トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

MTSAT

MTSAT-1R

MTSAT2の切替と再処理に伴い,全球スキャンに加え北半球・南半球
スキャンの処理を加えました.
ファイル名やディレクトリ構成を変更いたしましたので,下のページ
http://www.cr.chiba-u.jp/~database-jp/wiki/wiki.cgi?page=GEO_MTSAT
を併せて御覧ください.

衛星に関する基礎情報

チャンネル 中央波長 最小波長 最大波長
IR1 10.8 10.3 11.3
IR2 12.0 11.5 12.5
IR3(WV) 6.75 6.5 7.0
IR4 3.75 3.5 4.0
VIS 0.725 0.55 0.90

(単位um)

ファイル形式

データは各チャンネルごとに1つのデータファイルと10のヘッダファイルから構成され,IRとVISでそれぞれbz2形式で圧縮されています.データファイルは2バイト整数,ビッグエンディアンのバイナリ形式で,ヘッダファイルはアスキー形式で収録しています.カウント値から輝度温度への変換テーブルはヘッダファイル中に記述されています.ファイル名,データ範囲およびデータ配列は以下の通りです.

ファイル名

ヘッダ:hdr_ir[1-4]_yyyymmddhhmi_0??.txt(??: 01, ..., 10)
データ:IMG_DK01IR[1-4]_yyyymmddhhmi.geoss

データ範囲

80E〜160W,60S〜60N

データ配列

チャンネル 緯度 経度 間隔 1番目の緯度,経度 2番目の緯度,経度
IR1-IR4 3000 3000 0.04° (59.98N,80.02E) (59.98N,80.06E)
VIS 12000 12000 0.01° (59.995N,80.005E) (59.995N,80.015E)

(参考)データファイルをGrADS .ctl形式で記述すると次のとおりです.

dset IMG_DK01IR1_%y4%m2%d2%h230.geoss
title MTSAT-1R IR1
options yrev little_endian *<-実際はbig_endianだがGrADSのバグのため
undef 1024
xdef 3000 linear  80.02 0.04
ydef 3000 linear -59.98 0.04
zdef    1 linear 1      0
tdef    1 linear 01JUL2005 1hr
vars    1
ir1  0 -1,40,2 count num
endvars

データ

チャンネル 期間
IR1-IR4 20050628-(一部データの欠損あり)
VIS 20060208-(一部データの欠損あり)

ダウンロード

ftp://mtsat-1r.cr.chiba-u.ac.jp/grid-MTSAT-2.0/ (Version 2.0 renewal!)

データの読み出しには,サンプルプログラム readMTSAT-1.02.tar.gz(939) を参考にしてください.(プログラムは自己責任で利用してください.readMTSAT-1.01.tar.gzに同梱のcount2tbb.cの61行目(CN->Tbb内挿)の符号が逆になっていることの御指摘を受け、修正いたしました。)

CEReS 4VL Wiki