トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

20121201_typhoon24_Philippines

大型台風24号(Bopha)フィリピンを襲う(2012年12月1日)

11月末に太平洋の西よりで発生した台風24号(Bopha)は勢力を強めながら西の海上を進み、フィリピンを直撃しました。南部のミンダナオ島の被害は甚大で、死者・行方不明者は数百人規模にのぼり、いまだに水が引かない地域も多く、救援活動が遅れています。主力産業のバナナ農園にも大きな影響が出ているとの報道もあります。

  • CEReS-VLにて作成しているMTSAT(ひまわり)グリッドデータより、12月1日〜7日朝までのフィリピン周辺の赤外画像による台風24号の動きです。

フィリピン東海上での発生後から追ってみました。(12月1日00:30UTC から4時間置きの37シーン)。 右は、Unisys Weather による“Bopha Tracking Information” からプロットしたものです。(字が小さくてわかりにくいですが、ご容赦ください。)

下記は、ミンダナオ島上陸前の台風24号のグレースケール(通常版)とカラー化したものです。カラー版は、下限の閾値を下げました。(出来合いのカラーパレットを利用しましたので、色がすごいですが、、、)

 海外情報


問い合わせ先

〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学 環境リモートセンシング研究センター
データベース管理室
E-mail: webmaster(at)cr.chiba-u.ac.jp
phone: 043-290-3870(千葉)
fax: 043-290-3857
CEReS Database Wiki