トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

20131016_typhoon_Japanの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!2013年秋の台風情報 --- 更新中(2013年10月21日現在)

9月に引き続き、10月になっても勢力を保った台風が日本列島を襲っています。やはり海水温が高めのせいでしょうか。
10月11日午前にマリアナ諸島付近で発生した台風26号は、大型で広い範囲の暴風域を伴い東日本に接近しました。
伊豆大島では降り始めから24時間の降水量が824ミリという大雨になり、大規模な土砂災害を引き起こし、
多くの犠牲者が出るという甚大な被害が出ました。各種メディアによると、これは過去の三原山の噴火で堆積した火山灰で形成された土壌が今回の大雨を含んで、想像を超える地すべりを起こしたものと思われます。

下記は、台風26号が日本列島に最接近した時間帯の1時間ごとの連続画像です。
http://www.cr.chiba-u.jp/img_disaster/typhoon2013/typhoon2620131015spot68.png

**[上記の拡大版画像はこちら|http://www.cr.chiba-u.jp/img_disaster/typhoon2013/typhoon2620131015spot.png]
**[拡大版アニメーションはこちらから|http://www.cr.chiba-u.jp/img_disaster/typhoon2013/animex08_20131015-16spotimg.gif]
**[10月11日朝〜16日朝までの3時間おき拡大版アニメーションはこちらから|http://www.cr.chiba-u.jp/img_disaster/typhoon2013/animex04_20131011-1016.gif]


*台風の経路など速報は気象庁の資料をご参考下さい。
**http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/new/jyun_sokuji20131014-1016.pdf

{{br}}


!!国内情報

*気象庁の災害をもたらした気象事例より
**台風第26号による暴風・大雨情報に関する資料
***http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/new/jyun_sokuji20131014-1016.pdf




----

!!! 問い合わせ先
 〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
 千葉大学 環境リモートセンシング研究センター
 データベース管理室
 E-mail: webmaster(at)cr.chiba-u.ac.jp
 phone: 043-290-3870(千葉)
 fax: 043-290-3857
CEReS Database Wiki