トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

20141125_eruption_Asosan

阿蘇山中岳噴火−19年ぶり噴石伴うマグマ噴火(2014年11月25日)

11月25日午前10時過ぎ、中岳第一火口より噴煙が上がり噴火が発生しているのが確認されました。今年8月30日に噴火が確認され、噴火警戒レベルが2に引き上げられて以降、小規模ながらも噴石を伴う噴火は19年ぶりとなりました。阿蘇火山博物館設置の火口カメラからは火口内での火炎も観測され、専門家によりますと今回の噴火は、「ストロンボリ式」と呼ばれるマグマ噴火であると確認されました。また、噴煙の影響で、空の便も欠航が相次ぎ、しばらくは観光にも影響が出そうです。

  • 下記は、CEReSでJAXAよりランドラインでアーカイブしているTerra/Aqua 搭載の MODISより、噴火後(11月27日01:52UTC)と、29日(11月29日04:56UTC)の噴煙の様子をMODIS True Color Image(250mデータをHDFllook により画像化)にしました。


 国内情報

 海外情報


問い合わせ先

〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学 環境リモートセンシング研究センター
データベース管理室
E-mail: webmaster(at)cr.chiba-u.ac.jp
phone: 043-290-3870(千葉)
fax: 043-290-3857
CEReS Database Wiki