トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

20120506_tornado_Kanto

栃木から茨城にかけて同時多発的に竜巻が発生、つくば市の一部に被害集中、住宅等多数倒壊(2012年5月6日)

ゴールデンウィーク最終日の5月6日午後、茨城県つくば市などで巨大竜巻が発生し、200棟以上の建物が倒壊、破損するなど大きな被害がでました。当日、日本上空には、強い寒気の流入と南からの湿った空気が入り乱れ、大気の状態が不安定になり、低気圧が東に進むにつれ、東海から東北の広い範囲で突発的に積乱雲が発生しました。この同時多発的な竜巻の発生で被害範囲は国内最強クラスとなりました。

被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  • CEReS-VLにて作成しているMTSAT2(ひまわり7号)グリッドデータより、日本領域の可視画像を連続にしてみました。

発生した積乱雲が移動していく様子(5月6日11時〜13時半の30分間隔8シーン)

 国内情報


問い合わせ先

〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学 環境リモートセンシング研究センター
データベース管理室
E-mail: webmaster(at)cr.chiba-u.ac.jp
phone: 043-290-3870/3847(千葉)
fax: 043-290-3857
CEReS Database Wiki