研究業績一覧 (Publication Lists),赤字は投稿中・発表予定
Last Update: 18 Mar 2009

(a)査読論文 (b) books
(c) Proc. (d)大学紀要  (e)学会発表 (f)学会報告 (g)報告書 (h)筑大提出

Coming Soon? (Under peer review or checks) [2/9] 

(a) 原著論文(査読論文 & 研究ノート or 解説) [7 (1st author) / 23 (all)]
(a)  Refreed original papers
  1. 白木洋平・樋口篤志・近藤昭彦 (2009):都市環境が降水に及ぼす影響.環境科学会誌, 22 (3),(掲載予定)
  2. Yamamoto, M. K., A. Higuchi, S. Kikuchi (2009): Climatological changes in rain and non-rain days over the East Asian region using long term rain gauge observation data. From Headwaters to the Ocean: Hydrological Changes and Watershed Management, Taniguchi et al. (Eds), Taylor & Francis, 31-35.
  3. Takahashi, A., T. Hiyama, M. Nishikawa, H. Fujinami, A. Higuchi, W. Li, W. Liu, Y. Fukushima (2008): Diurnal variation of water vapor mixing between the atmospheric boundary layer and free atmosphere over Changwu, the Loess Plateau in China. Scientific Online Letters on the Atmosphere (SOLA), 4, 33-36. [abstract, pdf, SOLA]
  4. Yamamoto, K.M., F.A. Furuzawa, A. Higuchi, K. Nakamura (2008): Comparison of diurnal variations in precipitation systems observed by TRMM PR, TMI and VIRS. Journal of Climate, 21 (16), 4011-4028. [abstract, JC]
  5. Tanaka, H., T. Hiyama, K. Yamamoto, H. Fujinami, T. Shinoda, A. Higuchi, S. Endo, S. Ikeda, W. Li, K. Nakamura (2007): Surface flux and atmospheric boundary layers observations from the LAPS project over the middle of the Huaihe River basins in China. Hydrological Processes, 21 (15), 1997-2008. [abstract, pdf, HyP]
  6. Higuchi, A., T. Hiyama, Y. Fukuta, R. Suzuki, Y. Fukushima (2007): The behavior of a surface temperature/vegetation index (TVX) matrix derived from 10-day composite AVHRR images over monsoon Asia. Hydrological Processes, 21 (9), 1148-1156.[abstract,pdf,HyP]
  7. Yamamoto, K.M., A. Higuchi, K. Nakamura (2006): Vertical and horizontal structure of winter precipitation systems over the Northwestern Pacific using TRMM data. Journal of Geophysical Research  - Atmospheres, 111, D1310810.1029/2005JD006412. [abstract, JGR-Atomospheres]
  8. Kondo, Y., A. Higuchi, K. Nakamura (2006): Small scale cloud activity over the Maritime Continent and the Western Pacific as revealed from satellite data. Monthly Weather Review, 134 (6), 1581–1599.[abstract, MWR]
  9. 松原卓美・樋口篤志・中村健治・秋元 文江 (2005): 熱帯降雨観測衛星データを用いたイラワジ川,メコン川流域における降水量分布の特性.水文・水資源学会誌,18 (2), 116-131. [J-STAGE 妙録とpdf, J-STAGE 水文・水資源学会誌]
  10. Li, S.-G., C.-T. Lai, G. Lee, S. Shimoda, T. Yokoyama, A. Higuchi and T. Oikawa (2005): Evapotranspiration from a wet temperate grassland and its sensivity to microenvironmental variables. Hydrological Processes, 19 (8), 517-532.[abstract, pdf, HyP]
  11. 玉川一郎・田中賢治・石田祐宣・樋口篤志・ 松島大・浅沼順・小野圭 介・多田毅・林泰一・石 川裕彦・田中広樹・檜山哲哉・岩田徹・田中健路・中北英一・CAPS観測グループ (2004):琵琶湖プロジェクト2002年フラックス面的集中観測(Catch A Plume by SATs: CAPS):その概要.水文・水資源学会誌,17 (4), 392-400. [J-STAGE 妙録とpdf, J-STAGE 水文・水資源学会誌]
  12. 石田祐宣・松島大・樋口篤志・檜山哲 哉・戸田求・浅沼順・玉川一郎・宮崎真・田中賢治・杉 田倫明・永井秀幸・田中久則・飯田真一・小林菜花子 (2004):2001年筑波大学陸域環境センター(TERC) における 乱流計測機集中観測:機器比較と校正による誤差の解析.水文・水資源学会誌,17 (1), 43-60. [J-STAGE 妙録とpdf, J-STAGE 水文・水資源学会誌]
  13. Reddy, K.K., T. Kozu, Y. Ohno, K. Nakamura, A. Higuchi, K.M.C. Reddy, V.K. Anandan, P. Srinivasulu, A.R. Jain, P.B. Rao, R.R. Rao, G. Viswanathan and D.N. Rao (2002): Planetary boundary layer and precipitation studies using lower atmospheric wind profiler over tropical India. Radio Science, 37 (4), 10.1029/2000RS002538. [abstractRadio Science]
  14. 橋本博文・鈴木雅一・樋口篤志 (2001): NOAA/AVHRRを用いたタイにおける地表面湿潤度とフェノロジーの解析.水文・水資源学会誌,14, 277-288.
  15. Kondoh, A. and A. Higuchi (2001): Relationship between spectral reflectance and evaporation from vegetated surface. Hydrological Processes, 15 (10), 1761-1770. [abstract, pdf, HyP]
  16. 西田顕郎・樋口篤志・近藤昭彦・松 田咲子 (2000):分光植生指標と表面温度に基づく地表面過程のリモートセンシング手法の検討.水文・水資源学会誌,13, 304-312.
  17. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・ 新村典子・近藤昭彦 (2000): PGLIERC (Preliminary GLobal Imager experiment at Environmental Research Center);その概要について. 日本水文科学会誌, 30, 81-91.
  18. Higuchi, A., A. Kondoh and S. Kishi (2000): Relationship among the surface albedo, spectral reflectance of canopy, and evaporative fraction at grassland and paddy field. Advances in Space Research, 26 (7), 1043-1046. [abstract, pdf, ASR]
  19. 樋口篤志・近藤昭彦 (2000): 草地・水田・雑木林での地表面フラックスと衛星より得られる可視・近赤外波長域の分光反射特性および植生指標との関係. II. 衛星より得られる可視・近赤外波長域の分光反射特性と地表面フラックスとの関係. 水文・水資源学会誌, 13, 137-147.
  20. 樋口篤志・近藤昭彦・池田正一・ 黒子裕史 (2000): 草地・水田・雑木林での地表面フラックスと衛星より得られる可視・近赤外波長域の分光反射特性および植生指標との関係 I. 各土地被覆での地表面フラックスの季節変化.水文・水資源学会誌, 13, 124-136.
  21. 樋口篤志・近藤昭彦 (1998):可視ー近赤外ビデオカメラによる琵琶湖プロジェクト'96での水田観測. 水文・水資源学会誌, 11, 382-386.
  22. Kondoh, A., A. Higuchi, S. Kishi, T. Fukuzono and J. Li (1998): The use of multi-temporal NOAA/AVHRR data to monitor surface moisture status in the Huaihe River Basin, China. Advances in Space Research, 22 (5), 645-654.[abstract, pdf, ASR]
  23. 樋口篤志・嶋田純・田中正 (1998):阿蘇西麓台地南部・高遊原台地周辺における地下水流動系について.日本水文科学会誌, 28,13-22.

(b) Book (書籍) [2/2]
  1. 樋口篤志(2008): 5.4. 人工衛星データを用いた中国北部における地表面状態の近年の変化傾向, pp.82-89, 福嶌義宏・谷口真人編「黄河の水環境問題〜黄河断流を読み解く〜」, 学報社,pp. 259, ISBN: 978-4-904079-01-0 C3040.
  2. Higuchi, A. (2006): Chapter 6: Integrated use of vegetation indices and surface temperature space obtained from Earth observation satellites dataset. The textbook of The Fifteen IHP Training Cource (International Hydrological Programme) in 2005, "Water and Carbon Cycles in Terrestrial Ecosystems", Ed. T. Hiyama, Hydrospheric Atmospheric Research Center, Nagoya University, Japan, pp. 111-134, ISBN: 4-9980619-6-8.

(c) International Conference and Wrokshop & its proceeding [18/62]
  1. Matsumoto, J., T. Koike, T. Oki, T. Satomura, H. Ishikawa, T. Hayashi, M. D. Yamanaka, P. Wu, S. Mori, A. Higuchi, S. Kanae and H. Kanamori (2009): MAHASRI. "Water in a Changing Climate: Progress in Land-Atmosphere Interactions and Energy/Water Cycle Research", Parallel GEWEX/iLEAPS Science Conferences with Joint Sessions, Melbourne, Australia, 24-28 August, 2009.
  2. Higuchi, A., Y. Murayama, M.K. Yamamoto and M. Hayasaki (2009): Connection of diurnal cycle in convective activity with seasonal march of vegetation activity over Sahel region, Africa revealed by several satellites data. The 2nd MAHASRI/HyARC Workshop in Vietnam (Diurnal Cycle of Rainfall and Convective Activities in Asian Monsoon Resion and Its Impact on Regional Weather and Climate), Danang, Vietnam, 5-7 March 2009, 281-291. [pdf]
  3. Yamamoto, M. K., S. Kikuchi and A. Higuchi (2008): Climatological changes in raining and non-raining days over the East Asian region using long term rain gauge observation data. HydroChange 2008 in Kyoto, Kyoto, Japan, 1-3 October 2008.
  4. Higuchi, A. and M. K. Yamamoto (2008): Several aspects in land - atmosphere interactions revealed by several Earth observation satellites. HydroChange 2008 in Kyoto, Kyoto, Japan, 1-3 October 2008. [pdf]
  5. Yamamoto, M. K., S. Kikuchi, and A. Higuchi (2008): Climatological Changes in Rain and Non-Rain Days over the East Asian Region Using Long Term Rain Gauge Observation Data. European Geoscience Union General Assembly 2008, Vienna, Austria.
  6. Yamamoto, M. K., A. Higuchi, H. Takenaka, F. Nishio, T. Takamura, and H. Kuze (2008): Construction of Globally-Merged Geostationary Satellites Dataset. European Geoscience Union General Assembly 2008, Vienna, Austria.
  7. Higuchi, A., R. Ishii, M. K. Yamamoto, Y. Kurosaki and A. Kondoh (2007): Recent trend in winter precipitation/snowfall over Japan. Japan-Taiwan Wrokshop for EAMEX and MAHASRI, Hakone, Japan, 17-18 December 2007.
  8. Matsumoto, J., T. Satomura, P. Wu, S. Mori, J. Hamada, N. Sakurai, M.D. Yamanaka, A. Higuchi, S. Kanae, S. Yokoi and T. Oki (2007): MAHASRI and AMY'08. AS07-HS20 GEOSS, CEOP and MAHASRI, The 4th Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) Annual Meeting, Bangkok, Thailand, 30 July - 4 August 2007, AS07-HS20-D2-AM1-MR4-006.
  9. Higuchi, A., N. Kodama, and M. K. Yamamoto (2007): Diurnal variation in rainfall account for intra-seasonal variation over monsoon Asia revealed by a combined product of TRMM. AS07-HS20 GEOSS, CEOP and MAHASRI, The 4th Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) Annual Meeting, Bangkok, Thailand, 30 July - 4 August 2007, AS07-HS20-D2-AM1-MR4-009.
  10. Tanaka, H., T. Hiyama, K. Yamamoto, H. Fujinami, T. Shinoda, A. Higuchi, S. Endo, S. Ikeda, W. Li, and K. Nakamura (2007): Simultaneous observations of the surface and the atmospheric boundary layer over the middle stream of the Huaihe River basin in China. AS07-HS20 GEOSS, CEOP and MAHASRI, The 4th Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) Annual Meeting, Bangkok, Thailand, 30 July - 4 August 2007, AS07-HS20-D3-PM2-P-034.
  11. Satomura, T., J. Matsumoto, P. Wu, S. Mori, J. Hamada, N. Sakurai, M. D. Yamanaka, A. Higuchi, S. Kanae, S. Yokoi and T. Oki (2007): MAHASRI the new international asian monsoon research project. IUGG, oral, Perugia, Italy, July.
  12. Li, S., W. Liu, A. Takahashi, A. Higuchi, T. Hiyama, and Y. Fukushima (2007): Seasonal changes of spectral characteristics of winter wheat based on hyper-spectral radiometer. Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow River Studies, RIHN, Kyoto Japan, 14-15 Feb., 2007, 77-79.
  13. Takahashi, A., T. Hiyama, M. Nishikawa, A. Higuchi, W. Li, W. Liu, and Y. Fukushima (2007): Vertical mixing of water vapor between the atmospheric boundary layer and free atmosphere over Changwu, the Loess Plateau of China. Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow River Studies, RIHN, Kyoto Japan, 14-15 Feb., 2007, 73-76.
  14. Nishikawa, M., T. Hiyama, A. Takahashi, W. Li, A. Higuchi, W. Liu, and Y. Fukushima (2007): Seasonal and diurnal changes of the atmospheric boundary layer heights over Changwu, the Loess Plateau of China. Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow River Studies, RIHN, Kyoto Japan, 14-15 Feb., 2007, 69-72.
  15. Hiyama, T., A. Takahashi, M. Nishikawa, Y. Liu, H. Tanaka, A. Higuchi, W. Liu, and Y. Fukushima (2007): Progress in hydro-meteorological studies in Changwu, the Loess Plateau of China. Proceedings of 3rd International Workshop on Yellow River Studies, RIHN, Kyoto Japan, 14-15 Feb., 2007, 61-64.
  16. Matsumoto, J., T. Satomura, A. Higuchi, S. Kanae, and S. Yokoi (2006): MAHASRI - the new international Asian monsoon research program. The 3rd Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW) Conference, oral, Bangkok, Thailand, October 2006.
  17. Kato, Y., A. Higuchi, Y. Kurosaki, A. Kondoh and K. Nakamura (2006): Relationship between isolated cloud systems and mesoscale convective systems over Northwestern Pacific ocean derived from Geostational Meteorological Satellite (GMS). Poceedings of The Fourth China-Japan Joint Workshop on Lower Atmospheric and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 6, 19-22 September, 2006, Beijing, China, 72-75.
  18. Hiyama, T., H. Tanaka, H., A. Takahashi, M. Nishikawa, S. Yoshida, A. Higuchi, H. Fujinami, T. Shinoda, Y. Fukushima and K. Nakamura (2006): Comparative study on diurnal and seasonal changes in ABL over Shouxian and Changwu regions. Poceedings of The Fourth China-Japan Joint Workshop on Lower Atmospheric and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 6, 19-22 September, 2006, Beijing, China, 55-58.
  19. Tanaka, H., T. Hiyama, H. Fujinami, T. Shinoda, A. Higuchi, S. Endo, S. Ikeda, W. Li and K. Nakamura (2006): Relationships between atmospheric boundary layer and surface condition: An observation over the middle stream of the Huaihe River basin in China. Proceedings of The Fourth China-Japan Joint Workshop on Lower Atmospheric and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 6, 19-22 September, 2006, Beijing, China, 35-39.
  20. Matsumoto, J., T. Satomura, A. Higuchi, S. Kanae, S. Yokoi and Y. Agata (2006): MAHASRI - the new international program on Asian monsoon. Vietnam-Japan Joint Workshop on Asian Monsoon, oral, Ha Long, Vietnam, August 2006.
  21. Nishikawa, M., T. Hiyama, A. Takahashi, W. Li, A. Higuchi, W. Liu, Y. Fukushima (2005): Characteristics of vertical wind observed within and over the convective boundary layer on the Loess Plateau, China. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 105-106.
  22. Li, Wei, T. Hiyama, N. Kobayashi, A. Takahashi, A. Higuchi, M. Nishikawa, Y. Fukushima (2005): Turbulence spectra and surface fluxes in the atmospheric surface layer over the Loess Plateau. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 100-104.
  23. Tanaka, H., T. Hiyama, K. Yamamoto, H. Fujinami, T. Shinoda, A. Higuchi, S. Endo, S. Ikeda, W. Li, K. Nakamura (2005): Surface flux and atmospheric boundary layer observations over the middle of the Huaihe River basin in China. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 75-79.
  24. Endo, S., T. Shinoda, H. Tanaka, T. Hiyama, A. Higuchi, H. Fujinami, K. Yamamoto, S. Ikeda, H. Uyeda, K. Nakamura (2005):Vertical circulation in the convective boundary layer over the Huaihe River basin in China observed by wind profiler radar. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 68-71.
  25. Hiyama, T., H. Tanaka, K. Yamamoto, A. Higuchi, T. Shinoda, H. Fujinami, S. Ikeda, S. Endo, N. Kobayashi, K. Ikeda, K. Nakamura (2005): Study on the surface energy balance and development of atmospheric boundary layer over the Shouxian region, China. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 62-63.
  26. Higuchi, A., M.K. Yamamoto, A. Kondoh, K. Nakamura (2005): Wet and dry boarder of the land surface revealed by several satellites dataset. Proceedings of The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS). LAPS Publication No. 5, 13-14 September, 2005, Nagoya, Japan, 25-29.
  27. Ishida, S., K. Tanaka, A. Higuchi, I. Tamagawa, D. Matsushima, CAPS2002-2003 observation group (2004):Surface heat balance using flux measurement array during Catch A Plume by SATs (CAPS) IOP. The Sixth International Study Conference on GEWEX and Asia and GAME. Kyoto, Japan, 3-5 December, 2004.
  28. Tanaka, H., T. Hiyama, A. Higuchi, T. Shinoda, H. fujinami, K. Nakamura (2004):  Preliminary results of ABL observations in LAPS project in Huaihe river basin.  The Sixth International Study Conference on GEWEX and Asia and GAME. Kyoto, Japan, 3-5 December, 2004.
  29. Hiyama, T., A. Higuchi, A. Takahashi, M. Nishikawa, W. Li, W. Liu, Y. Fukushima (2004): Introductions of ABL observation system on the "Changwu Agro-Ecological Experimental Station". Proceedings of 2nd International Workshop on YELLOW RIVER STUDIES. November 8-10, 2004, Kyoto, Research Institute for Humanity and Nature, 54-57.
  30. Higuchi, A., T. Hiyama, A. Takahashi,M. Nishikawa, W. Li, W. Liu, Y. Fukushima (2004): Use of multi-radiation sensors to detect phenological activity and those application for remote sensing study of terrestrial ecosystem. Proceedings of 2nd International Workshop on YELLOW RIVER STUDIES. November 8-10, 2004, Kyoto, Research Institute for Humanity and Nature, 58-61.
  31. Nishikawa, M., T. Hiyama, A. Higuchi, A. Takahashi, Y. Fukushima (2004): Preliminary results of ABL conditions over the Loess Plateau using a Wind Profiler Radar (WPR). Proceedings of 2nd International Workshop on YELLOW RIVER STUDIES. November 8-10, 2004, Kyoto, Research Institute for Humanity and Nature, 119-122.
  32. Liu, Y. T. Hiyama, Y. Yamaguchi, A. Higuchi, W. Li (2004): A scheme for exploring spatial scaling issues using remote sensing: A case of evapotranspiration. Proceedings of 2nd International Workshop on YELLOW RIVER STUDIES. November 8-10, 2004, Kyoto, Research Institute for Humanity and Nature, 157-160.
  33. Hatta, Y., A. Higuchi and K. Nakamura (2004): Relationship between convective activities and sea surface conditions over tropical Pacific derived from several satellites data. H04, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 16-20 August, Honolulu, Hawai, USA. (樋口代理発表)
  34. Hiyama, T., A. Higuchi, H. Tanaka, T. Shinoda, H. Fujinami and K. Nakamura (2004): Integrated Observation of the ABL Structure over the Southwestern Islands of Japan. H04, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 16-20 August, Honolulu, Hawai, USA.
  35. Higuchi, A. and A. Kondoh (2004): Seasonal variations in surface moisture status derived from satellites over east China. Proc. The Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), April 20-23, 2004, Hefei, China, 84-87.
  36. Shinoda, T., A. Higuchi, T. Hiyama, H. Tanaka and K. Nakamura (2004): In-situ observation of structure of turbulence in the atmospheric boundary layer over the ocean under the Pacific subtropical high. Proc. The Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), April 20-23, 2004, Hefei, China, 70-73.
  37. Tanaka, H., T. Hiyama, A. Higuchi, T. Shinoda, H. Fujinami and K. Nakamura (2004): Preliminary results of ABL observations at Shouxian meteorological observatory. Proc. The Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), April 20-23, 2004, Hefei, China, 46-50.
  38. Hiyama, T., H. Tanaka, A. Higuchi, T. Shinoda, H. Fujinami and K. Nakamura (2004): General introduction of ABL observations in LAPS project at Shouxian meteorological observatory. Proc. The Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS), April 20-23, 2004, Hefei, China, 40-44.
  39. Hiyama, T., T. Shinoda, A. Higuchi and K. Tsuboki (2003): Research plan for atmoshperic boundary layer observations over Loess Plateau. Proc. of Int. Workshop on The Yellow River Studies - Kick off meeting -, January 27-29, Kyoto, Japan, 33.
  40. Higuchi, A. and A. Kondoh (2003): Seasonal variations in surface moisture status over east China by AVHRRR. Proc. of  The CEReS International Symposium on Remote Sensing "Monitoring of Environmental Change in Asia", December 16-17 2003, Chiba University, Japan, 83-86.
  41. Higuchi, A., T. Hiyama, T. Shinoda, H. Tanaka, H. Uyeda and K. Nakamura (2003): Vertical and horizontal structure of the atmospheric boundary layer observed by a mobile airplane (Aerosonde) over sub-tropical ocean under the suppressed condition. JSM03 " Land-Ocean-Atmosphere Interactions in the Costal Zone", IUGG 2003, June 30 - July 11, Sapporo, Japan.
  42. Hiyama, T., H. Tanaka, A. Higuchi, T. Shinoda, and K. Nakamura (2003): Profile measurement of three-dimensional wind speed over a coastal zone of Shimoji Island, Japan. JSM03 " Land-Ocean-Atmosphere Interactions in the Costal Zone", IUGG 2003, June 30 - July 11, Sapporo, Japan.
  43. Reddy, K.K., B. Geng, H. Yamada, H. Uyeda, K. Nakamura, T. Kozu and A. Higuchi (2002): A preliminary study on planetary boundary layer and precipitation over India and China using lower atmospheric wind profilers. Prc. 1st Lower Atomosphere and Precipitation Study (LAPS) Wrokshop, Nagoya, Japan, 23-26.
  44. Higuchi, A., Y. Fukuta, T. Hiyama and Y. Fukushima (2002): The study on the behavior of the slop by VI-Ts relationship derived from 10 day's AVHRR composite dataset in GAME regions. Prc. 1st Lower Atomosphere and Precipitation Study (LAPS) Wrokshop, Nagoya, Japan, 52-57.[PDF]
  45. Matsuhima, D., J. Asanuma, A. Higuchi, S. Ishida, H. Nagai, M. Sugita, I. Tamagawa, K. Tanaka and M. Toda (2002): Sensible heat flux and surface temperature heterogeneity over a grassland. Proc.The 2nd Int. Workshop on Advanced Flux Network and Flux Evalution, Cheji Island, Koria.
  46. Ishida, S., J. Asanuma, S. Miyazaki, D. Matushima, A. Higuchi, T. Hiyama, I. Tamagawa, M. Sugita, H. Nagai, K. Tanaka and M. Toda (2002): Intercomparison of the open-path flux measuring sensors for sensible heat, water vapor and CO2 fluxes. Proc. The 2nd Int. Workshop on Advanced Flux Network and Flux Evalution, Cheji Island, Koria, 71-73.
  47. Nishida, K., A. Higuchi, S. Iida, N. Niimura and A. Kondoh (2001): PGLIERC: a test of remote sensing of hydrology in a grassland. "Remote Sensing and Hydrology 2000," IAHS Publication, 267, 223-224.
  48. Higuchi, A., K. Nishida, A. Kondoh K. Tanaka, N. Ebisu, S. Iida and E. Nakakita (2001): A Simple and cheap method to monitor the surface status for the validation of optical satellite remote sensing. Proc. The Fifth International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, Aichi Trade Center, Nagoya, Japan, 3-5 Oct., 2001, Vol. 1, 223-228. [PDF]
  49. Reddy, K.K., K. Nakamura, T. Kozu and A. Higuchi (2001): Convective boundary layer information revealed by the Gadanki-lower atmospheric wind profiler during monsoon. Proc. The Fifth International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, Aichi Trade Center, Nagoya, Japan, 3-5 Oct., 2001, Vol. 3, 692-696.
  50. Higuchi, A. (2001): Land-atmosphere interaction in wet region -What is influence factors for determination of the surface fluxes (from in situ experimental results at Tsukuba City) -. International Workshop on Water Cycles in Wet and Dry Regions in Asia, IHAS, Nagoya University, Nagoya, Japan, 12-13 Mar., 2001, 51-54.
  51. Reddy, K.K., K. Nakamura, T. Kozu, A. Higuchi and Y. Ohno (2001): Planetary boundary layer structure in Gardanki, India revealed by lower atmospheric wind profiler. International Workshop on Water Cycles in Wet and Dry Regions in Asia, IHAS, Nagoya University, Nagoya, Japan, 12-13 Mar., 2001, 18-23.
  52. Reddy, K.K., K. Nakamura, T. Kozu, Y. Ohno, A. Higuchi and D.N. Rao (2000): Planetary boundary layer observations over Gardanki, India using wind profiler. Proceedings of 10th International Symposium of Acoustic Remote Sensing (ISARS2000), Auckland, New Zealand, 26 Nov. - 1 Dec., 2000.
  53. Higuchi, A., H. Hashimoto and M. Suzuki (2000): Plant phenology and surface moisture status monitoring by multi-temporal AVHRR data set in GAME-Tropic region. 2000 Western Pacific Geophysics Meeting (WPGM), June 27-30, Tokyo, Japan.
  54. Higuchi, A., A. Kondoh and S. Kishi (1998): Relationship among the surface albedo, spectral reflectance of canopy, and surface energy partitioning ratio at grassland and rice paddy field, and application to regional scale using satellite data, 32nd COSPAR Scientific Assembly, Nagoya, Japan.
  55. Higuchi, A., A. Kondoh and I. Kaihotsu (1998): Interaction among albedo, spectral reflectance of canopy, and surface energy partitioning ratio at grassland and rice paddy field - Results from ADEOS/AVNIR verification experiments in Tsukuba -. 3rd ADEOS Workshop, Sendai, Japan.
  56. Kondoh, A., A. Higuchi and I. Kaihotsu (1998): Relationship between spectral reflectance and thermal characteristics of rice canopy and diurnal changes in surface fluxes - Results from Biwako Project 97 -. 3rd ADEOS Workshop, Sendai, Japan.
  57. Kaihotsu, I., A. Kondoh and A. Higuchi (1998): Ground truth for remotely sensed soil moisture using the TDR technique of the TEM wave. 3rd ADEOS Workshop, Sendai, Japan.
  58. Higuchi, A., A. Kondoh and S. Kishi (1997): Ground based observation of the rice paddy canopy using the visible-near infrared video camera in BIWAKO Project '96, Japan. Proceedings of International Workshop on Global Change and Terrestrial Environment in Monsoon Asia, Univ.of Tsukuba, Japan, 95-98.
  59. Higuchi, A., A. Kondoh, S. Kishi, T. Fukuzono and J. Li (1997): Monitoring the drying process Using multi-temporal AVHRR data in 1990, Huaihe river basin, China. Proceedings of The International Symposium on "The Role of Remote Sensing for The Environmental Issues in Arid and Semi-Arid Regions", Chiba Univ., Japan, 143-148.
  60. Kondoh, A., A. Higuchi, Y. Arita and T. Kobayashi (1997):Application of high spatial resolution multispectral data to estimate evapotranspiration. NASDA ed. The Second ADEOS Symposium/Workshop, 673.
  61. Higuchi, A., A. Kondoh, S. Kishi, and T. Fukuzono (1996): Relationship between hydrological properties and multi-temporal AVHRR data in 1990, Huaihe river basin, China. Proceedings of International Workshop on Macro-Scale Hydrological Modeling, Hohai Univ., Nanjing, China, 124-127.
  62. Kondoh, A., T. Fukuzono, A. Higuchi and J. Li (1996): Water balance of several tributaries in Huaihe river and its implications to areal evaporation. Proceedings of International Workshop on Macro-Scale Hydrological Modeling, Hohai Univ., Nanjing, China, 50-53.

(c) 大学紀要(学 内査読)[4/7]
(c) Bullitins in Universitiy (mainly published in University of Tsukuba, Japan)
  1. 西田顕郎・樋口篤志 (2000): 水理実験センター圃場におけるリモートセンシング実験でみられた,草地植生の季節変化. 筑波大学陸域環境研究センター報告(旧:水理実験センター報告), 1号, 1-10.
  2. 樋口篤志・杉田倫明・寄崎哲弘 (1999): 可搬式地表面フラックス計測装置について. 筑波大学水理実験センター報告, 24号, 81-96.
  3. 樋口篤志・杉田倫明・飯田真一 (1999): 筑波大学水理実験センター水収支・熱収支観測圃場における、新・特別観測用データ収録システムについて. 筑波大学水理実験センター報告, 24号, 135-141.
  4. 樋口篤志・近藤昭彦・杉田倫明・ 幾志新吉 (1999): 水田の地表面フラックスと分光反射特性の季節変化. 筑波大学農林技術センター研究報告, 12号, 19-32.
  5. 樋口篤志・杉田倫明 (1998): 筑波大学水理実験センター熱収支・水収支観測圃場における特別観測用データ収録システムについて. 筑波大学水理実験センター報告, 23号, 91-94.
  6. 杉田倫明・樋口篤志・新村典子・西 本貴久 (1998): 水理実験センター気象日報装置のネットワーク化. 筑波大学水理実験センター報告, 23号, 95-101.
  7. Shimada, J., J. Matsutani, S. Dapaah-S., M. Yoshihara, K. Miyaoka and A. Higuchi (1994): Recent trend of tritium concentration in precipitation at Tsukuba, Japan., Ann. Rep., Inst., Geosci., Univ. of Tsukuba, Vol. 20, 11-14.


(d) 国内学会研究会その他(公開講演,依頼講義) [14/67, 21/35, 6/6, total: 41/108]
(d) Domestic presentations (mainly in Japanese)
  1. 西川将典・檜山哲哉・藤波初木・高橋厚裕・樋口篤志・李薇・福嶌義宏 (2009): 中国・黄土高原南部における日最大混合層高度の日々変化 - 総観場と積雲生成に着目して -.日本気象学会2009年度春季大会,つくば国際会議場,茨 城,2009年5月28日〜31日.
  2. 早崎将光・宮村真人・山本宗尚・樋口篤志 (2009): 日本付近の低気圧活動の年々変動.日本気象学会2009年度春季大会,つくば国際会議場,茨城,2009年5月28日〜31日.
  3. 山本宗尚・名波明菜・樋口篤志・早崎将光 (2009): TRMMデータを用いた降水を伴わない雲の抽出と統計解析.日本気象学会2009年度春季大会,つくば国際会議場,茨城,2009年5月28日〜31日.
  4. 村山祐紀・樋口篤志・山本宗尚・早崎将光 (2009): 衛星データを用いたサヘル地域での大気陸面相互作用解析.日本地球惑星科学連合2009年大会,幕張メッセ,千葉,2009年5月16日〜21日.
  5. 樋口篤志 (2009):大気・陸面関連の衛星データから垣間見る陸域貯留量に関連しそうなシグナル.名古屋大学地球水循環研究センター・平成20年度 HyARC計画研究研究集会「陸域貯留量変動のグローバルマッピング」および旧「マルチスケールの水循環過程に対する水の炭素・水素同位体の応用」, 名大 HyARC, 名古屋,2009年2月26日〜27日. 
  6. 樋口篤志 (2008): CEReS衛星アーカイブの現状 -他まとまり無く話題提供 -.京都大学生存基盤研究ユニット サイト型研究 森林流域の水・熱・物質循環 研究打ち合わせ,2008年12月13日,京都大学生存基盤研究ユニッ ト,宇治,京都.
  7. 栗田尚志・樋口篤志 (2008): PALデータに対する経年劣化補正の再校正の一考察(その2).日本リモートセンシング学会第45回(平成20年度秋季)学術講演会,2008年12月4 日〜5日,北海道情報大学,江別市,北海道,P25.
  8. 佐藤栄里子・樋口篤志・山本宗尚・早崎将光 (2008): Aqua/AIRS とTRMM を利用した降水効率と環境場との関係.日本気象学会2008年度秋季大会,2008年11月19日〜21日,仙台国際セ ンター,仙台.
  9. 松本淳・里村雄彦・樋口篤志・横井覚・伍倍明・山中大学・増田耕一・金森大成 (2008): MAHASRI と AMY.日本気象学会2008年度秋季大会,2008年11月19日〜21日,仙台国際センター,仙台.
  10. 早崎将光・山本宗尚・樋口篤志 (2008): サイクロン Nargis の発生・発達期における総観気象場.日本気象学会2008年度秋季大会,2008年11月19日〜21日,仙台国際センター,仙台.
  11. Higuchi, A. (2008): Lecture 6: Geostationary Meteorological Satellites. The 18th IHP (International Hydrological Programme) Training Course, 3-15 November 2008, Nagoya, Japan (6 November 2008).
  12. 黒川寛海・樋口篤志 (2008): 海洋基礎生産性に与える非生物的環境条件の推定〜衛星リモートセンシングによる全球の季節変動〜.2008年度日本海洋学会秋季大会,2008年9月25 日〜27日,広島国際大学,呉市,広島.
  13. 檜山哲哉・西川将典・高橋厚裕・李薇・劉元波・劉文兆・樋口篤志・福嶌義宏 (2008): 蒸発散と大気境界層過程の調査法 - 空間スケール別に見た最近の研究事例 - .2008年度日本水文科学会学術大会,2008年9月20日〜21日,千葉大学西千葉キャンパス,千葉.
  14. 永岡淳一・山本宗尚・樋口篤志 (2008): TRMM/PRによる後方散乱係数を用いた地表面状態の季節変動・経年変化.水文・水資源学会 2008年度総会・研究発表会,8月26-28日,東京大学 駒場IIリサーチキャンパス 生産技術研究所 A棟,東京.
  15. 飯島雄・樋口篤志・檜山哲哉・高橋厚裕・西川将典 (2008): 対流境界層モデルと補完関係を用いた蒸発散量推定法の評価.水文・水資源学会 2008年度総会・研究発表会,8月26-28日,東京大学 駒場IIリサーチキャンパス 生産技術研究所 A棟,東京.
  16. 千葉大CEReSバーチャルラボラトリ支援室(樋口篤志・山本宗尚・早崎将光・西尾文彦) (2008): 複数の気象データセットでとらえたミャンマー・サイクロン.緊急セッション,日本地球惑星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.[pdf (poster)]
  17. 松本淳ほか (2008): アジアモンスーン観測年 (AMY).日本地 球惑星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.
  18. 山本宗尚・菊地沙織・樋口篤志 (2008): 雨量計データセットを用いた東アジアにおける降雨・無降雨連続日数の長期変動. 日本地球惑星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.
  19. Iijima, Y., A. Higuchi, T. Hiyama, A. Takahashi, M. Nishikawa (2008):Evaluation of estimation method for regional evaporation using complementary relationship and convective boundary layer model, 日本地球惑 星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.
  20. 白木洋平・樋口篤志・近藤昭彦(2008): 降水現象に対する都市環境の効果.日本地球惑星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.
  21. Bannu, Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, A. Higuchi, H. Kuze (2008): Rainfall anomaly in Indonesian region during periods of strong El Nino and Indian Ocean dipole mode, 第44回(平成20年度春季)日本リモートセンシング学会学術講演会,5月22日〜23日,東京工業大学すずかけ台キャンパス,横浜市.
  22. 樋口篤志 (2007):様々な衛星データ/productsで捉えられる日変化. MAHASRI研究集会・日変化ワークショップ,箱根,2007年12月18-19日.
  23. 白 木洋平・樋口篤志・近藤昭彦 (2007): 都市環境が降水に及ぼす影響.計測自動制御学会(SICE)リモートセンシングシンポジウム,松韻会館,千葉大学,2007年11月8-9日.
  24. 樋口篤志 (2007):高時間波長分解能分光データと地上 現象の関係 −MODISデータによる検証−.平成19年度総合地球環境学研究所黄河プロジェクト 黄河国内研究会,ホテルせきや,石川県加賀市,2007年10月25-26日.
  25. 竹中栄晶・中島孝・樋口篤志・山本宗尚・橋本徹・奥山新・太原芳彦・繰野年之・ 西尾文彦・久世宏明・高村民雄 (2007): 4大学連携VLにおける千葉大学の取り組み - 静止気象衛星による放射収支の推定と大気放射プロダクトの作成 -.日本気象学会2007年度秋季大会,2007年10月14日〜16日,北海道大学, (スペシャルセッション).
  26. 山本宗尚・樋口篤志・竹中栄晶・西尾文彦・高村民雄・久世宏明 (2007): 4大学連携 VL における千葉大学の取り組み - 全球静止軌道衛星データセットの概要と必要性 -.日本気象学会2007年度秋季大会,2007年10月14日〜16日,北海道大学,(スペシャルセッション).
  27. 樋口篤志・石井竜太・近藤昭彦・黒崎泰典(2007): 我が国における降雪深の経年変動とその地域特性.2007年度日本水文科学会学術大会,2007年10月8日〜9日,青山学院大学.27-28.
  28. 黒川寛海・樋口篤志 (2007): 黄砂現象が海洋基礎生産量に与える影響について-北西太平洋及び日本海の衛星プロダクト解析-. 2007年度日本海洋学会秋季大会,2007年9月26日〜28日,琉球大学工学部 (沖縄県中頭郡西原町) (ポスター).
  29. 高橋厚裕・檜山哲哉・藤波初木・西川将典・樋口篤志・李薇・福嶌義宏 (2007): 夏季の黄土高原南部における積雲対流と大気水蒸気量の日変化.2007年度水文・水資源学会研究発表会,7月25日〜27日,名古屋大学野依記念学術交流 館(名古屋市千種区不老町)(口頭発表).
  30. 児玉宣子・樋口篤志 (2007):TRMM 複合プロダクトを用いた季節内振動を考慮に入れたモンスーンアジアにおける降水日変化,日本地球惑星科学連合2007年大会,MAHASRIセッション, 5月19日〜5月24日,幕張メッセ 国際会議場. (口頭発表).
  31. 高橋厚裕・檜山哲哉・西川将典・樋口篤志・福嶌義宏 (2007): 夏季の中国・黄土高原南部で観測された大気境界層と自由大気間の水蒸気交換量の日々変化.日本気象学会2007年度春季大会,2007年5月13日〜16 日,国立オリンピック 記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町).[pdf]
  32. 西川将典・檜山哲哉・高橋厚裕・樋口篤志・福嶌義宏 (2007): 中国・黄土高原における対流雲発生時の大気境界層とその再現実験.日本気象学会2007年度春季大会,2007年5月13日〜16日,国立オリンピック 記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町).[pdf]
  33. 岡崎絵理・樋口篤志 (2007): MODISによる高空間分解能雲頻度マップの作成〜日本付近の雲発生頻度の地域特性について〜.日本気象学会2007年度春季大会,2007年5月13 日〜16日,国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町)(口頭発表).[pdf]
  34. 栗田尚志・樋口篤志  (2007): PALデータに対する経年劣化補正の再補正の一考察.第42回 (平成19年度春季)日本リモートセンシング学会学術講演会,2007年5月10日〜11日,日本大学文理学部百周年記念会館.(ポスター)
  35. 樋口篤志 (2007): 陸域衛星研究におけるスケール問題 - 中国半乾燥地域における砂漠化を例に -.特別ワークショップ「気候・生態系相互作用を通じた地球環境変化研究ー現状と今後の展望」,03月20日,名古屋大学高等総合研究館 6F カンファレンスルーム [依頼発表].
  36. 黒川寛海・樋口篤志 (2007):黄砂イベントでクロロフィル量は増えるか? - 衛星 product 解析を例に -.第3回HyARC共同研究集会衛星データフュージョンワークショップ,03月16日,名古屋大学地球水循環研究センター  2F 会議室.
  37. 樋口篤志・檜山哲哉・高橋厚裕・西川将典・飯島雄・福嶌義宏 (2006): 地上設置型高波長分解能分光放射計による植生モニタリング.第5回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ,12月07日,千葉大 学けやき会館, 13-18. [pdf]
  38. 西川将典・檜山哲哉・高橋厚裕・李薇・樋口篤志・福嶌義宏 (2006): 黄土高原南部における 大気境界層高度の季節変化及び日内変化 - 夏季における対流雲の発生と大気境界層の発達過程に着目して -.平成18年度総合地球環境学研究所黄河プロジェクト 黄河合同研究会,11月15-16日,総合地球環境学研究所 京都,106-112.
  39. 高橋厚裕・檜山哲哉・樋口篤志・西川将典・李薇・福嶌義宏 (2006): 黄土高原南部における大気境界層〜自由大気間の水蒸気交換量の日々変化 - 大気境界層・対流雲・総観気象場の相互作用に着目して -.平成18年度総合 地球環境学研究所黄河プロジェクト 黄河合同研究会,11月15-16日,総合地球環境学研究所 京都,113-116.
  40. 樋口篤志・檜山哲哉・高橋厚裕・西川将典・李薇・飯島雄・吉 田聖治・福嶌義宏 (2006): 精密分光放射測定による小麦の分光放射特性の季節変化 - 地球観測衛星による詳細な陸域植生マッピングに向けて -.平成18年度総合地球環境学研究所黄河プロジェクト 黄河合同研究会,11月15-16日,総合地球環境学研究所 京都,117-122.
  41. 加藤悠介・樋口篤志・近藤昭彦・黒崎泰典 (2006): 静止軌道衛星で得られた北西太平洋における孤立積雲と大規模組織雲との関係.2006年度気象学会秋季大会,ウィルあいち,10月25日〜27日.[pdf]
  42. 早崎将光・黒崎泰典・樋口篤志・足立幸穂・菅田誠治・西川雅高・大原利眞・若松伸 司 (2006): 2006年4月8日の黄砂をもたらした前線の空間構造と時間発展.2006年度気象学会秋季大会,ウィルあいち,10月25日〜27日. [pdf]
  43. 樋 口篤志・松本淳・鼎信次郎・芳村圭・横井覚 (2006): MAHASRI (Monsoon Asian Hydro-Atmosphere Scientific Research and Prediction Initiative; モンスーンアジア水文大気科学研究計画).水文・水資源学会2006年度研究発表会,岡山大学創立五十周年記念館,8月29-31日.126-127. [pdf]
  44. 飯島雄・近藤昭彦・樋口篤志・黒崎泰 典 (2006): 水不足が生じる地域における蒸発散量に関する研究.水文・水資源学会2006年度研究発表会,岡山大学創立五十周年記念館,8月29-31日.194- 195. [pdf]
  45. 田中広樹・檜山哲哉・山本 鉱・藤波初木・篠田太郎・樋口篤志・遠藤智史・池田祥一郎・李維京・中村健治 (2006):中国淮河中流域における地表面フラックスおよび大気境界層観測, 2006年度気象学会春季大会,つくば国際会議場,5月21日〜24日.
  46. 樋口篤志 (2006): 衛星観測から見た大気-陸面相互作用.セッション2"大気から陸面へ,陸面から大気へのインパクト”,第2回 沼口敦さん記念シンポジウム「水循環科学へ のアプローチ」,3月29日〜30日,東大生産研 A棟3階大会議室.
  47. 樋口篤志 (2006): 修了生から見た連携大学院のメリット・デメリット (2).“地球環境科学と連携大学院ー大学と研究所の相互補完ー”筑波大学大学院生命環境科学研究科 地球環境科学専攻 公開討論会,筑波大学総合研究棟 A107 (プレゼンルーム),3月22日.
  48. Higuchi, A. (2006): Practice 3: Satellite measurements of vegetation and hydrological condition. The fifteen IHP training cource (International Hydrological Programme) "Water and Carbon Cycles in Terrestrial Ecosystems", 26 Feb. - 11 Mar., 2006 , Nagoya and Chiba, Japan.
  49. Higuchi, A. (2006): Lecture 6: Integrated use of vegetation indices and surface temperature space obtained from Earth observation satellites dataset. The fifteen IHP training cource (International Hydrological Programme) "Water and Carbon Cycles in Terrestrial Ecosystems", 26 Feb. - 11 Mar., 2006 , Nagoya and Chiba, Japan.
  50. 樋口篤志 (2006): アジアモンスーンのリモートセンシング.第1回 MAHASRI (Monsoon Asian Hydro-Atmosphere Scientific Research and Prediction Initiative) 国内研究集会,2月25日,独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所 三好記念講堂 [依頼講演].
  51. 檜山哲哉・藤波初木・李薇・西川将典・高橋厚裕・樋口篤志・福嶌義宏 (2005): 黄土高原南部における蒸発散量の季節変化.平成17年度総合地球研究所黄河プロジェクトおよびRR黄河プロジェクト合同国内研究集会,12月1日〜3日, 脇田温泉 楠水閣, 80-83.
  52. 西川将典・檜山哲哉・高橋厚裕・李薇・樋口篤志・福嶌義宏 (2005): 中国・黄土高原南部において混合層発達時に観測された鉛直風の特徴.平成17年度総合地球研究所黄河プロジェクトおよびRR黄河プロジェクト合同国内研究 集会,12月1日〜3日,脇田温泉 楠水閣, 84-87.
  53. 高橋厚裕・檜山哲哉・西川将典・樋口篤志・李薇・福嶌義宏 (2005): 黄土高原南部における混合層発達過程の数値モデリングに関する考察.平成17年度総合地球研究所黄河プロジェクトおよびRR黄河プロジェクト合同国内研究 集会,12月1日〜3日,脇田温泉 楠水閣, 88-89.
  54. 樋口篤志・檜山哲哉・高橋厚裕・西川将典・李薇・福嶌義宏 (2005): FROSで観測された長武試験地における麦の分光放射特性と水・熱・CO2フラックスの季節変化.平成17年度総合地球研究所黄河プロ ジェクトおよびRR黄河プロジェクト合同国内研究集会,12月1日〜3日,脇田温泉 楠水閣, 95-96.
  55. 西川将典・檜山哲哉・高橋厚裕・李薇・樋口篤志・福嶌義宏 (2005): 中国・黄土高原において混合層発達時に観測された鉛直風の特徴.2005年度気象学会秋季大会,神戸大学,11月,430.
  56. 樋口篤志 (2005): TRMM, PALを用いた地表面応答特性抽出の試み(年ベースを基に).名古屋大学21世紀COEプログラム”太陽・地球・生命圏 相互作用系の変動学"セミナー,9月27日,名古屋大学環境総合館 2.[依頼講演]
  57. 樋口篤志 (2005): 樋口が(漠然と)考える水循環に関する衛星研究とその環境整備について(千葉大CEReS に移った後半年間の取り組み),東海地区リモートセンシング研究集会,9月26日,名古屋大学環境総合館講義室 3. [依頼講演]
  58. 樋口篤志・近藤昭彦・山本宗尚・中村 健治 (2005): 複数の衛星データで見られたモンスーンアジアにおける湿潤・乾燥の境界.水文・水資源学会2005年研究発表会,筑波大学大学会館,8月3日〜5日. 248-249. [pdf]
  59. 樋口篤志・近藤昭彦 (2005):C3/C4混在草地 (TGF)で計測された地上設置型簡易式分光放射特性の年々変動.H020 水循環・水環境セッション,2005年地球惑星関連学会合同大会,幕張メッセ,5月22〜26日.
  60. 近藤昭彦・樋口篤志 (2005):中国,淮河流域の小流域水収支による補完関係式の検討.H020 水循環・水環境セッション,2005年地球惑星関連学会合同大会,幕張メッセ,5月22〜26日.
  61. 高橋仁・中村健治・中川勝広・古澤文江・樋口篤志 (2005): 沖縄偏波ドップラ降雨レーダ(COBRA)による晴天大気エコーの観測.2005年度気象学会春季大会,東京大学本郷キャンパス,5月 15〜18日, P281 (pp. 402).
  62. 西川将典・檜山哲哉・樋口篤志・高橋 厚裕・福嶌義宏 (2005):中国・黄土高原における大気境界層観測 ー大気境界層発達過程の日変化及び季節変化特性ー.2005年度気象学会春季大会,東京大学本郷キャンパス,5月15〜18日,
  63. 遠藤智史・篠田太郎・田中広樹・檜山哲哉・樋口篤志・ 藤波初木・山本 鉱・池田祥一郎・上田 博・中村健治 (2005): ウインドプロファイラにより観測された中国淮河流域における大気境界層内の鉛直循環. 日本気象学会2005年度春季大会, 東京大学本郷キャンパス, 5月15〜18日, P158 (pp. 312).
  64. 山本鉱・檜山哲哉・田中広樹・樋口篤志・ 藤波初木・篠田太郎・中村健治 (2005): 中国淮河中流域における地表面熱収支と大気境界層構造に関する研究.日本気象学会2005年度春季大会, 東京大学本郷キャンパス, 5月15〜18日, P122 (pp. 295).
  65. 松原卓美・樋口篤志・中村健治・古澤 (秋元)文江 (2004): 熱帯降雨観測衛星データを用いたイラワジ川,メコン川流域における降水量分布の特性.第4回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショッ プ.2004年12月17日,岐阜大学流域圏科学研究センター, 93-102. [pdf]
  66. 高橋仁・中村健治・中川勝広・古澤文江・樋口篤志 (2004): 沖縄偏波降雨レーダ(COBRA)による晴天エコー(Clear echo)の観測.平成16年度気象学会中部支部研究会,名古屋気象台,名古屋,11月18〜19日.
  67. 玉川一郎・民田晴也・石田祐宣・田中賢治・樋口篤志・CAPS2002 観測メンバー・中村健治 (2004):CAPS2002観測データとCReSSによる数値シミュレーションとの比較.2004年度気象学会秋季大会,アクロス福岡,10月6日〜8日, C169 (pp. 237).
  68. 高橋仁・中村健治・中川勝広・樋口篤志・ 古澤文江 (2004): 沖縄偏波降雨レーダ(COBRA)によるclear echoの観測.2004年度気象学会秋季大会,アクロス福岡,10月6日〜8日, C205 (pp. 246).
  69. 山本鉱・檜山哲哉・田中広樹・樋口篤志・ 藤波初木・篠田太郎・中村健治 (2004): 中国安徽省・寿県における大気境界層観測 −熱収支インバランスに関する検討−.2004年度気象学会秋季大会.アクロス福岡,10月6日〜8日, P265 (pp. 528).
  70. 石田祐宣・田中賢治・玉川一郎・樋口篤志・ 小野圭介・ CAPS2002,2003参加メンバー(2004): 水平スケールの異なる熱収支とそのインバランス−琵琶湖プロジェクト面的集中観測(CAPS2002,2003)−.水文・水資源学会2004年研究発表 会,室蘭工業大学,8月19日〜21日 (P-28).
  71. 松島大・田中賢治・石田祐宣・玉川一郎・樋口篤志 (2004): 航空機による地表面温度観測と顕熱フラックスのフットプリント解析−琵琶湖プロジェクト面的集中観測 (CAPS2002) −.水文・水資源学会 2004年研究発表会,室蘭工業大学,8月19日〜21日 (P-29).
  72. 玉川一郎・石田祐宣・浅沼順・樋口篤志・ 檜山哲哉・松島大・田中賢治 (2004): 大気境界層における乱流フラックス観測研究会.水文・水資源学会2004年研究発表会,室蘭工業大学,8月19日〜21日 (G-1).
  73. 石田祐宣・安田延壽・田中賢治・玉川一郎・樋口篤志・CAPS2003 参加 メンバー(2004): CAPS2003観測データを用いた接地気層乱流の構造 - 高次相関量の確率分布を中心として -.2004年度気象学会春季 学会.
  74. 篠田太郎・樋口篤志・檜山哲哉・田中 広樹・中村健治(2004): エアロゾンデで観測された亜熱帯高気圧下での大気境界層の構造.2004年度気象学会春季学会.
  75. 樋口篤志・田中賢治・石田祐宣・玉川 一郎・CAPS参加メンバー (2004): 均質な地表面上での不均質なフラックス分布の測定に関する研究.平成15年度京都大学防災研究所研究発表講演会,2月19-20日, 2004,京都テルサ.[pdf][pdf [ポスター]]
  76. 西田顕郎・三枝信子・土田聡・樋口篤志 (2003): 陸域植生フェノロジーの,リモートセンシング・フラックス観測・数値モデルによる検討.地球惑星科学関連学会2003年合同大会,H020 水循環・水環境セッション,5/26-29,幕張メッセ国際会議場,千葉.
  77. 樋口篤志・田中賢治・石田祐宣・松島 大・玉川一郎・浅沼順・多田毅・小野圭介・林泰一・岩田徹・田中広樹・檜山哲哉・石川裕彦・田中健路・琵 琶プロ &DPRI共同研究参加メンバー[28名] (2003): 琵琶湖プロジェクト2002年集中観測(Catch A Plume by SATs: CAPS);その概要.2003年度気象学会春季大会,専門分科会「大気境界層研究の現状と将来展望」,5/21-24,つくば国際会議場,つくば.[pdf]
  78. 樋口篤志・檜山哲哉・篠田太郎・ 民田晴也・田中広樹・藤波初木・上田博・中村健治・CREST/HyARC LAPS Miyako/Shimoji 観測参加メンバー [18名] (2003): 無人気象観測機(Aerosonde)による亜熱帯海洋上での大気境界層観測.2003年度気象学会春季大会,専門分科会「大気境界層研究の現状と将来展 望」,5/21-24,つくば国際会議場,つくば.[pdf]
  79. 石田祐宣・樋口篤志・田中賢治・松島 大・玉川一郎・浅沼順・多田毅・小野圭介・林泰一・岩田徹・田中広樹・檜山哲哉・石川裕彦・田中健路・琵 琶湖プロジェ クト&京大DPRI 共同研究参加メンバー[28名] (2003): 複数の乱流計測機を用いた乱流熱輸送量空間分布観測の概要 ? 琵琶湖プロジェクト2002 年集中観測(CAPS) ?.2003年度気象学会春季大会,専門分科会「大気境界層研究の現状と将来展望」,5/21-24,つくば国際会議場,つくば.[pdf(石 田氏@弘前大)]
  80. 藤田美歩・浅沼 順・樋口篤志 (2003): 草原における顕熱・潜熱・CO2フラックスの季節変化と植生との関わり, 2003年度気象学会春季大会,5/21-24,つくば国際会 議場,つくば.[pdf(浅 沼氏@TERC筑波大)]
  81. 樋口篤志・田中賢治 (2002): NOAA/AVHRRデータを用いた中国東域での地表面湿潤度モニタリング.第5回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム, (けやき会館,千葉大学,12月20日).
  82. 樋口篤志・大田啓一 (2002): 葉面ワックスが可視・近赤外分光反射特性に与える影響に関する基礎研究.第5回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム, (けやき会館,千葉大学,12月20日).
  83. 樋口篤志・檜山哲哉・福田祐一 郎・福嶌義宏(2002):ユーラシア大陸でのVI-Ts関 係から得られる傾きの季節変化及び空間変動に関する考察.水文・水資源学会2002年研究発表要旨集, 212-213.(岩手大学,8月)[pdf][pdf[ポスター]]
  84. 樋口篤志 (2002): 植生・地表面状態を衛星から測る.名古屋大学地球水循環研究センター創立記念公開講演会,2月22日,メルパルク名古屋.
  85. 樋口篤志・西田顕郎・近藤昭彦・田 中賢治・戎信宏・飯田真一・中北英一 (2002): 地上設置型植生モニタリングシステムを用いた日本での代表的な土地被覆での植生指標の季節変化 - PGLIERC, 琵琶湖プロジェクトの成果から -.第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ,2002年1月11日(千葉大・けやき会館), 69-75.
  86. 福田祐一郎・樋口篤志・檜山哲哉・ 福嶌義宏 (2002): VI-Ts法によるユーラシア大陸の地表面状態の季節変化特性に対する一考察.第3回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, 2002年1月11日(千葉大・けやき会館), 83-91.
  87. 別所康太郎・中澤哲夫・中村健治・樋口篤志・ 民田晴也 (2001):Typhoon Hunter 2000 エアロソンデ観測結果 その1 観測の概要とデータの検証.2001年度気象学会春季学会(東京大学, 8-10 May, 2001, P271).
  88. 樋口篤志・民田晴也・中村健治・ 藤吉康志・吉崎正憲・WMO01航空機班 (2001): 「冬季日本海メソ対流系観測-2001」におけるドロップゾンデ観測.2001年度気象学会春季大会(東京大学,8-10 May, 2001, P362) [pdf][pdf[ポスター]]
  89. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・新 村典子・近藤昭彦 (2000):PGLIERC (Preliminary GLobal Imager experiment at Environmental Research Center);その概要. 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ,85-91. (東京・浜松町) [PDF]
  90. 樋口篤志・西田顕郎・飯田真一・ 近藤昭彦 (2000):様々な手法による草地のフェノロジーモニタリング: PGLIERCの成果から. 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ ,93-102. (東京・浜松町)[PDF]
  91. 西田顕郎・樋口篤志・飯田真一・近 藤昭彦 (2000):VI-Ts法とBRDFによる、地表面状態推定手法の検討(PGLIERCの成果から). 第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ,103-109. (東京・浜松町) [PDF]
  92. 近藤昭彦・樋口篤志(2000): 草地における分光反射輝度と蒸発散量の関係.第2回水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, 79-84.(東京・浜松町)
  93. 近藤昭彦・樋口篤志(2000): 衛星観測による可視・近赤外の分光反射輝度と蒸発散量の関係.2000年度気象学会春季大会,専門分科会「フラックス観測ネットワーク: Asia Fluxと陸域生態系における炭素・水収支研究プロジェクト」, 5/24-26, つくば.
  94. 仲江川俊之・西田顕郎・樋口篤志(1999): GAME-Tropicsにおける衛星を 用いた陸域関連研究, 1999年度GAME研究発表集会,41-44.
  95. 樋口篤志・西田顕郎 (1999): 簡便・安価に植生指標を測る方法(PGLIERCの観測結果から).1999年度GAME国内研究発表集会, 47-48. (東大・先端研) [pdf]
  96. 西田顕郎・樋口篤志・飯田真一・新 村典子・近藤昭彦(1999):PGLIERC:植 生の地表面過程のリモートセンシングに関する実験.日本リモートセンシング学会秋季学術大会(東海大.熊本).(スケジュール調整がつかず,欠席)
  97. 樋口篤志・西田顕郎・宮本みち る・飯田真一・近藤昭彦 (1999): 筑波大学・水理実験センター熱収支・水収支観測圃場におけるリモートセンシング・水文観測について - 次世代地球観測衛星ADEOS-II・GLI (Global Imager) を見据えて- . 水文・水資源学会1999年研究発表要旨集, 162-163. (名大).[pdf]
  98. 樋口篤志・西田 顕郎・飯田 真一・近藤 昭彦 (1999):草地 における水文過程のリモートセンシング実験.千葉大学CEReS共同利用研究会「リモートセンシングにおける分光学的基礎」,千葉大学, 63-64.
  99. 樋口篤志・杉田倫明・檜山哲哉・ 戸田求・大手信人・Panya Polson(1999):熱帯モンスーン林での乾期の大気境界層観測(第1報).日本水文科学会講演予稿集, 13, 68-71.(筑波大)[pdf]
  100. 近藤昭彦・池田正一・黒子裕史・樋口篤志(1999):可 視・近赤外衛星画像の 時系列データと地上における水文・植生状態量、フラックスとの関係. 日本水文科学会講演予稿集, 13, 64-67.(筑波大)
  101. 近藤昭彦・池田正一・黒子裕史・樋口篤志(1999):可 視・近赤外衛星画像の 時系列データと地上における水文・植生状態量、フラックスとの関係.日本リ モートセンシング学会学術講演論文集, 26,33-34. (千葉大)
  102. 樋口篤志・近藤昭彦 (1998):草地・水田における大気−陸面過程が地表面フラックスおよび分光反射特性に与える影響について. ADEOS PI 成果報告会(NASDA, EORC) [pdf]
  103. 樋口篤志・近藤昭彦・開發一郎・幾 志新吉 (1998):草地・水田でのアルベド・分光反射特性・地表面フラックスの季節変化ー衛星データを用いた地表面フラックス算出モデル作成のための基礎研 究ー,日本リモートセンシング学会学術講演論文集, 24, 207-208. (千葉大学)
  104. 樋口篤志・近藤昭彦 (1998):稲キャノピーの分光反射および放射特性と地表面フラックスの日変化の対応関係. 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, 49-58. (東京・浜松町)
  105. 樋口篤志・近藤昭彦・幾志新吉 (1997):可視ー近赤外ビデオカメラによる琵琶湖プロジェクト'96での夏期の水田観測. 日本水文科学会講演予稿集, 11,46-49. (千葉大学)
  106. 樋口篤志・嶋田純・田中正・島野 安雄 (1996):阿蘇西麓台地南部における地下水流動系の研究(その1). 日本水文科学会講演予稿集, 10, 40-43.(駒澤大学)
  107. 樋口篤志・幾志新吉・近藤昭彦 (1996):NOAA/AVHRRデータと中国・淮河流域の水文学的特性との対応関係について. 日本水文科学会講演予稿集, 10, 94-97.(駒澤大学)
  108. 近藤昭彦・樋口篤志・副囿輝旗・李 紀人 (1996):中国,淮河流域の実蒸発散量分布と気候・土地被覆との関係,日本水文科学会講演予稿集, 10, 90-93.(駒澤大学)


(e). その他掲載文 News Letter (not including domestic News letter such as Centers, projects and so on) [4/11]
(e). Other documents in science journals and news letters
  1. 早崎将光・黒崎泰典・樋口篤志・足 立幸穂・菅田誠治・西川雅高・大原利眞・若松伸 司 (2006): MODIS画像と地上 SPM 濃度で捉えた 2006年4月8日の帯状黄砂.天気 (カラーページ).53 (11), 843-844.
  2. 栗田直幸・江守正多・遠藤崇浩・鼎信次郎・篠田太郎・鈴木健太 郎・樋口篤志・芳村圭・渡部雅浩 (2006): 第2回沼口敦さん記念シンポジウム「水循環環境科学へのアプローチ」報告.天気,53 (10), 791-798.
  3. 地球診断学創成プログラムメンバー(2006): 幅広いスキルと視点を備えた“地球のお医者さん”を育てる - 前進する研究.日経BPムック「変革する大学シリーズ」2007->2008年版,千葉大学 ISBN4-86130-199-8, pp. 77-79 (インタビュー内容記載)
  4. Hiyama, T., A. Takahashi, A. Higuchi, M. Nishikawa, W. Li, Y. Fukushima (2005): Atmospheric boundary layer (ABL) observations on the "Changwu Agro-Ecological Experimental Station" over the Loess Plateau, China, AsiaFlux Newsletter, No.16, 5-9. [pdf, AsiaFlux website]
  5. 樋口篤志 (2005): 日本の地球環境研究業界?に"プロジェクトマネージャー"なる業種は根付くか?.水文・水資源学会誌 (シリーズ「発想のたまご」),18 (2), 205-206.
  6. 木田秀次ほか35名 (2004): 第23回国際測地学・地球物理学連合総会(IUGG2003・札幌)の報告(1).天気,51 (3), 175-199. (JSM03のセッション報告を檜山・樋口で書きました).
  7. 樋口篤志 (2003): 陸域生態水文リモートセンシングに取り組んで. 水文・水資源学会誌. 16, 11-12. (奨励賞受賞寄稿文)
  8. 別所康太郎・中澤哲夫・CATTエアロゾンデ観測グループ (2002): 宮古島近海で台風を観測したラジコンヒコーキの話 - 運輸施設整備事業団(CATT)によるエアロゾンデ観測実験報告-.天気 「情報の広場」,49, 251-257.
  9. 吉崎正憲・加藤輝之・永戸久喜・足立アホロ・村上正隆・林修吾・WMO-01観測グループ (2001): 「冬季日本海メソ対流系観測-2001 (WMO-01)」の速報.天気 「情報の広場」,48, 893-903.
  10. 樋口篤志(2000): 学位論文をまとめるにあたって.水文・水資源学会誌(シリーズ「発想のたまご」),13, 246.(1/4ページです)
  11. 樋口篤志(1999): 学位論文紹介.日本リモートセンシング学会誌,19(4), 77.


(f). 報告 & CD-ROM or DVD-ROM (iso images)[3/9] (link は CD or DVD iso imageへ直結)
(f) Report & CD-ROM or DVD-ROM
  1. 早崎将光・山本宗尚・樋口篤志 (2008):第2回「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形 成」講習会,「衛星リモートセンシング」用テキスト資料,2008年9月10日〜12日,千葉大学環境リモートセンシング研究センター,千葉, 109p.
  2. Matsumoto, J., A. Higuchi, K. Nakamura and T. Yasunari (2004): Proceedings CD-ROM of the 6th international study conference on GEWEX in Asia and GAME, Dec 3-5 2004, Kyoto International Community House, Kyoto, Japan. GAME CD-ROM publication No. 11.
  3. フラックス野郎 & お嬢の会 (2004): CAPS 2002 Data DVD-ROM,自家出版 :-)
  4. 樋口篤志 編 (2004): 均質な地表面上での不均質なフ ラックス分布に関する研究.京都大学防災研究所共同研究 (14G-3)報 告CD-ROM (<-- は CD-ROM iso imageへのリンク.内容はタイトルへのリンク+ Acrobat Readerなので,webで見た方が良いでしょう)
    1. 石田祐宣・樋口篤志・ 田中賢治・玉川一郎 (2004): CAPS2002 地上乱流観測にあたっての問題点
    2. 石田祐宣・田中賢治・玉川一郎・樋口篤志・藤吉康志・小野圭介・檜山哲哉・林泰一・石川裕 彦・中北英一・ CAPS2003参加メンバー (2004): CAPS2003 の概要
    3. 石田祐宣・田中賢治・小野圭介・玉川一郎・樋口篤志 (2004): CAPS2002/2003 で観測された地表面熱収支の特徴
    4. 樋口篤志・ 玉川一郎・石田祐宣・田中賢治 (2004): CAPS2002/2003 のデータ公開,および今後の研究の方向性
  5. Asanuma, J., A. Higuchi, K. Nakamura and T. Yasunari (2003): GAME phase I summary CD-ROM. GAME CD-ROM publication No. 7.
  6. 樋口篤志・近藤昭彦 (2002): 夏期集中観測について(水田・稲活性等). 琵琶湖プロジェクト 第2ステージ科研費報告書.
  7. 樋口篤志・中村健治・D.N. Rao, S.V.B. Rao, 阿川博音(2002): インド東岸域で行われたラジオゾンデ観測.衛星搭載降雨レーダのデータを用いた降雨形態の研究. 平成11-13年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究 (B) (2) ), 研究課題番号 11440139, 167-170.
  8. 近藤昭彦・樋口篤志(1998): 高所作業車を使用した稲キャノピーの分光反射観測 - 琵琶湖プロジェクト'96での水田観測 -. 琵琶湖プロジェクト報告 - プロジェクト'95, '96, '97 報告と今後の展望 -, 平成7, 8, 9年度文部省研究費補助金(総合研究 (A), 基盤研究 (A) (1)) 琵琶湖流域の水・熱循環過程解明に向けた総合研究と衛星同期共同観測 - 琵琶湖プロジェクト -, 研究課題番号 07305020, 271-273.
  9. 近藤昭彦・樋口篤志(1998): 稲キャノピーの分光反射および放射特性と地表面フラックスの日変化の対応関係 - 琵琶湖プロジェクト'97での水田観測 -. 琵琶湖プロジェクト報告 - プロジェクト'95, '96, '97 報告と今後の展望 -, 平成7, 8, 9年度文部省研究費補助金(総合研究 (A), 基盤研究 (A) (1)) 琵琶湖流域の水・熱循環過程解明に向けた総合研究と衛星同期共同観測 - 琵琶湖プロジェクト -, 研究課題番号 07305020, 275-284.


(g). 大学(筑波大学)提出論文 [3/3]
(g). B.S. thesis, Master thesis and Doctor (Ph.) thesis

本ページにおいてあるpdfはAcrobat Reader Ver.4.0 以降でのみ確認しています.