日記(1999年11月01日〜)
 備忘録を書いておかないと全てが半端で終わるため,箇条書形式で残します.最新版はこちら
1999:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2000:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2001:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2002:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2003:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2004:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2005:[01][02][03][04][05][06][07][08][09][10][11][12]
2006:[01][02][03][04][05][06]

06月30日(金)# 07月03日(月)記載
 東京出張会議2連発.午前がMAHASRI Logistic meeting.昼食後,午後はGEOSS-skynet の会議.放射関係の方々との面識は殆ど無いのと,かな~りオタクな話へと行くので,会話は半分くらいしか分からない.が,出てきたからにはコメントをしな いと意味がないとつい思ってしまう貧乏性から,分からないながらも質問なりコメントをしてしまう….4時にでて西千葉へ.間爆睡.20分くらい遅れて職場 着.activity report.まだ activity report というより演習の初歩レベル.ここをまずクリアしないと研究のステップに永遠に入らないので,毎週“分かった気にさせる”じゃなく“文字通りやってみる  (みせる)”をやっている.今しんどいのはこっちの方かも….その後黒崎氏を居酒屋飯で終電で帰る.今週かなり消耗戦.

06月29日(木) # 07月03日(月)記載
 名大出張だが,少し早めに起きたので溜まった洗濯をし,その間に家のパソコン立ち上げて,メール処理とかし始めたのが敗因.その後昨日引っかかったとこ ろに対し,美しくないが,プログラムを書かなくとも shell level でとりあえずは対処できる方法をパッと思いついて研究室MLに長文メールを送って書いている最中に11時過ぎたことに気がつく….げっ!完全遅刻じゃん!
 慌てて家出て,新幹線に乗って名古屋へ.車内で今日のプレゼン作成.完全なる泥縄作業だが,一番集中する瞬間でもある.1.5 h で作って何とか体裁?は整った <- ホントか? で3時に会議の場所に到着.1.5 h の遅刻.ビジネスの話は終わり,科学的討議へ.僕の話は最後で,課題はいろいろあるが,まぁ,面白がってもらえたかと思う.その後,篠田さんと茶して,檜 山さんと黄河プロの関しての打ち合わせをして帰路へ.滞在時間短か!帰りの新幹線で加藤君へ今日貰ったコメントを整理してppt へ追記して,溜まった日記を記載するも,時間切れ.

06月28日(水) #  07月03日(月)記載
 中国出張中に痛くなった歯を治しに歯医者へ.小さい頃からずっと行っていた歯医者にこの年でも普通にいける境遇となったことに素直に感謝.前あった場所 から移転したようなので,慌てて電話.院長先生は白髪ばかりになったが,元気で何より.
# いつから治療台にコンピュータが置かれるようになったんだ?
 覚えていてもらったようで,第一声”今日はどうした?”ということでまずは現状把握.で,上に2本親知らずが生えているのはもう出てきているし現状理解 しているが,レントゲン後,すぐに画像を見せてもらって,下にも横を向いた親知らずが2本あることが判明.エラ張っているから2本はいる余地があったのか いな?院長先生曰く“これを抜くとなると大変だからしばらく様子見ね?”といのこと.話が前後するが,この日は前歯の下の歯の歯垢取りで終わる.あのぉ… 左側の上の奥歯2本の横が虫歯で痛むんですが….と伝えると“おおそうだったか!つぎ直す.すぐ直る!”とのこと.というわけで肝心の箇所は直っていない が,歯はきれいになった.で,びっくりだったのが,看護婦さんの殆どがヤマンバチックなメークだったこと!未だいたんかいな!.
 お昼過ぎに職場に戻る(午前休).ちょうど来たところでまた情報が入るがどうすべきか?というより落としどころを練る方が良い,というよりそれしか選択 肢が無い.昨日の続きをしながらも何となく身が入らない.ゼミ.その後も作業をしようとするが身が入らない.こういうときは頭使わない事務処理をパンパン こなして,8Fで壊れたサーバの原因究明して,4年生のプログラムのバグ取りに入り出すが,ここでドツボって気がついたら夜11時.明日のプレゼン用の図 とかプレゼン資料は加藤君からもらったので,ホントは今晩やろうとしたが,こりゃ新幹線の中だな.

06月27日(火) #  06月29日(木)記載
 昨日の続きでいろいろと情報が入る.内容は言えないし言える内容ではないが,センター長と二人だけでやっている状況.動くのはマイナスかも知れないが, 背景がある程度分からないとどう落としどころを探すのかが読めない.午後会議.手際が良くあっさり役割分担決まって終わり.久々に心地の良い会議.書けな い内容は頭に引っかかりまくっているが,これを気にかけても仕方がないので,昨日の作業の続き.RGB合成のtuningだが,有償ソフトとか,Free でも良くできたソフトだとガウシアンフィットとかできれいに色補正を掛けるのだが,最終的には自動化させる (cron jobに仕込む)ので,計算時間の短縮を考えると試行錯誤して look up table を作ってしまってしまうのが早い.いい感じになってきたところで時間切れ,というか時間を過ぎて,松島さん@千葉工大にお詫びの電話を入れて津田沼へ.津 田沼は院生時にバイトしていた食品コンビナート往復のバス乗り場なので(といっても最後の方は実家 -> 南船橋 -> 徒歩で職場,となっていたが),良く使っていたが,駅前大学の千葉工大の校内に入ったのは初めてだ.迷ったのち,松島さんの職場へ.20:30というのに 学生さんが数名解析していた.松島さん曰く“たまたま”らしいが,偉い!
 共同利用研究の打ち合わせ.何か憔悴しきっていたので,話が長くなって松島さんに迷惑をかける.22:30位まで話をして,出来るデータ提供から始める ということで合意.はぁ,疲れた….

06月26日(月) # 06月29日(木)記載
 通常営業,だが,帰国後の苦しみで家出るまで何度かトイレに入りっきり.# 要は体内の水が日本製の水に入れ替わるまでがしんどいんです.DB委員会週例会(午前).今週何しましょう会(午後)をしている最中に電話がかかる.偉い 人から,で,無論こんなところで書けない内容.でもなんで1足飛びどころか3足以上飛んで来るの?申し訳ないが,センター長に早速報告.ホウレンソウ(報 告,連絡,相談)は重要.とくに判断がつかない場合には.対策を練るにも練りようが無い.後はセンター長に任せるしかない.で,JAXA 受信 MODIS quicklook作成を前に作ったshellやprogramを見ながら(1年前に作ったやつ)をベースに再開.研究に直結しないが,解析というかこう いう作業は楽しかったりする.RGB合成のtuning が必要.とかやっているうちにいろいろとその後突発的なことがおこる.ひえぇ….書けねぇ.精神的にしんどい….

06月23日(金)# 06月29日(木)記載
 去年ほど今年は帰国後きつくはない.いろいろ事後処理,事務処理とかして会議出席,その後activity reportで飲み会へ.うちの研究室?として全員集合したのは始めて.終電帰り.

06月22日(木)(長武出張最終日) # 06月29日(木)記載
 朝のcheck out でもめる.僕が持ってきたバウチャー?は単に宿泊の予約をしただけで,お金は払っていない,といい出す.ちゃんと千葉大生協でお金は払っているので,払っ た!と言い張るが,帰りの飛行機の時間もあるし,あんまり交渉というかけんかする時間的余裕も無い.とやっているうちにお腹の調子が悪くなり,飯島君に最 悪の状況を想定してクレジットカードを渡してトイレに駆け込む (~~;) 戻ってくるとカウンターには既に人はおらず,飯島君はロビーへ.聞いてみると“よく分からないけど,もういい,って感じで突き返されました”とのこと.結 果オーライ.で値段交渉の後タクシーで空港へ.いつもながらこの辺がアジア的だなぁ.ちゃんとメーター回してくれたのは1度だけだ.100元という交渉は 成立したが,高速代5元を払えと言ってきた.全く人によって解釈が違うよな,と思って空港に到着したら,またなんか言ってるな,と思ったら帰りの5元も欲 しい,とのこと.全く ;-)
  無事にほぼ定刻で出発し,途中上海浦東空港で出国審査の後,普通に待合いロビーに回された.ここで研究室土産を買ったら高!で上海ー成田で無事帰国.工具 とかデータとかを家に持ち帰って翌日また持ってくるのは二度手間なので,そのまま研究室へ戻ろうとするもJRは1時間待ちだったので,よく分からないがリ ムジンバスが千葉中央駅まで行くとのことでチケットを買うと1200円也.高!で乗ってから気がついたのだが,一旦海浜幕張までいってそこから戻るコース のようで,無駄が多い.でまたその場の判断で海浜幕張駅で降りて,海浜幕張 -バス - 幕張本郷 - JR - 西千葉へ.我ながら待てない性格と無駄な動きが多いなぁ.で単純に荷物置いて帰れば良かったのだが,メール整理とか黒崎にいない間の状況(不在時の activity reportの)を聞いたりとか,持ち帰ったデータをdata serverへ転送するとか,VIRS download でHDDが溢れていたのでその対処,再ダウンロードとかガチャガチャ作業していたら22時だ!何やっているんだか.

06月21日(水)(長武出張12日目) # 06月29日(木) 記載
  20日の記載の通り,朝5時に起床.アーカイブ処理は最後まで終わっていた.観測小屋に行って昨日のデータ取得(20分くらいかかるので放置),戻って一 つのusb-diskをひっつけて持ち帰り用のコピーを仕込み,また観測小屋に戻ってusb-diskを取りに行く.で,昨日の分のアーカイブjobを仕 込み(この前にコピーは終わっていた),他にもガチャガチャと朝食前に行う.朝は良いなぁ.朝型に戻さないとあかんなぁ,と再認識.一連の作業は朝食前に 終了.荷物のパッキングも殆ど終わり,早めに出発できそうだ.朝食後,李君にアーカイブ方法のデモンストレーションをし,UNIXというかcygwin というかcuiの威力を認識してもらう.”日本ではLinuxとかUNIXとかがメジャーなのか?”という質問があったが,そんなことはない.単に好みの 問題と大量処理,繰り返し処理はshellなりUNIXコマンドなりを組み合わせた方が圧倒的に早いだけだ,最も大きな理由はFreeだからだ!と答えた ら,また僕はケチだと思われたんだろうなぁ.
 部屋のcheckout 宿泊料を払って(格安),最初の予定より早く長武試験場を出発.○川君がんばってねぇ!車は満載で収穫処理が終わったサンプルがミニバンの後ろに満載.そ ういえば僕が起きたときにはもう上で作業していたなぁ.いわゆるかき入れ時?一緒に帰る,とか一緒に来る,とか中国人はやっぱり逞しい.車内では半分くら いは爆睡で,DVDで出ていたランボー(懐かしい)を見たり.西安到着は14:30位.予約したホテルで何か変な感があるが,chek  in してビール呑んですぐ爆睡.飯島君との集合で6時にホテルロビーに集まって,おみやげと西安と言えば餃子なので餃子コースを食べる.帰った後でまた爆睡.

06月20日(火)(長武出張11日目)
 昨日の嵐がきっと前線の前面で,朝から小雨交じりの曇天.やっぱり4班の西○君@名大 HyARC H山研は雨男やな.午前はデータコピーなり,アーカイブ方法のdocument英文版を作成したりする.というかプチ寝坊.飯島君に朝食時に突っ込まれ る.昨日の収穫で麦の刈り取りdrymass を巻き上げているので,午前中にwind profiler のair filter を取り出して念のため清掃.wind profiler が熱暴走気味の時にとっさに取り出して洗ったので,それほど汚れていないが,きれいでも無かった.昼食前後に雨は本降りに変わり,雨と一緒に○川氏長武試 験場到着.やっぱり雨男や.というか僕がかなり強烈な晴れ男なので,降水関係の観測イベントに参加するとかな~り嫌われます.というよりとばっちりをうけ ます.
# 単純な確率論的な話でかなり非科学的なんですけどね.
 早速持ち込まれた内蔵HDD を増設するが,位置関係を変えないと単純に空きベイに増設すると確実にHDDの寿命が縮むので,間に殆ど使っていないFDD drive を噛ます.西川君は一度もこうした自作系の作業をしたことがない,とのこと.なってないなぁ….というか,半定常的にこんな作業ばかりしている僕が特殊事 例という方が正しいか ;-) .ちゃんとbios 上で認識したのを確認した後,パーティション切り,format と一連の作業をする.windows はこの一連の作業が遅いなぁ….イライラ.で,認識させた後,archive 済のデータを一気に移動させる.いつもながら思うんだけど,僕は堪え性が無いのでいろんなものを一気に仕込んでしまう.Linux とかだったらload levelを20位まで上げても何とかいけるのに,windows の挙動は良くわからん.
# というか,task maneger でload levelという項目があっても良いような気がするけど.
 合間合間にいろいろと4班に引き継ぎ.思いつく順に話をしているので,きっと西川君はつらいだろうねぇ….分かんなくなったらメール送ってね(とここに 書いても意味がない)+rutine 観測.観測資料download,最後の日誌書きをしながら,西川君が持っていた未アーカイブデータをコピー等々分裂症的な仕事ぶり.落ち着きがない.と いうかあぁ時間が足りるのか?コピーは終了し,wpr & 乱流生データアーカイブjobを仕込む.こんなにこき使うことを当初は想定していなかったので,追加のRAMも頼んでおけば良かった(256MBなの で).もう完全にモトは取った(遠い記憶をさかのぼると3万くらいのマシンをまだ大須にお店があったパソコン工房まで車で飛ばして買ったもの.HDDは別 途250GBで信頼性の高いものを買ったのでtotalで5万位か?displayは中村先生のお古の15inch CRTだし,キーボード& マウスも使い回しだ)感じ.
明日5時くらいに起きて,アーカイブ済のデータをusb disk に copy するjobと,別HDDで昨日(まで)のデータを観測小屋まで行って引っ張る作業,それをまたアーカイブする作業等々で,ギリギリまで何かやる羽目になり そう.まさに泥縄.

06月19日(月)(長武出張10日目)
 朝から麦刈り取りトラクターが実験圃場内に入って刈り取り作業をしている.去年も僕の班が目撃したなぁ.僕の(メインの)目的が枯れていく過程を分光計 でモニタリングする,だから良いのだけどね.刈り取り自身は9時前に終了し,9時から通常営業.とはいえ,週が変わって気持ちの上ではもう半分お帰りモー ドである.データアーカイブの続き.今度はアーカイブされたデータを持ち込んだUSB-Disks に入れ込む案というか割り振りを考える.3台持ち込んだので,アーカイブして容量が減ったので全部持ち帰ることが出来るだろう(当初は2重に持って帰るつ もりだったが,同じ飛行機で帰るんだからあまり意味はないことに気がついた).しかし,usb-disk <-> usb-disk同士(usb ver.2)でコピーをすると何度やってもこける.アーカイブ先のusb-diskのファイルが一部破損したか?とおののく.良くエラーメッセージを見る と,usbコントローラが云々と書いてあるので,コントローラまわりのトラブルだと推測する.
# 2台usb ver.2 の diskを付けて転送すると帯域を互いに食って遅くなる,というのなら理解できるけど.laptopでは何の問題もないから,チップの問題かなぁ.
 なので,一旦内部HDDに転送し,内部HDDからコピー先のusb-HDD に転送するとうまく行きそう(ファイルも壊れていないようだ.ホッ)なので,二度手間だけどそうしよう.
 飯島君の修論も現場で大分見えてきたようだ.行きの飛行機で読み物代わりに借りた論文がその原型だが,現場で実際に現象なり測器を見たり,観測に参加す ることで具体的なイメージが湧いてくることは伝わったようだ.無理矢理拉致監禁でつれてきたのが良かった.後は次班 以降のためにアーカイブ方のマニュアル書いたり等々,結構やることはある.継続すること,連続しかつ良質なデータを取得するための努力は怠らないこと,し んどいけど狩猟型ではなく,農耕民族型(in-situ)な観測ではここが肝である.後論文だけでなく,document作りを怠らないこと,かな.良い データはずっと使われる.良いデータの条件に整備された documentation がある.明日の自分は自分ではない.
# 何かかっこつけてるぞ,をい↑

06月18日(日)(長武出張9日目)
 日曜だというのに隣の小学校には子供が来ている.うーむ,ゆと○教育とかやっていている場合なんだろうか?とちょっと思う.明日麦収穫,ということで, 慌てて最後の植生調査をする.といってももう葉は無い(皆枯れている)ので,立麦密度と刈り取った麦サンプルの部位分け,重量測定で終わる.乾燥機の調子 が思わしくないので(まだ土壌サンプルが入りっぱなしだ),袋入れして待機.
 午後には昨日の続き,自動化できるかどうかいろいろ試すが,資料というか,サンプルシェルが手元に無いし,ネットで検索かけるほど回線は太くない(電話 線)ので,ちと面倒だけど結局手動でやることに.ハラ括ってファイル名修正を落ち着いて手動でやったら,1年分で20分くらいで終わった ;-) なんだ,これだけの手間か.後は名前変更した乱流バイナリデータを一括圧縮させるshellを書いて(これはバッサリ5分で出来た)走らせる.うーむ.最 近何処に居てもやる仕事が同じ(アーカイブ)だ.日曜なので少しゆったり.考えてみれば2週連続で週末働いていることになる.
 サッカー結果だけネットで見る.引き分けね.

06月17日(土)(長武出張8日目)
 昨日の祭り(別所でまだ午前中やっているらしいけど,試験場としては)は過ぎて,休日ということもあり,ひどく穏やかな一日.こっちもlaptopの中 身の整理(過去のものをアーカイブして,要らないものを削除)して,大分空きが増えた.というか空きが倍になった ;-) この勢いでRemote PC内のデータをアーカイブする方法を試す.ちょっと考えたが,shellとして書いたら3行で終わった.こんなもんなんだよね.PCを持ち込む前に cygwinをinstallしておいたのが大正解.shellを走らせる.いつ終わるんだか分からないけど,放置しておけば良い話.大口データの一つの wind profiler dataに関してはこれで行こう.西川君がきっと追加用の内蔵Ultra ATA HDDを持ってきてくれるはず.それを来週火曜にinstallして,移行させれば,少なくともprojectが終わるまでは保険としてこのマシン内に全 てのデータを入れ込めるはず.
 夕方Wind profilerが熱暴走気味になっていた.多分原因はフィルターの根詰まり.洗って入れ直し,機器が冷えるまで観測停止.ひえぇ.何かあるなぁ毎日.明 日はもう一つの大口データである乱流生データ.どう攻めるかideaは固まったので,自分のマシンで試してそれで行ってみよう.
# というか,何しに来てるんだか….何処行ってもこういうアーカイブ処理ばかりしているような気がするなぁ.

06月16日(金)(長武出張7日目) # 06月17日(土)記載
 今日は長武試験場ヒアリングの日.みんなの顔に心なし緊張感が走っている.こっちはとにかく眠く,午前中は観測割り振りがされていない間は完全に寝て過 ごす.午後は観測サイトの説明は一緒に観測をやっている李君による説明.中国語が分からないのでよく分からないが,何度か僕が説明を求められたときに訳を していたりしている関係で,流暢に説明し,質問も簡単なものだったので(質疑応答でややこしいものが来たら僕が英語で答えて,李君が訳して返す,という手 順になっていた),彼自身が答えていた.その後,"30m 頂部の乱流計のブームが短すぎるんじゃないの?"と個人的にクリティカルな質問を若手の審査員 から受ける.良くみてんなこの人.いろいろ説明して,「そりゃそうだね」的に納得してもらう.言い出したらきりがないので.その後,夕方プレゼン.陳情と いうか,こういうことがより分かるから云々的なアピールをする時間なんだけど,時間大幅超過は多分審査員にはマイナスに働くだろう.相手の気持ちになれば 分かる.ここ(長武)だけを回っているのではなく,他のところも本務を置いて参加せざるを得ないはず.そういう人たちの時間を予定より食う,というのはそ れだけで心象が悪くなる.うがった見方をされると,“結局一言で言えないのね”ととられかねない.僕自身は英-中訳の時間(劉女史に同時通訳してもらっ た)もあるので,12分の持ち時間で14分かかってしまった.後で劉女史に”話を切るタイミングが良く,訳しやすかった”とのこと.そりゃ意識して話しま したから.
 夜は残った麦酒を勝手に呑みだして,勝手にそのまま寝てしまった.ちょうど1週間,一番体内的にはきつい時期.

06月15日(木)(長武出張6日目) # 06月17日(土)記載
 昨晩からやり始めた作業は空き時間を使ってちまちまやるとお昼過ぎには終わった.なんだ,案ずるより産むが安し,とはまさにこのことなのね.今日は通常 観測に加えて,アスマンによる温湿度計検定.とはいっても僕は登らず,飯島君タワー職人デビュー.一応,1.6mより高い高所作業を命じた場合,何かあっ た際には法律的に責任が生じて賠償金云々とかあるそうな(去年飲んだくれている時に知った).とはいえ,何かあったらどっちにしてもクビになるのは明白 で,かつここで作業をしないとこういう作業を覚える機会は無いので,

 思いっきり命令する ;-)

この割り切りが大事 ;-) 官僚的に「いや彼が自主的に登ったから…」とかハラ括りの悪いことを現場で言ってたら何にも物事進まない.作業後,“非常に緊張した”とのこと( by 飯島君)だが,それくらいでちょうど良い.何事も過信は禁物.
# というか仕事に関しては僕はドSかも ;-)
 中国メンバーによる明日の戦略会議(というかどういうタイムスケジュールでやるのか確認したかったのと,こういうのを写真に撮っておこう,という興味半 分)の場所に行ったら捕まってしまって初代所長の演説1時間につき合わされた ;-) 何処でも偉い人の話は長く,かつ声がでかい!偉くなる人の割に普遍的な条件なんだろうか….夜な夜な明日プレゼンのppt の修正.明日,という条件だけで考えれば出国前に作ったので良いが,この機会に解析なりデータ整理をして,出来るだけ論文へ近づけるという心意気というか 気概が大事なので.consistent な結果が当たり前ながら絵として出たので,この絵を加えて,細かなものを足していく.結局夜中1時過ぎまで….

06月14日(水)(長武出張5日目) # 06月17日(土)記載
 何やってたっけ….あ゛,土壌サンプリングだった!日本式では根性なしで15cmまでしか掘れず,15cm以深は中国式で掘る.これじゃ確かにデータと して意味がない.夜な夜なハラ括ってデータ整理.で,
excelって使えるじゃん!
殆ど使ったことがなかったが,手入力積分レベルのデータ数だとexcelでエイッとやっ てしまうのが楽,というのにこの年になって気がついた.oocalc でも良いけれどね.shellなりプログラムを書くほどではない(というかそこまでデータ並びがきれいではない)けど手計算ではちょっと…の隙間を埋める には丁度良い.

06月13日(火)(長武出張4日目)
 ふつうに起床.ようやく現場ペースに体がなってきたようだ.朝は電話線での引っ張りが空いているので,MODIS quicklookをdownload.雨.えっと,今日やる予定のbiomass 計測どうしよう.通常営業をするが,初回の観測時にボールペンを現場に無くしてしまったようだ.残るは赤ペンのみ.李くんから今日はバイオマス計測をする のか否かと聞かれたので,午後にやる,と答える.今年は何かと優柔不断だ.らしくない.
 午後には雨がやんだ.LAI & biomass 計測.実は生まれて初めてだったりして,具体的にどうすればよいのかがわからないので,李くんに教えてもらいながら3人で作業.各要素に分けるのね(実, 幹,葉,根等),一枚一枚葉面積計にかけるのね.これはPGLIERCの時にやったな.麦がもうカラカラで葉が丸まっているのでむくのが大変.手間がかか るなぁ.生態研究は偉いなぁ.基礎中の基礎だもんな.分離・葉面積計測終了後,各要素重量を計測して,オーブンへ.完全乾燥後,重量を計測して一応終わり だけど,ホントはその後フリーズドライし,磨り潰してペースト状にした後で質量計でCとNの分子量を計測するんでしょ?(論文ではよく書いてある).い やぁ,衛星研究は手抜きだなぁ <- おまえだけだろ!という突っ込みが入りそう…
 飯島君からパチった論文読了.前読んだやつだったんだけど,落ち着いて読み物として読むと言い回しとか,突っ込みどころとか(例:そこで終わ りかい! とか)よく見えてくる.ザッと読むことと落ち着いて読む両側面が必要ということか.当たり前だ.前者は通勤電車で,後者は必要になった際に無理してでも時 間をとって読むという戦略性が必要な訳ね.時間だけは誰にも平等.どう使ったかが差になって現れる.今日はメールも穏やかで,落ち着きを取り戻した日.さ て,早めに寝よう.体あっての観測だ.

06月12日(月)(長武出張3日目)
 昨夜はひどくうなされて寝た気がしない.恐ろしくリアルな夢ばかりで,“樋口くん,MAHASRIの事務局長とか割り振られてるけど何もして いないじゃん!”とか.ひえぇ,ごめんなさい×∞.というわけで朝からひどく疲れており,8時の観測時にも李さんに,「去年と比較して覇気がないよねぇ (意訳.原語はsleepy)」と言われる始末.夢で仕事でリアルに煽られてぐったりしているとリアルに英語で伝えても仕方あるまいし.飯島君と交代で hourly 観測のみを馴らしもかねて行う.少し午前中に寝る(体調が悪くなってきたので),昼食後少し元気になったので,去年のデータを眺め出す(こらこら).分光 計の波長情報は今年のデータヘッダに更新されているのでそれを引っ張る必要があるし,マニュアル計測したデータの平均・分散を計算しておく必要がある なぁ.こういう人力計測された後のデータが一番計算の手間がかかるが,計測にも文字通り手間がかかっているので,機械的に一気にやらずに丁寧に処理しない といけないなぁ.KMAのサイトを西川君@名大に改めて教えてもらったので,昼間回線が良くないながら引っ張る.現場に来ると盲目になるので,天気図はど うしてもほしくなる.
 15時前に停電.あらら.これまで順調だった(2班でも停電が無かったのに)のに.この機会に調子の悪いWPR信号処理機をCPU切り替え機 から切り離してkeybordとmouseをつける.ほかにもLCDとか埃まみれのものをウエットティッシュで拭く.全ての計測が止まってしまったので, この間に放射計の清掃,水平取り直し,LI-7500の受光部清掃.30m Tower 頂部からの地表面状態撮影をこなす.18時に電気復旧.全部の計測を再開とともにPC時計チェック(1つだけ直す).よしよし,全部動いているようだ.
 報告を日本隊にメールして,日本ーオーストラリアの結果の途中経過を飯島君から聞いて(中国ではテレビ中継されない.それって…),最終結果 で1-3で負けたことを細い電話回線ながら知る.何だかなぁ.試合そのものを見ていないからわからないけど,後半39分から立て続けに3点入れられるって どういう展開よ!

06月11日(日)(長武出張2日目)
 集合時間は10:00としたのだが,情報の錯綜で09:00にcheck out しろ!ということになったので,朝飯抜きでcheck outしてホテル近くの水土保持研へ.劉教授が日曜だというのに電話しまくっていた.相変わらずパワフルだ(でまた見てもジミーちゃんに似ているよな,こ の先生 <- こらこら).状況はだいたい理解し,ppt の内容を事前に理解してもらう(16日にお偉いさんを前に英・中通訳で10-15分でプレゼンしろ!というのが僕のミッション)ために,劉女史に説明す る.変なところで引っかかるねぇ,おぬし ;-).もう一つの西川君@名大院生の話はheat lowなりABLの知識が中国サイドの方ですぐに中国語訳できない,という話なので,僕の話で行くことにする.で,解放されて長武試験場に行かせてもらえ るかと思いきや,長武試験場に貼るポスターの ppt を劉教授がアレンジしていて,「これでよいか?」と確認にきたので,慌てて再アレンジし直す,タイトルから著者順,入れる内容等々を檜山隊長@名大 HyARCには一切確認せず(そんな時間は無い),完全に独断で作り直す.まぁウソは書いてはいまい ;-) ひぃ,着くなりこき使うなぁ,この人達.
 昼食後,車で長武試験場へ.給油場で,ガソリン入れすぎて溢れさすトラブルに出くわす.今回の旅はなんかトラブルが多いなぁ.と思いつつ車内 で爆睡.夕方6時前にようやく試験場到着.あーぁ,もっと早くくる予定だったが致し方なしか.現場ではいつもの面々.李くんがちゃんと日本人部隊がいない 間にも集中観測をしていたことに感謝.ほんとに彼はまじめでよく働く.こんなところでも日本は中国にすでに負けているんじゃないかと思う.夕食後,飯島君 用のアカウントを作って,彼が僕のマシンでメールの読み書きができる環境を構築して(彼のlaptopはVine Linux only でppp接続ができないため),報告メールを送って,たらい一杯で風呂入って(年降水量500mmの地域でシャワー浴びるわけにいかんでしょ.水文学者の 端くれとしては ;-) .日記書いて今日は終了.ようやく明日から観測だ.

06月10日(土)# 06月11日(日)記載 (長武出張1日目)
 眠いが準備しないとダメなので,泥縄的にパッキング.ジャージを買おうと思っていたが,もう出発当日なので諦めて,洗濯とか,掃除とか慌てて やりつつ,服を詰める.さらに,中国行っている間に降ってきそうな仕事を察知して,あらかじめバシャバシャメール打ち.昨日の夜送った母校の後輩へ送った D論アドバイスメール(研究の内容ではなく,いろいろと)が彼には効果的だったようで,返事が来ていた.エールを送っておいた.自分の見える範囲以外の人 から励ましなりアドバイスのメールが届くってうれしいよね.彼のweb日記をパッとみて,このタイミングを逃すな!という旨のメールをもう一度送る.幸運 の女神に後ろ髪はない.
 とか偉そうなことを言っている場合ではなく,こっちは今日出発なんじゃ!慌てて洗濯物を取り込み(ビバピーカン!だいたい乾いたぞ),パッキ ングを確認して1時過ぎに家を出る.乗り継ぎがあまりによすぎて2時半過ぎに成田第二ターミナル到着.早すぎるって.両替して3時に飯島君と待ち合わせ. 空港自身も空いてるので,body check,出国審査もあっさり終了.で待合い場所で勝手に爆睡.17:00過ぎに離陸して,機内を殆ど寝て過ごして,上海浦東空港到着.エセ直行便なの で,ここで入国審査.でまた同じ機体に乗り込んで西安へ.ここでも寝てばかり.で,体調が悪いのも手伝って気圧変化がきつい.22:30過ぎ西安空降着. でた後でドライバーさんが見あたらず,時間が時間なので,ポン引きチックなタクシードライバー達に囲まれる.いつもながらこの瞬間はイヤだよなぁ….少し して王さんと出会えたので一安心.その間にいろいろどう対処すべきか考えてしまった.車でヤンリンへ.明日の集合時間がよくわからないので王さんと筆談. 細かいところまでは伝わらないが,中国だとこれができるのが幸い.時間を決めてチェックインして今日はおしまい.寝る段階で夜中の1時.寝てばかりだった が,眠い….

06月09日(金)# 06月11日(日)記載
 MAHASRI Logistic Meeting (東大・本郷).やるべきことはいっぱいある.7月14-15日の第2回MAHASRI 国内研究集会が一つの山場となりそうだ.planning のところから入って引き受けてしまった以上,研究資金獲得とか,そういうレベルじゃなくって,ハラ括ってお金がなくとも動けるところから動いていくしかな い.「お金は後からついてくる」を信じて.自分自身は研究資金が潤沢にほしい,という訳ではない.
# 全くのオケラだとやっぱりつらいけど.
無いなら無いなりに工夫なり,ソフト面の充実に走れるから一概に言えない.無いときにこれだけお金が必要,というのが明確に見えてくるし,その部分がきっ と予算申請書に反映される.
# あ゛,某財団の予算申請が間に合わない.だめだこりゃ (~~;)
 meeting 後,元々GAME〜CREST/LAPS で一緒に働いた田中(久松)ゆりさんを訪問.元気そうで何より.名古屋に遊びに行くとのことなので,名古屋な面々によろしくお伝えするようにお願いする.
# その翌日僕はCREST チーム会合で名大出張予定だけど ;-)
 お昼過ぎに職場へ戻る.昼食後,諸々の雑務をこなす.4年生は全員きているようだ.あおりメール効果絶大.というか,煽られる前からちゃんと こつこつ研究なり解析なりしなさいって ;-).CEReS 受信AVHRRアンテナレドーム掃除(雨天時に決行する予定)は午前中に技官の池田さんがされたようで一安心.午後にやろうと思っていたので,出発前の仕 事が一つ減った(いろんな人に支えられているなぁ,とまた思う瞬間).出発のための準備をし出すが,いろんなものをちゃんと準備仕切れていない.うあぁ! 後は野となれ山となれ状態に入っている.
 17:00〜はactivity report.4年生全員に対し,参加した全員で僕が中国から帰ってくる約2週間の間でクリアしなければ課題が明確になったことが大きい.重要なのは, 引っかかっているところがどこなのか,自分の到達点は今どこであるのか,正しく自己分析できる訓練を行うことであり,こうした訓練は就職するにせよ,進学 するにせよ,必ず必要とされることである(各自社会人なり,オトナとして扱われる,というのはそういうことである).activity report の意味がこれで少しは理解されたんじゃないかな.ここでも,黒崎氏や院生の面々のコメントに助けられる.僕の言っていることが絶対,となると研究室は絶対 に硬直化する.「裸の大将」にはなりたくはない.
 その後,うちのftp server のアクセス制限がかかっているところが見えない,等々の問題対処をして,黒崎氏と出発前の気付け(呑んだくれともいう).家で気になったことをメールし て,出発の準備を一切せずバッタリ.

06月08日(木)# 06月11日(日)記載
 完全に寝坊 ;-) 朝飯食わずに家を飛び出て何とか2限の講義の時間に講義の場所に間に合う.分担講義.小レポートの課題が難しかったと思うが(答えは実はない.温暖化が進 んだ際には降水形態がどう変化するか?という問いだから),今行っている研究が将来予測に対し役に立っていない,というのでは社会への貢献をしていない, と同義になってしまうので,あえてそういうレポート課題を出した.答えはないことを前提にいろいろとそのときの頭で考える,という過程が重要であることを 伝えたかっただけ,である.兆候はすでに出ている.そこからどういう有益な情報を引き出すのかが研究であろう.
 完全に疲れが溜まっている状態での講義だったので,終わった後にぐったりして,少し研究室で寝てしまった.とはいえ,出発の日にちは決まって いるし,それまでにやらなくてはいけないこともできうる範囲でうっちゃらないと不良債権が溜まる.という状態で,また新たな仕事が舞い降りた.ひぇぇ…. ほかにもままならないことが多く,うーん,どうする!オレ!状態.
 勝手にバーンアウトしていても周りにさらに迷惑をかけるだけなので,できることから始める.まずは解析が全然進んでいない4年生にあおりメー ルを研究室MLに送って(個別指導とか,個別メールは基本的にしない方針なので.無駄が多いし,基本は同じところが多く,互いの情報共有がこれで可能にな るという認識),反応を見る.その後,中国でお偉いさん対応のppt 作成.去年の観測結果(2005年12月に泥縄的に解析した結果から一歩も進んでいないが…)をベースに.作っている最中に加藤君がわざわざ僕の部屋にき て,4年生に個別にメールを送ってくれるとのこと.偉い!僕はよい学生達に支えられているなぁ.ちゃんと教員の性格を把握しているようで一安心.後の対応 は加藤君に任せて,ppt作成に集中.何とかできたので今日はおしまい.一つずつ確実につぶすしかない.

06月07日(水)# 06月08日(木)記載
 午前:教員会議.うまくいかなかったnamed の原因はあっさり分かった.夜やるのはダメなのね.昼食後,ざっくり旧サーバを落として,学生部屋へ(学生で運営するdata server [nfs等] とする)持っていき,新しいマシンに置き換える.CPU・RAMもほぼ倍なので,proxy, dns 何もかもが快適.# きっとすぐ慣れるんでしょうけど ;-) 手元でserverがあるありがたみの必要条件を満たした感じ.十分条件はこの早くなったCPUをある程度こき使う(cron jobとかで)ためにプログラミングしてリモセンセンターらしい準リアルタイムな画像をだすことやね(いつになることやら).
 ゼミ.その後,各種雑務をこなして今日は終わり.出発に向けた買いだしとかリストアップしておかないと.

06月06日(火)# 06月08日(木)記載
 webserver 入れ替え処置の続き.新規にこれまでのものはなかったもの,とやってしまうのであれば楽チンだが,できるだけシームレスで,中身・環境を移行させつつ,と なると途端にハードルが高くなる.また一つ一つに時間がかかるので並行して処理をしたいのだが,そもそも旧サーバの処理能力がやや低いから入れ替え,とい う面倒なことをするのに,サービスを動かしながらnfs なり,rsync, ftp 等々 case by case で転送方法を変えて(理想は全部ちゃんとrsync だが,それだと確実に中国出張までに間に合わない)送る.
 並行して新サーバの設定をすれば良いのだが,人はマルチタスクでは無いようで…,転送が終わってからようやく次の作業が分かってくる,という行き当たり ばったりを地でいくようなやりかた.cronに仕込まれたものがちゃんと動くか(しかも黒崎氏の書いたプログラム群)を,パス構成が変わっているので チェックしていく.人のプログラムは分かりにくいところがあるが,わかりやすい類のcsh の書き方.コメントが少ないのが玉に瑕だが,人のことをいえたもんではないので,直すべきところは直す.難しさよりわかりやすさは論文よりもプログラミン グに言えるやね.
# なにげに人のプログラムのハッキングは楽しいともいう ;-)
 とりあえずcronでない versionでは動いたので,各種設定へ.# こういうのは何故か夜,というのが相場.
ガチャガチャ入力なり,*.conf をいじりだして,最後のnamed までいったところで終電1時間前.この書き方で分かるように,一番嫌いなところを最後に残したわけで,案の定,
設定・稼働でバグってあきらめ走って終電に飛び乗る
となる.負けた〜.でも最後にnamed をのこした時点でダメなのはうすうす気が付いていたんだけど.帰宅後家からいろいろ情報検索.やっているときには良く読まないから(こらこら)

06月05日(月)
 会議&打ち合わせ4つ.これだけ入ると最早集中力をkeepするのが難儀だか,今後はもっと増えるんだろう.時間だけはだれにも平等.使いかた次第.土 曜に買った革靴で靴擦れで痛い.日曜に買ったパーツをwebserverに入れるも,あるものと仮定した変換ケーブルが無いのでまた千葉ヨドバシへ.すっ かり大口(金額は小口 ;-)客だなぁ.
 うちの学生がようやく全員来だした.比例して質問が増えてきた.固有問題以外はちゃんとネットで調べるなりしてね ;-) 計算機は馴れなので,ぶっこわす勢いで(殴っちゃダメよ)短期集中(何をするためにパソコンを使うのかをちょっとだけ考えつつ)して覚えないとダメ. tutorial というのは僕自身の経験からするとまず役に立たない."○○のデータを読むためにはXXのプログラムが必要なので,△△用に作ったプログラムを見て構造を 理解してそれを○○に応用するためにはどうするか”と具体的に考えないとダメ.逆に言うとそこまで具体化するとお尻に火が付いている自分に気がつくはず. いちいち具体化して考えるのが第一段階として必要.
 webserverは旧serverのhome の中身をrsync させて,ある程度の設定と必要なsoftのinstall.今日中に転送自身は終わらないので早めに帰る.体調がどんどん悪化しつつあるので,今週末から 控えた中国観測に備えないといけないし,ね.
 帰ってテレビを見ると村上ファンドの村上氏逮捕のニュース.逮捕前の会見での態度の潔さと素直さに感心.「金儲けして何が悪い」的なコメントが多かった ので評価は殆どしてなかったが,僕の中での株はあがった.要は潔い人が好きなんだな,自分は.
 同期の出村氏@会津 大筆頭著 者でScience に載ったそうな.おめでどう!負けてられないし,励みになるね.

06月02日(金)# 06月05日記載
 徐々に体調が悪くなっているのを自覚しないようにだましだまし仕事.今日もやると決めたことを activity reportの前までに仕上げる.activity report.新webserverが納品されたので,足りないパーツを買いに千葉ヨドバシへ.アキバに行ってキワモノ系のパーツも買わんとなぁ.

06月01日(木)# 06月05日記載
 メールで結構重要案件が飛び回っているが,僕なんぞが口を出せるところは限られているので,肚ぐくりの部分のみを送って,来週の講義資料準備を行う.並 行して進めるのも重要なんだけど,「今日は何があってもこれだけはきっちり終わらせる」という執念というか,決意が一番重要ではないか,と思う今日この 頃.人間そんなにマルチタスクじゃない.