日記(1999年11月01日〜)
 備忘録を書いておかないと全てが半端で終わるため,箇条書形式で残します.最新版はこちら
1999:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2000:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2001:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2002:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2003:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2004:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2005:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2006:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2007:[01][02][03][04][05]

05月02日(水)
 SEまみれな一日.CEReS webserver の windows 2003 server -> Linux への変更,および昨日の日記で書いた CentOS 5 のテストを同時並行で行う.まずは webserver.contentsのbackupはある,ということなので,気にせず電源を落として,中の掃除とHDDの入れ替え.最初は CentOS 5 を install./~hogehoge/ style で個人 website も構築させるようにしたかったのだが,SELinux が邪魔をして(テクニックとしては可能で,実際 SELinuxを効かせたユーザ追加 shellまで書いたが ;-) かなり面倒であるところで挫折.結局手慣れた Vine Linux で落ち着く.httpd 機能さえちゃんと使えれば良いので,まぁこれで良いでしょう.
# というか,基幹 Serverはこれで全部自分で構築してしまったことに…
もうひとつの方はCentOS 5 を入れ直して,parted, /sbin/mkfs.ext3 でformatしようとするとやっぱり 8TB の壁に引っかかる….ありゃりゃ.慣れの問題か CentOS 5 は使いにくい(FC6 がベースになっているにも関わらず)ので,結局 CentOS 4.4 に戻し,ここを参考に filesystem を ext3 から xfs に変更し,16TB まるまる 1 partition で認識させる.
と言う作業をnetを調べながら1日仕事で終電帰り.はぁ.おかげでwebserverの contents は集団編集体制に移行でき(るはず),もひとつの方も仕様がfixしたので,job を仕込んだり,と先に進むことができる,と前向きに考えよう.
05月01日(火)
月一度の日記更新となりつつあるが,まぁ気にせず行きましょう ;-) GWの中日(なかび)ということで回りは休みモード.こちらもなんというか少しダラダラしている.やりかけの(計算機) job整理とか,アーカイブしそこないのデータをアーカイブしたり.ちょっとネットで調べ物.CentOS 5 が出たので,最大partition sizeを調べると,CentOS 4 は 8TB で 5 は 8/16TB と書いてある(参考URL).これがホントだと今 FC-SATA RAID でpartition を切っているところを切らなくても良い.明日か来週人柱だな….とはいえ,単体HDDで1TBが市販化されているのでRAID で 10TB はもう現実的であり,ストレージが慢性的に足りない衛星研究ではパーティション問題は切実であるからね.
# ここに異動してからこんな仕事ばっか ;-)
 すっかり規則正しい生活が定着.帰って夕食がある生活は健康的になりますね.