日記(1999年11月01日〜)
 備忘録を書いておかないと全てが半端で終わるため,箇条書形式で残します.最新版はこちら
1999:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2000:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2001:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2002:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2003:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2004:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2005:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2006:[01][02][03][04][05][06][07][08][09]

09月30日(土)# 10月10日(火)記載
 能なし休日出勤.来週頭〆切の原稿書きをする予定だったが,メールを見てしまい,呆れたり,軽く怒りを感じたりしてちっとも集中しない.やっぱり休日出勤時にメールを見るのは禁句ですね.これじゃなんのためにわざわざきたのか意味が無い.反省.

09月29日(金)[大学院GP, Linuxによる衛星解析実習 (3/3)] # 10月09日(月)記載
 3日目.昨日の続きで,バイナリデータを弄る上で割けて通れないCプログラミングに移る.まずは,unsigned char を変換係数で実際のNDVIに変換するプログラムを作成(これは昨日このステップが要るなぁと思ったので,事前にサンプルは作っていない),完全アドリブ でwhite boardにプログラムを書き出す.Cは何か本を買って独習(しかも読んだだけではまったく意味をなさない.手を動かして作らないとダメだし,具体的に何 かをする必要がある,というモチベーションが無いと学べない)した方がよいが,Cなりfortranなりを触らないとこの演習にオチは無い.で,実数変換 されたバイナリ(float)をGMTで書かすところまでて遅めのお昼の時間になってしまった.
 午後は終わりが決まっているので,lat lonファイルとndviデータを読んで,経度 緯度 NDVI の3列のテキストを吐き出すプログラム(最終的に困ってしまった際にはこういう処理をする)を作り,流す処理.ちょっと長いプログラム(でも100行行っ たっけなぁ)なので,時間がかかる,でこれを無理矢理 xyz2grd に流して絵を書けばちゃんと緯度経度直行系な絵ができる…,と思いきや,何か変.GMT ver.3系ではこういうことにならないので,ver.4系とは挙動が違うようだ.あらあら,なんとも最後のオチが悪い.
 というわけで3日間の強行詰め込み演習は終了し,最後にウンチクをたれて終わる(とっつきにくいし,分かった気では永遠に動かないし,手間がかかるけ ど,一度できると大量処理ができる,できたことをshell, programとして蓄積させると財産になる,なによりパソコン1台の予算さえなんとかすれば他は無料でここまでの環境が構築できる,等々)
 その後activity report,夏休み気分をぶち壊す煽りコメント出しまくって終了.ホントに今日で夏休みは終了.さぁみんなで卒論提出日までののこり日数をカウントしてみよー!
 夜は昨日のイヤぁ予感の作文.結局終電で帰る.はぁシンド.

09月28日(木)[大学院GP, Linuxによる衛星解析実習 (2/3)] # 10月09日(月)記載
 2日目.午前中にソースプログラムからのコンパイル(自分で環境構築)を行う.ホントはGMTインストールの前振りなのだが,困ったときには自分でソー スからコンパイルすることになるので,手順は知っておいた方が良い(というかGMTがちょっと特殊なので,これが一般的な方法だと思われるとマズイ).例 として tar をソースからコンパイル.ふたつtar コマンドが入っており, --versionで確認し,どこに入るのか(つまり,UNIXのディレクトリ構造の説明)を体感したのち,GMTのインストールで午前は終了.
 午後はGMTサンプルを作り,昨日の続きで演習二つ:
という演習問題をパッと作って,先ず自分でやってみる.慣れの問題があるのであっさり終了し,完成図とshellを画面にだして後は各自でやってもらう. その間に打ち合わせ.あぁ,出るんじゃなかった.また仕事が増えたが,話を聞かないで(あるいは又聞きで)振られるよりは100倍マシ(事情とか背景が さっぱり分からない(あるいは説明する人自身が分かっていないものを聞かされる)作文ほど不毛な仕事はない)なので,まだマシと考えるべきか….
 演習室に戻って,いよいよというか,ようやくバイナリデータ(衛星データ)にいける.バイナリとは,から始まってある程度の説明をwhite boardでアドリブで行い,10days-PAL NDVIをunsigned char,グード図法のままxyz2grdに流して絵にするところまでやって今日の演習おしまい.

09月27日(水)[大学院GP, Linuxによる衛星解析実習 (1/3)] # 10月09日(月)記載
 実習初日,午前はLinux (distributionとkernel [Linux]の違い,特長)講習,installするマシンを空けて,ハードウエアの構成の説明.PCの箱を開けたことのない人が殆ど.ちゃんとマシン が来たら箱を開けてチェックするよう教育するように (誰とは無く).というか,中どうなっているか見たくないのかな,気持ち悪くないのかな.Linuxのインストールで午前は終了.ほぼ全てのデバイスが認 識されることに対する驚きがない.なんでかな,と思ったらプレインストールマシンばかりが支給されるのでしたことがないとのこと.う~ん,いいのかそれ で?君たち巣立ったら自分で研究室とかもってハンドリングしないといけないのに….やっぱり最初は組み立てキットから始めた方が良かったかなぁ… ;-).道具を自分で一から(まさかCPU作りからはできないので,できるところから)構築するスキルというのもバカにならないと思うけど僕の発想が特殊 なのだろうか.
 午後は,
という演習問題をアドリブで思いつき,white board に書く.realなデータで変換をかけることによりawkの威力を理解してもらう.その前にopenofficeのxcalcで同じデータを開いてもら い,演習1を各自がやる方法で試してもらったのは言うまでもない.
これで初日終了.標準入出力,パイプ,リダイレクトが理解できないと awk の凄味というか良さが分からないので,どこまで伝わったかが微妙だが,みな必死になってやっている.夜遅くまで各自自習(復讐)していたそうな.

09月26日(火)# 10月09日(月)記載
 GP演習室の整備.演習ではWindows は使わないけど(というかこれらのマシンをみんなLinuxにして並列計算機にするとか,全部にjob仕込む,という衝動を抑えながら),この機会に updateとか最低限のsoft (firefox とか openoffice)をinstallし,データサーバの整備(update)をする.4台の計算機のupdateにこける(/varが小さすぎるよう だ)ので,不完全なマシンになってしまった.これらもいずれ最初っからやり直して使えるようにしてしまおう(今はGP学生云々って抑えているけど,電気 入っているjobが入っていなければ単なる暖房機なので,もうすこししたらお構い無しで[無論,僕が使い倒したい ;-)]).後は明日の準備.htmlに全てをまとめる,というのは時間切れ(というか最初から計画が甘すぎ)なので,関係するweb資料とかを印刷して 綴じて封筒に入れる.Vine  Linux 3.2 install CD-ROMも付けて終了.しかし,至れり尽くせりな感が漂うがこれでホントに後で自分から必要に迫られてやることができるんだろうか.周りにLinux 使いが居ない場合にはある種フロンティア精神で切り開く気概がないと絶対に挫折するが,とっかかりだけやってやった気になってもダメだろう.さて,どうな ることか…

09月25日(月)# 10月09日(月)記載
 午前DB週例会.その後22日の続き.HP-UXで外付けSCSI HDDを認識させるのにてこづる.週末に閃いた方法ではダメだったか….青木さん@支援員の使っていたUSB-SCSI HDDを貰ってそれを付けることにする.最早お金をかけたくない.安直な方法で2台のHP-UXにHDDを増設し,Xが起動するマシンではSAMを使って 設定,立ち上がらないものでもコマンドでなんとかなることがネットで調べて分かったので,fdisk -> format -> mount (コマンドは最後以外全部違う ;-) でなんとかさせ,ln -s でUS-GIの方からの指示に近い形に持ち込む.はぁ,やれやれだ.これで触っていないWSはSGIとか位になってきた.ちっともうれしくはない ;-)

09月22日(金)
 今週最初で最後の職場出勤.mailの読み直し,folder 移動だけでかなりの時間が過ぎていく.spam大杉.午後はいろいろと雑務をこなして(というか今日は元々は演習準備日だったのに例によって留守にした分 だけ何かが溜まる)いく.activity report.夏休みボケしていた感のある学生さんらの目覚しにはなったかと(来週はここまで進んでいるんだよね?という名のプレッシャーをかける).そ の後,HP-UXの分解,ドミノ移植.ひとつは立ち上がらなくなり,元々HDDが壊れて起動しなくなっているもう一台のHP-UXと入れ替え.分解するの は初めてだがさすがメーカ品のWS,マニュアルとか見なくともユニットがあっさりと取れていく.中身はCPUをのぞいてやっぱりほぼ10年前のPCだ. EISA, PCI バスで,PCIバスが使われていない.動かないマシンで差し替えないといけないもの(HDD, CD-ROM等のユニット <- 螺一本でまとめて取れた)を付け変え,step by stepで起動するか確認.結局なんとか復帰.ついでに起動しなくなった(たぶんM/Bの調子が悪くなったのだろう)マシンのメモリを引っこ抜き,追加 install.別HP-UXのHDD増設がうまくいかない原因が分かったので,増設予定のHDD(usb-scsi HDD)は別マシンに付け,他のHDD群を付けよう.(UW-SCSIはIDが15個まである.bootはU-SCSIで,bootdisk IDが何故か6.これじゃ増設しても調子は良くないだろう).ともはや死に体な基幹WSの構造を理解する.ちょっと待て,このシチュエーション前の職場で も…(デジャブー).
# というわけでやるべき仕事は一向に進まず.そろそろ…(以下毒吐き自主規制)

09月21日(木)# 中国出張4日目
 朝気象局の計らいで車を用意してもらった.名古屋大の劉さんと一緒に空港へ.北京空港も込んでいる.劉さんは日本語も結構話せるが,韓国語も話せてびっ くり.語学の才があるひとは素直に羨ましい(自分には無い).一緒に朝食を取った後分かれ,僕は成田へ.出発が30分以上送れたが,無事帰国.職場に戻る と大抵ろくなことが無いので直帰 ;-) 洗濯等々をこなして,html作成の続き.1.5日ぶりにメール見るとまたあれやれこれやれの指示が多いなぁ….

09月20日(水)# 中国出張3日目
 WS二日目.プレゼン.午前で終了.他の方々はtechnical tourへと出かけるが,来週の演習準備があるので断った.ホテルで準備(html作成).自転車創業過ぎる ;-) 出不精状態でカップ麺で晩飯.これじゃホントにホテルに缶詰だ.

09月19日(火)# 中国出張2日目
 WS初日.会場がきれいでかつ無線LANが繋がってしまったので,ゼミのようなWSの中,メールを送りまくる.

09月18日(月)# 中国出張1日目
 朝5時半起床.眠い.成田空港は結構込んでいる.込み合う時間なのか,定時よりも遅れて離陸.機内爆睡.名古屋班と北京空港で合流.故宮を見る.デカい.食事後そのままホテルでバタンキュー.何した訳では無いが,ぐったり.

09月15日(金)
 泥縄的に来週のLAPS国際WSプレゼン資料作成.なんとか終わる.久しぶりにactivity reportをする.

09月14日(木)
 気がついたら半月以上更新滞納.自転車操業中.というか破綻気味.後期が始まってもいないのに大丈夫なのだろうか.