日記(1999年11月1日〜)

 日記を書くという柄ではないのですが,”若気のぼやき”のページに,”昔の自分は自分ではない”と書いたように,最近ホントに物忘れがひどくなりまして...^^;,やってきたこと(公開できる範囲)を記述するようにしました.というわけで,ほかの人たちのために書いているわけではありません. 最新版はこちら

師匠走る12月.部下は走っていない...^^;.いかんいかん.言い訳無用な12月.

1999 [11 ][12 ]
2000 [1 ][2 ][3 ]...[7 ][8 ][9 ]...[11 ][12 ]
2001 [1 ][2 ][3 ]...[6 ][7 ][8 ][9 ].[11] [12]



12月10日(月)

 フラックス野郎の会会合(at 東大工学部セミナー室,小池先生,会場を借りていただいてありがとうございます).
 参加者:戸田,玉川,宮崎,松島,檜山,浅沼,石田,樋口

1. データ処理について(石田@弘前大)

2. footprint解析(koria発表予行も兼ねている,松島@東北大) 3. AH-300のDynamic Caliblation(校正帯域に関する調査) について(玉川@岐阜大) 3' . wに関してのスペクトル解析(玉川@岐阜大) 4. フラックス野郎の今後の作業・解析について(石田さんメモ[flux:00503]をベースに加筆)
4.1. 2001年観測分のデータベース CD-R の作成 (取りあえず石田担当)
それを元に、  本会合に参加しない人・2001年手中観測で得られたデータ解析に興味のある研究者の当然歓迎する方向で行く.
解析成果期限:4月上旬 (京大防災研あたりで集合.樋口PIで出した京大防災研共同研究にも絡めていきたい<-- 樋口私見です)

4.2. まず目指す出版物として;


何はともあれ,2001年IOPのOverviewを戸田君を中心にまとめて研究ノートで出す方向でまとまる.やったことは論文,あるいは成果物として出さないとやっていないのと同義になってしまうので,一つまとめるのは非常に重要である.僕がPIで書いた京都防災研の共同研究は受け入れられることで良かった良かった.その後,特許庁に就職してしまった後藤君・始めてお会いする樋口さんとともに東京駅地下街で軽く呑んだ後,檜山さんと共に新幹線で名古屋へ.指定席はこの時間だと空席が目立つ.自由席だと大変なことになるのだが,指定だとそうでもないことが判明.明日起きれるかなー(明日の朝一で講義.何で助手が講義しないといけないの?).



12月13-18日

 宮古島視察



12月25日(火)

 雑務に明け暮れる時間の合間にメールを出す.内容は今使っているLet's note miniのオーバーオール.HDDを4GB-> 20GBに換装+CPUを120 -> 166へのクロックアップ,である.これでデータ転送込みで4万以下である.実は昨日大須まで車で行って,なおかつお金もおろして新しいNoteを買おうとしたのだが,決定力不足で結局購入しなかったのである.後で考えると;

というわけで,多分明日には業者に送ります.年明けすぐにはパワーアップして帰ってくるでしょう.きっと.これで遅く感じたらCPU換装だな(最大266MHz).しかし,これでLet's note miniは丸4年使うことになる.まだまだ,液晶が映らなくなるまで使い倒すぞー.#しかし,Let's note miniの後継機は出してくれないのかしら,松下さん.

This page was written by Higuchi, A., HyARC, Nagoya University, Japan.
Last Update is 15th Dec., 2001.