日記(1999年11月1日〜)

 日記を書くという柄ではないのですが,”若気のぼやき”のページに,”昔の自分は自分ではない”と書いたように,最近ホントに物忘れがひどくなりまして...^^;,やってきたこと(公開できる範囲)を記述するようにしました.というわけで,ほかの人たちのために書いているわけではありません.

1999年   11  12  2000年 1 23  ... 7



7月31日(月)

 先週の金曜から始めたPGLIERCデータの解析.西田さんがアメリカで大分やりだしているので負けられない.しかし,鼎さん@東大・生産研の日記を見たが,無茶苦茶な生活.そんな生活と比較されると,確かに僕は”名古屋で羽を伸ばしている”といわれても仕方がないかも.SILVACAMの画像解析と,定点観測のPARデータの解析を同時に始める.(3台デスクトップがあると,これくらいは余裕.後の1台でTRMM解析も出来る![はず...~~;]).しかし,筑波大・陸域センターのftpサーバーに繋がらない.これだと最新のデータを引っ張れない.どーしたんだろう.とにかく,知っている人に電話しまくるが,結局繋がったのは杉田先生...^^;.杉田先生曰く「何で僕に聞くの?」.確かに....^^;.でもかなり貴重な情報を教えていただいた.
どうも:
1).繋がるマシンとそうでないのがある.2).(筑波大の)学術情報センターが原因ではない(と言い張っているらしい).しかし,SPAM中継できないように設定した際にport設定で何かいじっている可能性は否定できない).3).sshで陸域センターのサーバーにlogonし,設定をチェックしたが,サーバー側の設定はおかしくない.
 なんでだろ.杉田先生から「UNIXからコマンドラインでftpで入れば確実にいけるようだ」.との事なので,sshで陸域のサーバーに入って(筑波大は外部からのtelnet接続が禁止されている),匿名ftpで必要なデータを引っ張る.もう1つのサーバーにも同様にデータ取得をする.で,一旦陸域サーバー内の自分のdirectoryに落としたデータをihasサーバーからftp接続して取り出す(何でこれでうまく行って,WindowsのSoftのftpクライアントではダメなの?このsoftが何かしでかしていると考える方が自然?).ちょっと面倒だが欲しいデータが手に入った.
 定点観測も2年目で年々変動が見えているはずである.久しぶりに解析をして,時系列を見る.きれいな関係が見える.しかも年々変動している.しかし,対応するフラックスデータの方が,落雷によるSATの故障でもっとも大事なonsetの時期のデータがない.これは悔しいが,自前で観測をしている訳では無いので文句は言えない.
 メガネの右目側の細かな傷が前から気になってしょうがないので,メガネを新調しに眼鏡屋へ.度はそんなに進んでいないが,乱視は少し悪くなっている.結構な出費.痛いが,毎日つけるものなのでしょうがない.これで健康を害することもあるし.しかし,店員さんの「メガネをハンカチで拭くと傷が付く」は知らなかった.僕はさすがにティッシュでは拭かないが,Tシャツ・ハンカチ何でもござれで拭いてしまう.これが細かな傷の原因の様だ.後は露.学生時代のバイトで冷蔵庫と30度を超える外との行き来で必ずメガネが曇ったが,これが続くとメガネが痛むのだそうだ.これはダメだ.確かに傷がいっぱい着くわけだ.反省.



7月29-30(土・

 すいません,世間様と同じようにすっかり休んじゃいました.



7月28日(金)

 インドのゾンデ通関の連絡が来そうで来ない.これじゃ,インド出張の手続きも取れないし,結果として遊びの予定も立てられない(遊んでいる場合じゃない!というつっこみがすぐに入りそうだが...).今日は水圏のビアパーティで名目上は僕が温度を取っていることになっている.実質的には広瀬君がやっているのだが,午後になって急に焦りだし,西田さんの所へ会場設営の応援をお願いする.
 会議の後,会場へ行く.大分準備が進んでいたので安心.しばらくして,本日のメインが来る.しかし,組立方がわからん....何とか準備が終了し,開宴.飲んだくれる...^^;しかも,ビール -> 日本酒 -> 再びビールという,もっとも二日酔いになりやすいコース...~~;



7月27日(木)

 Let's noteの環境変更を続ける.元々Windows 98だったが,どーしてもWindows 2000が入れたくなり,なおかつHDDが20GBもあるので,仕事用として,LinuxもDual bootで入れたくなる.なんだかんだで1日仕事になってしまう.(途中全く立ち上がらなくなったり [MBRへのliloの書き込みが失敗したのが原因]や,Linuxインストール中,partitionがきれなくなる[これはfdiskで論理ドライブで分け,なおかつfirst boot partitionを解放することで何とかする.元々はハイバネーション用partitionだった]).こんだけ時間をかけたのだから,研究の効率が上がらないと問題,ですね,はい.



7月26日(水)

 隣を見ると,中村先生,Krishnaさん,Adaiwaさんで部屋の模様替えをしていた.澤田さんの居たところ<- Krishnaさん,Krishnaさんのところ<- Adaiwaさん,Adaiwaさんのところ<- 中村先生が拡張のようである.最終的に隣の部屋は中村先生のみになる可能性があるので,ようやく世間の教授並の部屋の広さになるのでしょう.中村先生から”樋口君,いずれこっち来ない?”といわれたが,むげに断ってしまった...^^;.議論できるのはいいが,雑務の山が全部こっちに来るのか?というのが先に頭に浮かんでしまってつい・・・. 書類が整った学生さんから,謝金・アルバイト手続きに入るために事務に書類を持っていく.
 午後は停電なので,自分のPC群,部屋内のPC群,gms受信システム,ihasサーバーの順にshutdownしていく.センターはWS・PCが多いので結構大変(走り回る).後で民田さんに聞いた話では,UPSで自動的にshutdownする(はず)との事だったので,無駄な仕事だったかな,と思いちょっと残念.
 昼食後,Let's note用のCD-ROMを買いに大須へ.ものはすぐに見つかって購入.途中,H"のPCMCIAカードに目を奪われる(自宅でのプロバイダーへのPPP接続がなかなか繋がらないので)...^^;.これでWindows 2000をノートにクリーンインストールできると思い,にこにこしながら帰る.
 予定時間通り電気復旧.ihasサーバー,gms受信システム(つまり落としたのと逆の順番で)立ち上げる.そこで,gms受信システムの4mm tape カードリッジへの書き込みに失敗することが判明してあわてる.考えてみれば,テープ交換方法をまじめに聞いていなかった!広瀬君が戻ってきたので,広瀬君に教えてもらいながら一緒にテープを交換する.今度はうまく行ったようだ.
 その後部屋に戻って早速新規購入したCD-ROM DriveからWindows 2000をクリーンインストールするためにCD-ROMブートを選択する.途中まではうまく行くが,いきなりブルーバックに!がーん!で,買った箱の後ろをよく見ると”Windows 2000のインストールは出来ません”って記載されている.ああ,またやってもうた.さらに冷静になって考えるとLinuxはまだUSBをサポートしていないから,USB接続のCD-ROMからブートしてもやっぱりダメ.あらあら・・・.今日は無駄な努力をした日でした...~~;.



7月25日(火)

 ようやく,インドの通関が通りそうな気配.しかし,Raoさんから連絡が来るまでは出張手続きは取れない.謝金手続きの続きを行う.夕方,遠藤君発表のコロキウム.うかつにも寝てしまった.しかし,ヒロポンねー・・・.



7月24日(月)

 午前中に郵送を済ます.昼食後,謝金手続きを始める.その後,KrishnaさんのNote PCにLinuxを入れる手伝いをする.結構時間がかかる.その後,猪飼君のうまくいっていないPCの環境整備をする.結局,今日は自分の研究・仕事はナシ.まさに“助手”Day...



7月23日(

 掃除洗濯等,家の仕事を黙々とこなす.午後に1週間分の食材とその他の雑貨を買いに行く.習慣化している.夜,昨日の続き.



7月22日(土)

 朝から洗濯.午後に学校に行き,橋本君の論文査読を黙々と行う.平日は何かと難しいので,やっぱり土曜日になってしまう.後1つ読まないといけないが,家に忘れてしまったので,家で行う.



7月21日(金)

 今日でGAME国際事務局を補佐してくれた澤田さんが辞められる.一通り説明を受けるが,割にあっけなく終了.お互い,これで良いのかな?という疑問が残る.まあ,残された人間で何とかするしかないんでしょう.後で話をすると,やっぱり先月のGISP前の怒濤の忙しさが効いているようで,「樋口さんは私がまだ働いていたのに帰ってしまった!」といわれた.まさか9時まで働いているとはつゆにも思わす帰ってしまったので,悪いことをしてしまった.いやはや...



7月20日(

 案の定,二日酔い.家でぐーたらすごす.



7月19日(水)
 
 午後は教官会議.比較的早く終わる.夜はセンターでバーベキューなので,その準備を”ちょこっとだけ”手伝った後,僕が共著になっている論文をチェックしようと準備したところに電話.「教授会が終わったので,会議室に戻ってください」だそうで,何ともタイミングが悪い.
 その後,バーベキューの準備の手伝いで,「樋口さんはチャーハンをつくってください」との事なので,ひたすらチャーハンを作る.独身のわびしさがでるチャーハン作り....ほめられてもね...~~;.バーベキューの時に某S教授から,血圧が高すぎる,たばこを止めないと早死にするぞ!と脅される.そーいえばオヤジにも脅されている.タバコね...
 結局3時まで飲んだくれる.広瀬君曰く「ふらふらしながら帰っていった」とのこと(後日談).こんなに飲んだのはホントに久しぶり.



7月18日(火)

 手持ちの60GBのHDDをLinux上で認識させようと,BIOSのアップグレードを試みる.BIOS書き換えは成功し,さて再起動,と時に,画面に何にも映らない....これはひょっとして書き替えるBIOSを間違えたってやつか.よくReadmeを見るとLinuxで使っているMBの型番は同じでも,Coppermine対応版のRev.2と非対応のRev.1があり,僕のは非対応の方で,書き替えたBIOSはRev.2のようだ.紛らわしいというか,何というか.メーカに遅れれば元に戻してくれるが(当然,有料),そんな時間はない(Linuxが動いていないと,他のマシンのネットワークが使えない[IPマスカレードの設定がしてあるので])背に腹は代えられないので,代替えのMBを買いに大須へ行く(ホントの用件は丸の内の愛知貿易館に書類を提出することだが).
 ちょうど昼休みの時間に行ったので,大須はガラガラ.Twotopの店員にどのマザーが32GB以上のHDD
に対応しているのか聞いてみる”ほとんどのマザーはダメですよ.まあ,BIOSを書き替える勇気があって,最新のBIOSが32GB以上のHDDに対応していれば,使える可能性もありますけど...”昨日までの私なら,そうか,BIOSを書き替えればいいんじゃん!と楽観的に考えるが,ついさっきのミスで買い換える目に遭った状態でこの言葉はこたえる...~~;
 教訓:うまくいっているものには手を加えない(当たり前だが...^^;)
これが結構難しい.....結局無難なMB(GigabyteのSoket 370, BX)を購入し,あきらめの30GB HDDも購入.その後,丸の内に行って,本業(書類提出)を行う.
 今日のセンターコロキウムは,中村先生の発表だ.TMIとPRの比較についてで,PRに関しては日本の技術が優れていて,TMI)(マイクロ波による降水量推定アルゴリズム)に関してはアメリカの方が圧倒的に進んでるそうだ.これも目から鱗的な話である.つい,日本ではPRがメインになるが,アメリカの方では,TMIの結果を見せて,”ほら,PRの方がUnderestimateだよ!”というらしい.
 その後,センター内で運営しているサーバー群の運営方法についてみんなで話し合い.結局,サーバーの1つのHDDを総交換し,これもDBサーバーにすることとした.CPUはちょっと(性能が)上がっても退官できないが,ここ半年のHDDの容量アップ(記録密度の圧縮)には目を見張るものがある.民田さんによると,最初のサーバーはちょうどこのHDD容量アップ直前に構築したので,他のサーバーと比べて,HDD容量だけ見劣りするとのこと.
 MBを入れ替え,ようやく元の状態に戻る.やれやれ....何やってんだか...~~;
 



7月17日(月)
 
 しっかし,GISPの議事録が終わらない.何とも要領が悪いというか何というか....議事録は水圏に移動してから(結果的に)鍛えられたので,こんなの余裕,とか最初考えていたのに....やっぱり終わってすぐにやらないと忘れてしまったことが多すぎる!!
 どさくさ紛れにLinux のOS Version upをする(Redhat 6.1 -> Redhat 6.2).インストール画面がWindows ライクに近づいてきている.個人的には素のRedhatが使いやすいと思うが,これは人によりけりでしょう.そろそろちゃんとUNIX使って解析しなくちゃ...
 #追記(7/18).夜中の2時にどうにか議事録終了.やれやれ...(といっても内容はまだ厳選していない!)


7月16日(

 昼まで爆睡してしまう.その後買い物へいく.最近は生活用品を人並みにしようと思って(家に来る人はみんな”何も無いねー”といわれてしまうので...),Loftへよく行く.今日は洗面台の収納器具と包丁とぎ等を購入.包丁の切れが悪くなったので,家に帰ってとぎ直す.効果てきめんである.
 残りのGISP議事録を夜な夜な行う.早く終わりにしたい.



7月15日(土)

 休みだが,午後から昨日の続き,ようやく2日目に入る.早く家に帰り家からメールを見るが,GAME-T MLで沖さんから間接的なあおりのメールが出ていた.いかん!!



7月14日(金)

 昨日に引き続き,GISP議事録作成.GAME-ispメンバーにもMLで送る予定なので,英語の箇条書きで書いてるが,昨日と同様,全く筆(キーボード打ち)が進まない.他にもする事が結構あるので早くしないといけないのは分かるが...



7月13日(木)

 午後はセンター内部での打ち合わせの後,セミナー.その後,忘れかけていたGISPの議事録作成を始める.これが結構面倒だ.僕はmeeting中にほとんど席に着いていなかったので,宮崎さんと鼎さんのメモが頼りだ.二人の書いていることが時々ちょっと違うことがあるので,どっちがホントかな?と考え出すと時間がかかる.
 家でも続きをやりだす.ハマる...^^; しかも終わらない,全然...~~;



7月12日(水)

 午前中に論文が読めた(なんてゴージャス).何かおかしいと思って昼食時に中村先生に,「何か大事な用事を忘れているような気がするのですけど,何ですかね?」と軽く振ってみたら,中村先生も忘れていたらしく,次から次へと仕事が出てきた...~~;.やっぱりやぶ蛇な質問だった・・・
 とりあえず仕事は仕事,ということで,電子文具の環境整備に取りかかる.やっぱりちゃんと使えないと不便なので(普段はノートPCユーザーじゃないが,家と学校のデータ輸送やら,出張の友なので,優しくしておかないと),細かなところまで整備しだす.はたから見ていると仕事しているように見えるが,仕事は進んでいない状態...
 おもむろに思い立って,学生を連れてのみに行く.飲んだくれる...^^;



7月11日(火)

 今日はセンターコロキウム発表日.直前になって手書きでポンチ絵を書き出す始末.発表は割に単調に(抑揚を付けずに)やったせいか,昼寝者続出(学会じゃないので途中で起こしましたが...^^;)議論としては割に良かったんじゃないでしょうか.僕のやっている(いた?)事を学生が分かったので(ひぐちさんて何屋さんですか?という質問があったが...^^;)
 さらに電子文具が本日届き,夜な夜な設定する(いやっ,要するにNote PCなんですが...^^;).Windows 2000を入れてみるが,モデムを認識してくれないので,結局Window 98に戻す(安定性を考えると断然2000なんですがね).



7月10日(月)

 出勤後,メールをチェックしていると,西田さん@モンタナ大と近藤先生@千葉大で激しい議論がなされていた.うっ,すっかり出遅れた!しかし,相変わらず2人ともワーカーホリックだ.議論の中身をまじまじと読むと,なんというか,焦りを感じてしまう.とにかく,やれるとこから,ですね(by 玉川さん@岐阜大).
 先週の金曜に大槻さんから教えてもらった方法でRemote Sens. Environ.の文献チェックを行う.1998年後半からまじめに追っていなかったので,チェックすると結構読んでいない論文で自分に関係しそうなものがいっぱいある.こういうのもなんだか置いていかれたような様な気がしてたまらない.ひたすらpdf ファイルで引っ張ってプリントアウトする.
 明日のセンターコロキウム発表で何を話すか考える.内容的にはWPGMで発表した内容がメインになるのだが,こういう発表の機会は自分が何に興味を持っているのかを学生に示すチャンスであるのと同時に,自分の中ではっきりさせていないことやアイデアを具現化する良い機会である.よって手は抜かない.研究室内の発表で教官が手を抜けば学生も手を抜き出すのは目に見えているし,何より発表後自分に対し落胆してしまう.今後中期的に自分が取り組みたいのは「降水に絡む陸面過程」であるので,発表には間に合わないかも知れないが,そろそろちゃんとレビューをしないといけない.日々の雑用に追われて何もしない場合ではないのだ.
 上記の視点で文献を読んでみると,鼎さんの水水に出された論文+解説は私にとって非常に興味深かった.実は鼎さんとは同期なのだが,未だに同期という感じがしない(名古屋大に移動してからはよく会うようになったが).筑波大+千葉大時代はてっきりもっと上の方だと思っていたので....個人的には鼎さんの発表時に枕詞のようにつく”うちの研究室では〜”のフレーズが好きだ.今度会ったときにちゃんと議論しよう(水水学会か?).さらに同期という話では,年では田中賢治さん@京大,遠藤さん@フロンティア,江守さん@環境研が同い年というのにびっくり!
 年の話題でいくと,きょうのSMAP×SMAPではキムタクと同い年(27〜28歳;キムタクは僕の1つ下というところでさらにびっくり!もっと下かと思っていた)の人たちと話す,という企画をやっていて,同い年といっても,悪いけどえらい違うなーという印象を受けた.ちゃんとした仕事をしている人たちは目に力があるが,フリーターで出ていた人は目に全く力が無かった.”30ではなんかやってる?(キムタク)””いやー3年じゃ,何もできないよ(フリーター)””3年あれば何でも出来るじゃん(キムタク)””3年はあっというまっしょ(フリーター)”.えらい認識の違いである.僕は3年はあっという間とも思わないし,何でも出来るとも思わない.年取ったのかな....さて,僕はどう見られるのかな.学生の話を聞くと,「学生みたいっすね」といわれるからまだ若いのかも知れないし,見方を変えればまだまだなんでしょうね....



7月9日(

 今日は待望のエアコン取り付け日.きのうの電話だと11時から13時の間に来ると言うことで,MP3でPCをJukeBoxにしてゆったりと待つ.13時前ほどに到着.工事に1時間弱かかり,電気が入る.ああっ,涼しい!!.
 早速MP3プレーヤーを持って出かける.まずは床屋に行く,さっぱり.その後昨日に引き続き再び栄へ.Loftに行き,生活用品を買いに行く.例えば,玄関マットとか,台所マットとか....うちに遊びに来た人に,「以前(筑波大大学院生時代)と変わんなく,合宿所みたい」と言われたので,少しは生活感を出してみる...^^;.その後食材を買い出し,家に戻る.早速エアコンをつける.一回エアコンを入れ出すとくせになってくるが,まあ,今日ぐらいはいいでしょう...^^;.それに使わないと意味がないし....



7月8日(土)

 インドから帰ってきて初めてのホントの意味での休日だ(3週間前... 水文科学会学会,2週間前... WPGM発表準備,GISP会場設営,先週... 筑波大出張,先輩の結婚式2次会出席[水戸]).ボーナスも入ったことだし,いろいろ買い出しに行く.といっても暑さに耐えられずエアコンを購入したのでたいしたものは買えないが....というわけで栄+大須にでる.まずは前から欲しかったMP3プレーヤーを物色する.最近パナソニックから非常に小さいプレーヤーが出たが,店員の説明を聞くと,例によって独自なので却下(既にかなりのCDをMP3化しているので,いまさらそれらのファイルを別形式に変換するのがめんどい).前述の理由でソニーのプレーヤーも却下(スタイルとしては良いんだけど,独自のファイル形式にどうしても引っかかる).残りのMP3プレーヤーを比較検討するが,どれも一長一短がある.最終的にはIOデータのものとFujitsuのものの2つに候補が絞られたが,Windows 2000に“確実に”対応しているという点だけでFujituのCuplayを購入.消費税込みで3万強なり(しかし,大須に行って他のPCパーツを買わなかったのはシンポと見るべきか,後退と見るべきか,ちょい悩む...^^;).
 その後,大須をブラブラし,ジーンズ屋さんに入りジーンズとチノパンを購入.いい加減,学部の1年に買って穴が空いているジーンズを捨てないと...^^;.栄戻って,靴を購入.これも先が開いてしまったローファーの代わりの革靴と,普段でも履ける革靴(スウェード地だったが,手入れを失敗して普通の革靴にしてしまった...^^;)と安全靴(結果としてなんだけど...)の3足を購入.
 今日は結構散財したが,買い物は確実にストレス発散の1つであることを認識.女の人たちがバーゲンで目の色を変えて出かけるのもわからんではない.



7月7日(金)

 メールチェックの後,西田さん@現モンタナ大から薦められた論文をコピーしに第3分野へ行く.センターでも雑誌購読はしているが,化学系のものが多い.Agric. For. Meteorol.をチェックしてコピー.その後,洋書をチェックし,校費で購入する本と,私費(僕が読む)の本のリストをつくって食事に行く.今日は人が少なく,芝川君@M2と2名で昼食.その後,生協に行き,先程作ったリストを渡して注文する.
 澤田さんが今月21日でGAME 事務局補佐の仕事を辞めてしまうそうだ.突然の話でびっくりしたが,本人に軽く聞いてみると,止める理由は”想像にお任せします(で,にやっと笑う)”だそうだ.まあ,GISPの前は明らかにオーバーワークだったし...^^;
 午後は午前中にコピーした論文をつらつら読む.名古屋に移動してからこんなふうに論文を読んだのは初めて.至福の時である.よく読むと,修士論文を投稿したような感じで,英語表現も時々引っかかるが,英語圏の人は躊躇無くこうやって国際誌に修士論文を投稿できることがうらやましい.内容的にはPGLIERCに非常に近く,WPGMの印象と同じで,PGLIERCは観測としては海外の観測に比べてもひけを劣っていないことがよく分かる(西田さんから来るメールでもよく分かるが...).とにかく時間を作って解析をして,早くペーパーにしないと...
 雨が降り出したので,傘をわすれたので檜山さんに電話すると,「これから玉川さんが食事にいくから,一緒に行くか?」とのこと.何で玉川さんが水圏にいるの?という疑問も生じたが,芋づる論文をコピーした後,玄関に行く.玄関には第1の学生さんたちと玉川さんと永井さんが居た.で,玉川さんに理由を聞くと,「田中博先生の話を聞きに来た」とのこと.ホントの理由は第1の学生産を引き連れて,岐阜大のレーダー観測を台風接近に合わせて行うことらしい.そば屋で食事をして解散. 



7月6日(木)

 3ヶ月ぶりに日記を再開することにした.忙しいのは相変わらずだが,例えば一年後なって,振り返ったときに自分が何をしていたかが分からないのがやっぱりイヤになったので,夜中に自宅で記載することにする.時間にして10分くらいだしね.
 GISP (GAME International Science Panel) Meetingの事務局仕事や,WPGMの発表が終わったので,ようやくつかの間の研究モードに軽く入りだす.お昼前に千葉大から学生が見学に来る.現状を説明して(水圏で気象が出来るのはセンターだけでは無いことを強調)建物内を見て回る.途中で杉浦さん@パソコン工房が田中さんのところに来ていたので,いろいろ情報収集をする.対1年くらい前までは自分でいろいろ情報収集(パソコンにかんして)していたが,時間が無くなってくると店員さんとの雑談で得られる情報が貴重になってくる.
 午後はセミナー.中村先生が来客があるとのことなので,中村先生抜きで行う.やっぱり教授が居ないとセミナーも締まらないようで,居眠り者続出...^^;.困ったもんだ.
 その後,論文を読む.至福の時間を久しぶりに味わう.途中中村先生とお話.研究の話にならないのが残念.中村先生も“ホントは研究の話で議論しないといけないんだけど(議論したい),他の仕事でいっぱいいっぱいでそれどころではないのが残念だ”とのこと.私も残念.いろいろ吸収しないと...(というより,見て盗まないと).