータ
B 成田 嘉寿
2002年度卒業
D 水野 一庸 EDFAを用いたファイバリングレーザーによる微量気体検出法の研究
D 矢吹 正教 雲およびエアロゾルの光学特性に関する研究
M 木村 徹 多チャンネル衛星データにおける大気補正方法の研究
M 根間 伸幸 衛星データの大気補正におけるエアロゾルモデルの最適化法の研究
M 松谷 滋 ライダー重なり関数の理論的・実験的評価
B 唐木 厚 オングストロームパラメータとエアロゾル化学組成との関係および千葉地域エアロゾルの変動動向
B 外山 大輔 マルチアングルライダーによるS1高度依存性の導出
B 松尾 智史 航空障害灯を利用した大気成分の測定
2001年度卒業
D 朝隈 康司 情報理論を用いた衛星データからの大気情報抽出法の研究
M 安藤 勝太郎 長光路伝搬による大気中NO2の計測
M 大堀 正人 時間的・空間的に捉えた大気エアロゾルの光学特性の研究 ― ライダー観測と地上サンプリングによる ―
M 関上 優二 ファイバーリングレーザーを用いた微量気体センサの動作検証
M 豊島 伸介 多波長ライダーデータによる千葉地域のエアロゾル特性の研究
2000年度卒業
D 美濃村 満生 Study on atmospheric correction of satellite data in the visible and near-infrared spectral regions
D 金城秀樹 Study on calibration methods of multi-wavelength Mie-scattering lidar data
M 大堤 新吾 衛星画像を用いた大気エアロゾルの光学的厚さと地表面反射率の導出
M 由井 四海 ファプリー・ペロー共振器と周波数変調法を用いた高感度微量気体検出
M 鈴木 義英 可搬型ライダーの開発と大気述続観測
M 立谷 伸也 ライダーによる浮遊粒子状物質の二次元観測
M 武田 明知 地上サンプリングによる大気エアロゾルの物理的性質
M 秋元 竜 高繰り返しライダーの光学系に関する研究
1999年度卒業
D 増崎 宏 Study on atmospheric correction of satellite data in the visible and near-infrared spectral regions
D Qiu Jinhuan A study on remote sensing of atmospheric aerosol optical properties
D Xue Yanqun Study on remote-sensing technique for absorption spectroscopy of atmospheric trace species
D Jianfei Ru Satellite remote sensing of significant aerosol events by using a multi-channel retrieval algorithm
D 増崎 宏 Study on atmospheric correction of satellite data in the visible and near-infrared spectral regions
D Wahyu Widada Study on multiple scattering effects in the laser-beam propagation through the atmosphere
M 佐藤 愛樹 ラマンライダーによる水蒸気計測に関する研究
M 矢吹 正教 ライダーおよび地上サンプリングによる大気エアロゾル光学特性の研究
M 前田 和仁 レーザーの長光路伝搬による大気の消散と揺らぎの計測
1998年度卒業
M 上園 哲司 浮遊粒子状物質の物理的性質に関する研究
M 岡沢 理華 半導体レーザーとファプリー・ペロー共振器を用いたアセチレン分子の検出
M 近藤 和弘 1.5μmファイバーリングレーザーを用いた微量気体検出
M 只石 彰 ライダー連続観測により得られた雲の特性
1997年度卒業
D Li Xun Development of an algorithm for orientation of three-line scanner imagery
D 鳥海 良一 Study on measurement of concentration distribution of nitric oxides by means of all-solid state lidars
M 周 永海 差分吸収の全固体ライダーによる都市大気中の窒素酸化物濃度分布の計測
M 金城 秀樹 多波長ライダーおよび可搬型ライダーを利用した対流圏エアロゾルの精密計測
1996年度卒業
D 麦野 明 Study on all-fiber-type trace gas sensors using an Er3+-doped fiber amplifier and a fiber-type gas cell module
D Niu Jianguo Optical absorption spectroscopy applicable for studying air pollution
M 本多弘典 TOMS台風に現れたオゾン分布変化と台風パラメーターとの関係
M 強 敏 単波長及び多波長ミー散乱ライダーのシミュレーションと観測データの解析
M 塩見高史 1.5μm帯分布帰還型レーザーを用いたアセチレン気体の高感度分光
1995年度卒業
M 山本 智一 共振器内分散特性を利用した大気微量成分高感度検出用光源の開発
M 榎本 真貴 姿勢情報を用いた航空機搭載3ラインCCDセンサによる地上計測の幾何補正
M 岡崎 裕一 可搬型ライダーにおける多重散乱光の視野角依存性

>>HOME