日記(1999年11月1日〜)

 日記を書くという柄ではないのですが,”若気のぼやき”のページに,”昔の自分は自分ではない”と書いたように,最近ホントに物忘れがひどくなりまして...^^;,やってきたこと(公開できる範囲)を記述するようにしました.というわけで,ほかの人たちのために書いているわけではありません. 最新版はこちら

2ヶ月のご無沙汰.とりあえず,やれることからやろうよ,の6月

1999年 11 12 2000年 1 23  ... 78 9 ..11 12 2001年 123 ...6



6月30日(土)

 朝,掃除していたら,照明の取り付け部分からとれて,照明が1つダメに...~~;.ありゃりゃ.こういうときに同居人がいれば,1名で押さえて,もう一人で照明の取り外しが落ち着いてできて壊すことはなかったのに・・・.独身の悲しい部分が出ちゃいましたね.
 今日は出勤.本日のうちに,GAME Conf. registration form用のperlスクリプトを書かないとマズイのだ.頭に浮かんでは消える「能なし」のフレーズは見なかったことにして,またweb 用のabst受付用のperlプログラムを見直しながら修正していく.5月に大分分かったような気になっていたが,鳥並の脳味噌なので既に忘れている.真剣にperlの本を読んでいないので,プログラムを見ながらこんな事やっているんとちゃうかなー,と”想像しながら”解釈する.まーなんとも怪しいもんである.もう少しで完成しそうだ(1つのバグの原因が分かるまでかなりの無駄時間を食ってしまった),というときに,下山君が来て,ノート(日本語版win Meプレインストール)に英語版のWindows 98mを入れたいのだが,との相談を受け,現実逃避でそれを手伝う.これが私の悪い癖.で,インストール画面が無事に始まったところで下山君に任せて(それまで[僕なりの]試行錯誤をしたが,手が早かったし,下山君に一切説明しなかったので,何がどうなったのかよく分からなかった事でしょう,きっと),としたら時間切れ!(今日中に新しい照明を買わないといけないため).結局perl書きは明日,家のLinuxでやる羽目に.そんなつもりで家のdesktopにLinux入れたんじゃないのに...~~;.



6月29日(金)

 朝メールをチェックすると,新たな査読依頼のメール有り.変に有名になったのか,書いた分は読め!なのかよく分からないが,編集委員の先生も査読者を探すのに大変でしょうから,査読〆切日を聞いた後(宮古島観測があるので),引き受けることにする.マーフィーの法則ではないが,ドタバタしている時に限って仕事が増える.まあ,査読は勉強になるので,事務仕事より100倍マシである.
 宮古島観測手配も大分佳境に入ってきた.とはいってもほとんど人に振っているんだけど...^^;.宿の手配と航空券の手配は学生に,レンタカーとゾンデ郵送は田中(知)さんに,航空局への申請は民田さんに,といった状況.残りはHeガスの手配と巻き下げ器の手配だが,これは僕の仕事で一番遅れている...~~;.やらなきゃならないことは多いので,つい逆におっくうになってしまう.1つづつ虱潰しでやるしかないんだが.
 というわけで,夜,集中して査読論文に関するコメント文を作成して,郵送準備をする.辛口なコメントになったが,悪気はない.気になった部分を正直に書いただけである.真剣に査読するのは毎度の事ながらやっぱり疲れる・・・.帰路でやっぱりまた時間のデフラグができないかどうか真剣に考えるアホ・・・^^;.



6月28日(木)

 今日はDASへ出張.新型ドロップゾンデのテストフライトである.午前中に説明を受け,午後から名古屋空港をたつ.ホントは観測日記に書こうと思っていたが,車に乗ってDASに向かう途中(ちょうど半分程度行ったときに)デジカメを忘れたことに気づき,写真がないと面白くないので日記に書く.印象を箇条書きでしたに書きます.

 といった感じ.終わってから大学に戻ってメール等を読んだが,どーもだるい.いつもの事ながら,航空機に乗った後ってだるくなるんだよね.気持ち悪くならないだけまだましだが.


6月27日(水)

 午前中に予定された李さんの研究室コロキ発表は娘さんが熱を出して病院に連れていくために中止.空いた時間で査読論文を仕上げようと思ったが,そこら中に移動したりしたり,仕事のメールを書いていたりして,全く集中できない.集中できない状態で査読するのも著者に失礼なのであきらめる.
 午後いちで山中さん@インパク原稿依頼をした方が,原稿we掲載遅延のお詫びと言うことでわざわざ僕のところまで出向いてくれた.僕としては書いたものは忘れる主義(つまり,論文にしないと忘れられないってこと.その割には最近書いていないが・・・これが今日の夜つっこまれるとは.続く・・・)なので,あーっ,まだ掲載していなかったんだー,程度しか考えていなかったが,原稿を依頼された他の研究者の一部では怒っている人もいるというので驚いた.山中さん曰く「インパク原稿出展も”成果”になるので」だそうで,遊びで書いた人(私)からすれば,その感覚が信じられない.メールでは何度も山中さんとはやりとりして,こっちが原稿を書く代わりに,水文・水資源学会誌の原稿を書いてもらった経緯があるので,逆に感謝している位なのだが,恐縮されるとこちらが恐縮してしまう..^^;.非常に気さくな人で,楽しい時間を過ごしました.また遊びに来て下さいね.気が向いたらまた原稿書きますので(ネタは尽きないので...^^;)
 セミナーの後,Raoさんのwelcome partyがあった.今回のpartyでうちのボスが暴走気味.センター長になってストレスが溜まっているんだなー,と斜に構えていたらからまれる.”全然論文が出ていないじゃないか?”<---これは効いた.図星なので.”君が研究があまりできていない原因の半分は僕だけど,残り半分は自分自身が趣味(こんなの)に走っているからだ.論文書いているときはなりふり構わない状態になるけど,そうなっている姿を見たことがない”とか,図星な事の連発.へこむーー.1週間単位で仕事時間をデフラグできれば論文書き&解析時間がとれるんだけど,今は時間が分単位でパッチあるだけだからなー.時間もHDDみたいにデフラグできないかしら?10月のGAME Conf.が終わればちっとはマシになると思っているんだけど.甘いかな?



6月26日(火)

 朝(朝って時間じゃないけれど)来たら,民田さんからメールがあって,今日いきなりDASの人たちが来るそうだ.聞いてないよー.おそらく民田さんも同じ状態に違いない(教授のところで情報が止まっている).また,そろそろTyphoon Hunter 2001のための調整をし始める.もうそろそろゾンデを郵送に出さないと間に合わない.我ながらいつもギリギリにならないとやらない.呆れるばかりである.先延ばしにした方が後が大変なのは分かっているのに.
 Rao先生と昼食後,田中(知)さんと,GAME Conf.用のHotel block 予約の話をする.これもやらないと,と思っていながら先延ばしにしていた事項だ.KKR名古屋に電話するように田中さんにお願いする(この手の交渉事って,実は大の苦手.あまり旅行好きな方ではないので).14:00からDASの大橋さんらと新型ドロップゾンデの投下試験に関する打ち合わせ.投下実験をするのを知ったのも昨日だった.しかも,予定表では民田さんが乗ることになっているし(本人は当然知らない).怖い世界やー.で,僕もG-IIに乗る(乗らなきゃならない)可能性が出てきた.席が一つ余っているらしい.もし,他に見学を希望する人がいなければ僕が乗ることになる.乗っている場合か?
 今日田中さんが電話してKKR名古屋に確認した後,何とその日のうちに,KKR名古屋の支配人とえらい人たちがこちらに打ち合わせに来た.教授が出張でいないので,僕と田中さんで対応する.すごいことに,既に見積もりができており,オーナー直々に「全面的に協力します」とのこと.商売なので当然ではあるが,普通より大分遅れた(こちらの対応)のにも関わらず,ありがたい話ではある.まあ,KKRとしてはかなりの大口客であり,大学の事情(一般企業ならこの手の仕事は外に外注できるが,大学ではそうはいかず,研究者自身がかなりの時間と勢力[+神経]をそれに割かないといけない)も分かってくれている.しかし,今日一日だけをみると,研究者と言うより何かビジネスマンみたい.しかもかなり後手後手の...~~;.



6月25日(月)

 なんだかんだで疲れているのか,エアコン付けて始めて寝たので熟睡してしまったのか,爆睡かましちゃいました...^^;.田中(知)さんが昨日の夜についたRaoさんを迎えに行く.割に早く帰ってくる.あーっ,インドでお世話になったRao先生だ.ボスとしてえらそうにしなくちゃならないインドでの印象とは異なり,大分柔和な顔になっている.Rao先生のe-mailアカウントを作って,コンピューターの設定をする.
 夜は自分の研究をする.論文を読む.たまたま夜誰もいないので集中できる.元々院生の時の優遇が良かったせいか,近くに人がいるとどうもダメな人なので,こういう瞬間は貴重である.



6月24日(

 また東京行きの新幹線に乗るために檜山さんと名古屋駅ホームで待ち合わせ.前回もそうだったが,乗る車両を決めていても,駅の構内で会わずに車両の中で合うのはナゼ?新幹線の中で日記や,金曜の出張(見学記)レポート( on web)の整理.何で日曜に新幹線に乗って東京に行っているかというと,これに出るためです,はい.前述したwebも帰りの新幹線でフレームは作りました.全くもって趣味となりつつあります.あっ,すいません.2次会サボっちゃいました.引き出物を持って二次会会場に行く気力が無くなってしまったんです.



6月23日(土)

 昨日の夜,どうも呑み足り泣くって,家で独り晩酌をしていたら夜の3時,で起きたら午後2時...~~;.しかも2日酔い.よろよろしながら洗濯機を回して,CDかけながらボーッ,っとする.いつまでもボーッとはしていられないので,詰め替えもの(シャンプーやらなんやら)をやり始める.そのうち浴室が汚いことに気づいて掃除をし始め,やりだしたら止まらない性格からか家の掃除もやりだす.こりゃやっぱり嫁さんいらずだ...~~;.
 夢でうなされながらカレーを食べていたので,カレーの食材やらの買い出しに行く.これまた安直....^^;.ものはついでに今日詰めた買い置きパックも買いに行く.要するにドライブです,ドライブ.夜は寝過ぎでお約束のごとく寝付けなかったので,自分のweb整理やら本読みやらでなんだかんだで寝れたのは3時.



6月22日(金)

 今日はつくば出張.朝,ちょっと早く起きたので,昨日のKernel 再コンパイルの続きをやる.檜山さんと8:25?分の新幹線で待ち合わせ.後は以下を参照して下さい...^^; --> マイクロ波放射計見学記



6月21日(木)

 今日は人ちゃかしモードの日.つまり,なんでか分からないけど,ちょっと心にゆとりができたってこと.両田中(知子・友理)さんがよく働いているし,(雑務)仕事が大分軽減されている.僕が作らないといけないうちの研究室のweb siteのひな形も,"Webの勉強"とか言って田中知子さんがやり始めた.この人居なくなったらどうなるんだろう?と思わずにはいられない.(とか思いながら,作っている後ろでちゃかしているだけだけど...^^;すぐ人をちゃかすの僕の特徴[というより悪い癖])
 夜,学校でadvansysのSCSIカードがインストールFDDに含まれていない理由があっさり分かった(RedHat のweb siteで判明).なんのことはない,CD-ROMの中に含まれているdrivers.imgをFDDに書き込めばいいだけ(後はインストール中に聞いてくるらしい)だった.早速帰宅して,Vineを止めて,RedHat Linux 7.1を入れようとする.その前に,dos窓でFDDに書いた方が楽だからWindows 2000を起動してっと....あれっ,やけに起動が遅い.中身をみてみるとデータを入れているDドライブがない...~~;.昨日Vineを入れているときに間違って何かしちゃったらしい.データの類は学校のDesktop-> Note -> 自宅のDesktopと同期してあるので,Networkで戻すだけの話だが,半年以上かけて作ったMP3 fileは全てオジャン...~~;.復元不可能ではないが(CDレンタルはしない人[つまり,買う人]なので,家のCD >> MP3ファイルなのだが,なによりめんどくさい.100枚はいるCD プレイヤー買おうかな <-- こんなものばっかり買うからいつまで経っても金欠.
 気を取り直して,HDDのPartition 構成を考え直して(HDD1 ... Windows 2000のシステム+Linux全て,HDD2 ... Data [FAT32,どっちからでもアクセス可],RedHat Linux 7.1 をインストール.途中でDriver FDDを入れることであっさりAdvansys SCSI -> CD-ROMを認識し,CD-ROMからグラフィカルインストールができた.Matrox G450もXで認識し,あっさり起動.見慣れた画面なのでやっぱり使いやすい(Vineの方が良いという人が多いけど,RedHatばかり使っているので,慣れてしまった).Kernel 最新版を展開し,再コンパイルして,USB関連全てあっさり認識(USB Speaker,Printer [HP],Card Reader).USB経由でのプリンターがあっさり使えたのは安心,というよりちょっとした感動.(と思いきや,FAT認識をカーネルコンパイル時に忘れて再コンパイルする羽目に.うっかりはちべえ状態とはまさにこのこと.トホホ・・・).



6月20日(水)

 最近の反省事...前からだが,どうも特に最近怒りっぽい.元々’大人のバッファー’の無い人間だったが,最近特にひどい.世の中ままならないことばかりなのは頭では分かっているつもりなのだが,つい怒ってしまう.それが上に対して直接言える性格だからまだマシだが...(言いやすいボスである,というのがまだ恵まれているのでしょう).
#すいません,detailがわかりにくい日記で.要はまだ子供っぽい,ってことなんですけど...~~;)
ihasサーバーがそろそろ危ない.前は/varにマウントしていたHDDが調子が悪く,今度は/homeにマウントしてあるHDD(民田さん調査)から異音発生.外付けSCSIHDDをまた買えばいい,と言う話もあるが,そろそろ新しいサーバーに替えないと(実は当たりのWSなので,HDDを替えればいけそうな気はするが,場所をくってしょうがない).近いうちに研究科とセンターでIP割り振りを大幅に変更し,2つサーバー(hyarc サーバー.ihasドメイン引き継ぎ.研究科[dhas]サーバー.ドメインマスターは話し合いの結果,hyarc側にする.mailアカウントはいずれ分ける)を立ち上げないと・・・.
 家での出来事.まだLinux installやっています.GNOMEが文字化けしててね(結局,Vine Linux 2.1.5を入れている.kernelはインストール後,試しに2.4系の最新を入れてみるつもり).



6月19日(火)

 結局昨日は2時まで設定をしている羽目になり(でもいまいちうまくいっていない.GNOMEが文字化けしているし....というわけで寝坊!.全く言い訳がきかないなー.ボーとしながら午前終了(やらなきゃならないことはやりましたよ.頭使わない仕事は...^^;).
 昼食のお誘いでいつものように民田さんに電話するが,「誰も来ていませんよ」の一言(民田さんは昼食を買ってあるので食べには行かない).しょうがない,と,独りで理カフェに食べに行く.その後,1). ATMで家賃+駐車場代を振り込み(つまり,今月の給料は既に振り込まれたってこと),2). 北部生協で新幹線名古屋ー東京間の回数+ビジネス切符を1つづつ購入.今週日曜の某筑波大助手の結婚式用である.3). 水水学会の会費を郵便局で振り込み.名古屋大は中心部分にいろんなものが集中しているから楽ではある(千葉大ほどではないが.しかも職場は中心部からかなり離れた片田舎にあるが...^^;).その後,13:30から大型計算機センター業務小委員会に出席(成り行き上,私も委員).会議後,大計センターの人たちに,ギガイーサールーターの件について確認.結局,うちで払うことになっていた別館のギガルーターはNICE経費で払うことになっていたようだ.
 会議終了後,田中友理さんに,GAME Conf.のReview 結果の集計仕事のお願いをしに行く.集計をしてもらっている間に自分が担当している分のReviewをする.午前中に1/3は読んだが,残りを慎重に読む.基本的には研究者の書く英語なので,文法がどうのこうの,とか,意味が分からない,ということはないが,(自分でも経験があるのでよく分かるのだが),まだ結果は出ていないが,エントリーだけしようというのは,結果が全く持って明確ではない.それはそれで10月までの猛解析を期待すれば良いが,その行く末が分からない(読んだこちらには伝わらない)アブストに関してはReviewerとしてはRejectにした.こればっかりはしょうがない.
 田中さんが僕の所に来て,今まで来たReview 結果は既に集計が終わったとのこと.手が早い.1名テンポラリーで話がある程度分かる人がいるだけで研究者の雑務は大分減ることを実感.この研究分野で修士程度のものを持っている人で結婚して暇している(暇しそうな)人をまめに探しておこう(お金さえ何とかなれば,自分の時間をかなりとれる.お金取り[研究資金確保]はこれまでも[そしてこれからも]研究者の重要な仕事の一つだから).
 Backgroundsで延々とやっていたpathfinder 8km AVHRR のダウンロードが終了(1982-2000).全てのデータ量が15GB(もちろんgzで圧縮してある).これはUSGS 10 Days Composite (アジア南域のみ)とほぼ同じ.片や全球で8km,1982-2000.もう一方が1km アジアのみ,正味2.5年である.全部まとめて展開したらきっとHDDはあふれるだろう(200GBを確保してある).バッチ or シェルを使って展開圧縮しながら解析するしかないなー.
 夜は別件の査読(某学会誌の論文査読依頼).内容はとーぜん書けません.そろそろ,書いた分と同程度の査読をすることになる.追い越されないようにしないと(書いた分は読まないとね.give and takeだし,何より査読は勉強になる).



6月18日(月)

 午前は例によってあっという間に終了.でもいつもよりInterceptされる率は低かったような気が.昼食後,田中さんと共に来週から3ヶ月間来るRaoさんようのweekly mansionmの部屋の下見に行く.一見目は大学のすぐ近く.部屋は想像していたとおりのone room.ただし,先たっきも完備だし,(アパートに比べて)月額が高いだけあってそこそこのものは揃っている,ただし,眺めがちょっと悪いなー.業者さんの車で2件目へ,最初の物件は確かに大学には近いが,Raoさんが来てすぐには入れないのだ.2週間は覚王山駅近くにいることになる.ここは大学からちょっと遠いが,7階なので眺めは良い.ただし幹線道路の目の前なのでちょっとうるさい.しかし,どこも例によって狭い.日本の住宅事情を象徴しているような感じだな.
 今日から自宅の机の引き出しに入れてあったポータブルCDを持ってきた.言わずもがな,ながら族を決め込むためである.院生のころは朝?から晩までずっとながら族でやってきているので,どうもこれがないと集中できない.なぜか記念すべき最初のながらCDはa〜haのベスト...^^;.ようやく恥ずかしくもなく聴けるようになった.ちょっと前だと,青春時代の”ザラッ”とした部分に触れるのと,やっぱりこっぱづかしいよね...今だとえらいポップでキャッチーに聞こえるから不思議だ.早速雑用雑用っと.まずはHyARCのwebの更新.日本語の部分のページのボタンを日本語表記に替えたのだが,どうもいろいろ試しても自分の美意識にあわない!でも,英語表記では分かりづらいと言うコメントを基にやっているからしょうがないか.
 家では昨日の続き,懲りずにLinuxを入れることを試す(まだこりt.書店でVine linuxが入った雑誌を探す.あっさりVine 2.1.5ではAdvansysのチップを認識したのは良いが,今度はXがダメ.うーん.一長一短があるなー.確かにこんな細かいユーザーの面倒なんか見たくないだろうねーLinusは.そう,Video Cardだけやけに新しいんですよ(Matrox G450)これがXで引っかかる.Red Hat 7.1ならあっさり行くのだが,こっちでは起動FDDでAdvansysのSCSIカードを認識しない.うーん.いわゆるドツボにはまっているってやつですか?結構この手のハマリは楽しくはあるが,そろそろ何とかなってくれ!家でもLinuxが使いたいんだってば!
 夜12:45...未だにやっております.アホや....



6月17日(

 日曜は研究に関連するものは一切しない(論文読みも含む)と決めてから,日曜はとたんに優雅になった.おとといからの続きで「それが僕には楽しかったから」を読み切り.衝動的に自宅のマシンにもLinuxを入れたくなり,コンピューターをいじり出す.MBRはいじりたくなかったので,前まで使っていた20GB * 2のIBM HDDをインストール.1つ壊れていることに気づくまで少しの時間を潰す(くやしー.千葉大COEを辞めて名古屋に来る前にしばらくアップデートしなくても良いように買ったやつ[1999年11月の日記参照] まだ使い倒していないのに!!).その後,あまりその後の事をよく考えず(自宅にまでLinuxを入れるとは思っていなかったので)買ったMelcoのSCSIカードをRedHatのブートFDDでは認識できず(チップはAdvansys),HDDにCD-ROMの中身を入れてインストールをしてみようと試みるが,失敗.RedHat Linux 6.2ではこれでうまく行ったのだが,7.1ではダメなようだ.英語での表示だとiso イメージと書いてあるので,無理矢理CD-ROMをisoイメージにcd-rソフトでやった後試してみてもダメ.ftpサイトと同じ名前にしないとダメなようだ.自宅のdesktopにまでinternet環境は完備していないので(意外でしょ?でもLANは当然ひいてあるよ.しかも100base ...^^;),ファイル名は分からない.かなり悔しかったが,タイムオーバー.檜山夫妻と蛍を見に行く約束をしていたのだ.
 岐阜県までドライブがてら蛍を見に行く.とにかく綺麗だったが,車のライトがときどきまぶしく,綺麗さ半減.みんな家族連れかカップルだ(一人じゃあんまり行かないよねー).夜中帰宅後この日記を書いている.ナゼか古いLet's note miniの方が日記を更新したくなる.ナゼだろう(随分前に私費で買ったPCだから?理由はよくわからん).CPUは全然遅いのに.僕にはB5サイズも大きすぎるのかもしれない.またA5サイズのトラックボールのLet's note mini出してくれないかしら.松下さん.私費ですぐに買っちゃうよ,きっと.



6月16日(土)

 午後から出勤.午前中は洗濯しながらSteely DanのDVDなんか見ちゃったりして優雅に過ごす.ちなみに前の日の夜は,Linuxを作ったLinus Torvalds 著の「それがぼくには楽しかったから[原文:Just for Fun]」を読み出す.Linuxを作った人がどんな人か知りたくて買ってしまったが,読み出すと訳者のうまさも手伝って非常に面白い.Linuxを使っている人は必読.使っていない人でもコンピューターを使っている人は面白いかもしれない.とにかく,良くできたweb日記を読んでいるような感じで,げらげら笑いながらすらすら読んでいける.内容はまだ読んでいない人のために省略.しかし,この本を買いに某書店に金曜の夜に行ったが,普通の新刊のところにはなく,2階のコンピューター書籍に(新刊なのに)ひっそりと1冊だけ置いてあるってどういうこと?そんなにマニアックな扱いなのかなー.
 研究のみをしようと思って研究室に行くが,つい,計算サーバーの整備をしてしまう.プリントサーバーの機能も持たせるために(これまではプリンターに直接付けるタイプのネットワークサーバー[1万円前後で手に入る]を使っていた.windowsでは問題なくプリントアウトできるのだが,UNIXからps大きなpsファイルを印刷できない[bufferが小さいから?])最新カーネル(このときkernel 2.4.5をダウンロード)を最適化して,カーネルをアップデートしてみる.いつのまにかクルーソーをサポートしている(上記Linusの勤務先[というより本人が開発に強く携わっている]のCPUだけに当然か).最初はパラレルポートがうんともいわず,理由が分からなかったが,もう一度make xconfigの各項目をチェックすると,ちゃんとプリンターの項目があった."PC Style pallarell (<--多分スペルは全然あっていない)"のチェックをonにするだけじゃダメなのね.ちゃんと”パラレルポートタイプのプリンターをサポート”にチェックを入れて再コンパイルし再起動すると,あっさり使えるようになった(もちろん,/etc/printcap の記載が合っているのは当然).よしよし.しかし,カーネルがバージョンアップする度にいろんな機能を取り組んでいる.Linux カーネル開発チームはすごい.
 研究としては,USGS 10 days compositeデータだけではデータの期間が短い('92-93, 95-96)ので,pathfinder の8km AVHRRに手を出すことに決める.これは1982-から最近まで全球で揃っている.今すぐにやるかどうかは分からないが,とにかくデータを引っ張らないと始まらないので,flux野郎で覚えたwget を使って各年毎に一括ダウンロードのジョブを仕込んで帰る.しかもCygwinを使ってwindows上で.(UNIXコマンドをwindows上で使うフリーソフト.泰宙さんの旧web siteから情報収集.windowsでもUNIXコマンドが使えるのはやっぱり便利).



6月6日(水)

 どうもどうも,ご無沙汰しております.樋口です.なんだかえらい久しぶりです.
htmlはそこら中で書きまくっていたのですが,自分の日記を書くのは2ヶ月ぶりです.ここで過去のものも書こうとすると,初日で燃え尽きてしまいますので,今日はこの辺で・・・.昨日今日とエアポケットに入ったように(相対的に)暇です.昨日の夜なんか,家でCD聞きながら,論文一気読みしちゃったりして,なんて優雅な生活,って思っちゃったり.さて,いつまで続くのでしょうか?まームリでしょうね.じゃっ.