トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

活動資料

2012年度

論文

教育活動

2011年度

論文

  • 竹中栄晶, 中島孝, 久世宏明, 高村民雄, 中島映至, 2011: ひまわり7号がとらえた東日本大震災直後の東北関東地方, Journal of the Remote Sensing Society of Japan, 31(3), 338-343. (速報)
  • Takenaka, H., T. Y. Nakajima, A. Higurashi, A. Higuchi, T. Takamura, R. T. Pinker, and T. Nakajima, 2011: Estimation of solar radiation using a neural network based on radiative transfer, J. Geophys. Res. 116, D08215, doi:10.1029/2009JD013337.
  • Yamamoto, M. K. and K. Nakamura, 2011: Typical patterns of microwave signatures and vertical profiles of precipitation in the Midlatitudes from TRMM data. J. Appl. Meteor. Climatol., 50, 1236-1254.
  • Yamamoto, M. K, K. Ueno, and K. Nakamura, 2011: Comparison of Satellite Precipitation Products with Rain Gauge Data for the Khumb Region, Nepal Himalayas. J. Meteor. Soc. Japan, 89, 597-610.
  • Hayasaki, M., M. K. Yamamoto, A. Higuchi, A. Shimizu, I. Mori, M. Nishikawa, Takumi Takasuga, 2011: Asian dust transport to Kanto by flow around Japan's central mountains, SOLA, 7A, 032-035, doi:10.2151/sola.7A-009.
  • Mori, I., M. Nishikawa, A. Shimizu, M. Hayasaki, T. Takasuga, 2011: Solubility of iron in the aerosol collected during kosa (Asian dust) events in Japan, SOLA, 7A, 005-008, doi:10.2151/sola.7A-002.

国際学会

  • Shinoda, T., H. Masunaga, M. K. Yamamoto, M. Kato, A. Higuchi, K. Tsuboki, H. Uyeda, 2011: Development of a validation method for a cloud-resolving model using satellite data of infrared and microwave bands, American Geophysical Union Fall Meeting 2011, 5-9 December 2011, A31C-0096.
  • Shimizu, H., H. Masunaga, M. K. Yamamoto, and A. Higuchi, 2011: Characteristics of winter precipitation systems over the mid-latitude North Pacific as analyzed from TRMM PR and VIRS data. American Geophysical Union Fall Meeting 2011, San Francisco, U.S.A., A23D-0192.
  • Takenaka H., A. Higuchi, M. K. Yamamoto, M. Hayasaki, Naoko Saito, F. Nishio, H. Kuze, T. Takamura, T. Y. Nakajima and T. Nakajima, 2011: Estimation of radiation budget using Geostationary satellites, The Second Asia/Oceania Meteorological Satellite Users' Conference, Tokyo. (2011年12月7日)
  • Higuchi A., H. Takenaka, M. K. Yamamoto, M Hayasaki, H. Kuze, T. Takamura, N. Saito and F. Nishio, 2011: Global dataset of geostationary meteorological satellites and its applications, The Second Asia/Oceania Meteorological Satellite Users' Conference, Tokyo. (2011年12月7日)
  • Shinoda, T., H. Masunaga, M. K. Yamamoto, M. Kato, A. Higuchi, K. Tsuboki, and H. Uyeda, 2011: Development of a validation method for a cloud-resolving model using satellite data of infrared and microwave bands. Asia Oceania Geosciences Society 8th Annual Meeting, Taipei, AS06-D5-PM2-103-018.
  • Yamamoto, M. K., A. Higuchi, and M. Hayasaki, 2011: A statistical analysis for the characteristics of cloud/precipitation system from Cloudsat data. European Geosciences Union General Assembly 2011, Vienna, Austria, EGU05-A-01982.

国内学会

  • 山本宗尚, 綱島小也香, 樋口篤志, 早崎将光, 篠田太郎, 増永浩彦, 坪木和久, 2011: 衛星データを用いた沖縄周辺域の梅雨期降水に対する雲解像モデル結果の検討. 日本気象学会2011年秋季大会, 名古屋大学, P343.
  • 松本崇嗣, 山本宗尚, 樋口篤志, 2011: 静止気象衛星より得られた熱帯海岸域での対流雲の伝播距離. 日本気象学会2011年秋季大会, 名古屋大学, B152.
  • 篠田太郎, 増永浩彦, 山本宗尚, 加藤雅也, 樋口篤志, 坪木和久, 上田博, 2011: 衛星より観測される赤外・マイクロ波輝度温度を用いた雲解像モデルの結果の検討(その2). 日本気象学会2011年春季大会, 東京, P217.
  • 坂下太陽, 竹中栄晶, 高村民雄, 2011: 準リアルタイム衛星推定全天日射量の SKYNET 日射計観測データによる地上検証, 日本気象学会秋季大会, 名古屋.
  • 松本崇嗣, 山本宗尚, 樋口篤志, 2011: 静止気象衛星より得られた熱帯海岸域での対流雲の伝播距離. 熱帯気象研究会2011, 京都大学.
  • 篠田太郎, 増永浩彦, 山本宗尚, 加藤雅也, 樋口篤志, 坪木和久, 上田博, 2011: 赤外帯・マイクロ波帯の衛星データを用いた雲解像モデルの結果の検証手法について. 第13回非静力学モデルに関するワークショップ, 長岡技術科学大学, 10月13-14日.
  • 竹中栄晶, 福田悟, 中島孝, 日暮明子, 関口美保, 高村民雄, 中島映至, 奥山新, 高坂裕貴, 中山隆一郎, 大和田浩美, 大野智生, 2011: 第3世代「ひまわり」による放射収支の推定, 日本気象学会春季大会スペシャルセッション, 東京.
  • 坂下太陽, 竹中栄晶, 高村民雄, 2011: SKYNETおよびBSRN日射計観測データを用いた衛星推定全天日射量の地上検証, 日本気象学会春季大会, 東京.
  • 竹中栄晶, 山本宗尚, 早崎将光, 樋口篤志, 斎藤尚子, 久世宏明, 西尾文彦, 高村民雄, 福田悟, 中島映至, 奥山新, 高坂裕貴, 中山隆一郎, 大和田浩美, 大野智生, 2011: 4大学連携VL全球静止衛星データに基づく放射収支の推定, 日本地球惑星科学連合 2011年大会地球環境関連データセット展覧会, 千葉.
  • 山本宗尚, 樋口篤志, 竹中栄晶, 早崎将光, 久世宏明, 高村民雄, 齋藤尚子, 西尾文彦, 2011: 4大学連携VLで作成・公開された静止気象衛星データの概要と全球の雲活動特性解析. 日本地球惑星科学連合2011年大会, 千葉, MGI016-P09
  • 早崎将光, 樋口篤志, 久世宏明, 菅田誠治, 大原利眞, 2011: 日本における大気汚染物質常時監視データ, 地球惑星連合大会2011年大会 (ACG032-P10), 2011年5月27日,幕張(幕張メッセ).

社会活動

  • 竹中栄晶, 中島孝, 中西裕治, 高村民雄, 中島映至, 2011: 衛星観測データに基づく太陽放射量推定, 再生可能エネルギー協議会, 再生可能エネルギー世界フェア2011, 「政策・統合概念」JCRE分科会1, 千葉幕張メッセ. (2011年12月6日)
  • 竹中栄晶, 中島孝, 中西裕治, 高村民雄, 中島映至, 2012: 衛星観測データに基づく日射量推定技術, 日本学術振興会、産学協力研究委員会. 次世代の太陽光発電システム第175委員会. (2012年3月28日)

教育活動

講義

  • 気象情報論(東京情報大学 環境情報学科,竹中)
  • リモートセンシング水環境計測学特論(岐阜大学大学院工学研究科,分担・集中 樋口)

2010年度

論文

  • Bhatt, B. C., T.-Y. Koh, M. Yamamoto, and K. Nakamura, 2010: The Diurnal Cycle of Convective Activity over South Asia Diagnosed from METEOSAT-5 and TRMM Data. Terr. Atmos. Ocean. Sci. 21, 841-854, doi:10.3319/TAO.2010.02.04.01(A).

国際学会

  • Yamamoto, M. K. 2010: Satellite Data Management in the CEReS, Chiba U. The AMY Data Workshop, Tokyo.
  • Shinoda, T., M. Kato, M. K. Yamamoto, H. Masunaga, A. Higuchi, K. Tsuboki, and H. Uyeda, 2010: Validation of the Results of the Cloud-Resolving Model with the Satellite Data of Infrared and Microwave Bands around Japan Region during the Winter Season. The First International Workshop on Nonhydrostatic Model, Kyoto.
  • Takenaka, H., M. K. Yamamoto, M. Hayasaki, A. Higuchi, H. K, F. Nishio, T. Takamura, A. Okuyama, Y. Kosaka, R. Nakayama, H. Owada, and T. Ono, 2010: Estimation of radiation budget using Geostationary Satellites. Proceedings of the 16th CEReS International Symposium, 7-10.
  • Hayasaki, M., M. K. Yamamoto, A. Higuchi, A. Shimizu, I. Mori, and M. Nishikawa, 2010: Spatial contrast of Asian dust concentration between windward and leeward of mountains in Japan during 1-2 April 2007. Proceedings of the 16th CEReS International Symposium, 103-106.
  • Bhatt, B. C., T. Y, Koh, M. K. Yamamoto, and K. Nakamura, 2010: Diurnal variation of cloudiness over South Asia using satellite observations. Proceedings of the 16th CEReS International Symposium, 33-36.
  • Yamamoto, M. K., A. Higuchi, and M. Hayasaki, 2010: A statistical analysis for the characteristics of cloud/precipitation system from Cloudsat data. Proceedings of the 16th CEReS International Symposium, 39-42.
  • Shinoda, T., H. Masunaga, M. K. Yamamoto, M. Kato, A. Higuchi, K. Tsuboki, and H. Uyeda, 2011: Development of a Validation Method for a Cloud-Resolving Model Using Satellite Data of Infrared and Microwave Bands. The International Conference on Mesoscale Convective Systems (MCSs) and High-Impact Weather (ICMCS-VIII), Nagoya, Japan, 273-276.

国内学会

  • 早崎将光, 常松展充, 山本宗尚, 竹中栄晶, 樋口篤志, 清水厚, 森育子, 西川雅高, 2010: 山岳を迂回する黄砂輸送をもたらす気象条件. 日本気象学会, 東京, P105.
  • 樋口篤志, 山本宗尚, 竹中栄晶, 早崎将光, 久世宏明, 高村民雄, 齋藤尚子, 西尾文彦, 2010: 4大学連携事業における静止気象衛星データセットの作成および公開. 日本地球惑星科学連合2010年大会, 千葉, MGI016-P09.
  • 篠田太郎, 山本宗尚, 増永浩彦, 加藤雅也, 樋口篤志, 坪木和久, 上田 博, 2010: 衛星より観測される赤外・マイクロ波輝度温度を用いた雲解像モデルの結果の検討. 日本気象学会, 京都, P195.
  • 清水宏将, 増永浩彦, 山本宗尚, 樋口篤志, 2010: TRMM PR/VIRSを用いた中緯度北太平洋における冬季降水システムの解析. 日本気象学会, 京都, P197.
  • 山本宗尚, 樋口篤志, 早崎将光, 2010: Cloudsatデータから求めた雲・降水特性の統計解析. 日本気象学会, 京都, P198.

教育活動

講義

  • 共通教育科目(人間科学教育科目)「賀茂文化を学ぶ」(分担,京都産業大学,依頼,山本)
  • 気象情報学(東京情報大学 環境情報学科,山本)
  • 生物環境学(集中講義,愛媛大学 農学部,早崎)

社会教育活動・社会貢献

外部委員など(学会・団体などの理事・評議員・委員などの名称)

  • 財団法人賀茂県主同族会 評議員(山本)
  • 独立行政法人 国立環境研究所 客員研究員(早崎)
  • 環境省 黄砂問題検討会 黄砂実態解明調査解析ワーキンググループ委員(早崎)

その他

  • 第16回CEReS国際シンポジウム(The 16th CEReS International Symposium on Climate Change Studies through Activities of SKYNET and Virtual Laboratory for Climate Diagnostics)の運営(沖縄県名護市,October 21-23)[Proceedings of the 16th CEReS International Symposium:20101021_16thCEReSIntSymposium.pdf(506)]

2009年度

論文

  • Kurokawa, J., T. Ohara, I. Uno, M. Hayasaki, H. Tanimoto, 2009: Influence of meteorological variability on interannual variations of the springtime boundary layer ozone over Japan during 1981-2005, Atmospheric Chemistry and Physics, 9, 6287- 6304.
  • Takenaka, H., T. Y. Nakajima, I. Okada, J. R. Dim and T. Takamura, 2009: Cloud optical thickness estimation from GMS-5/SVISSR, 日本リモートセンシング学会誌 Journal of the Remote Sensing Society of Japan, 29 No.2, 392-397, April 2009.

それ以外の論文(書籍・テキスト)

  • 環境省地球環境局 (2009): 黄砂実態解明調査報告書,169pp.

国際学会

  • Takenaka, H., S. Fukuda, A. Okuyama, T. Hashimoto, R. Nakayama, K. Kato, Y. Tahara, T. Kurino, T. Y. Nakajima, A. Higurashi, M. Sekiguchi, T. Takamura, and T. Nakajima, 2009: Geostationary Satellite Re-Analysis: Estimation of radiation budget, The EarthCARE Workshop, 10-12 June 2009, Kyoto.
  • Yamamoto, M. K., A. Higuchi, H. Takenaka, M. Hayasaki, F. Nishio, T. Takamura, and H. Kuze (2009): Globally-Merged Geostationary Satellite Dataset. Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 6th Annual General Meeting, 13 August 2009, Singapore, AS08-A015.
  • Okuyama A., T. Hashimoto, R. Nakayama, Y. Tahara, T. Kurino, H. Takenaka, S. Fukuda, T. Y. Nakajima, A. Higurashi, M. Sekiguchi, T. Takamura, T. Nakajima, GEOSTATIONARY IMAGER VISIBLE CHANNEL RECALIBRATION, EUMETSAT Meteorological Satellite Conference 2009, 21-25 September 2009, Bath, United Kingdom.
  • Yamamoto, M. K., M. Hayasaki, and A. Higuchi (2009): Structure of Explosively Developing Extratropical Cyclones in Northwestern Pacific by Satellite Data. The 6th AMY (2007-2012) Workshop, 30 November 2009, Kunming, China.
  • Tsunashima, S., M. K. Yamamoto, A. Higuchi, M. Hayasaki, T. Shinoda, K. Tsuboki, and H. Masunaga (2009): An Evaluation of Cloud Top Temperature around Japan in a Summer Season Simulated by CReSS by Satellite Observations. American Geophysical Union 2009 Fall Meeting, 14 December 2009, San Francisco, U.S.A.
  • Higuchi, A., M. K. Yamamoto, M. Hayasaki, H. Takenaka, S. Aoki, M. Chiba, H. Kuze, A. Kondoh, J. T. S. Sumantyo, and F. Nishio (2009): Current Status and Future Perspective of CEReS Satellites Data Archive and Distribution. The 15th CEReS International Symposium on Remote Sensing, 15-16 December 2009, Chiba, Japan.
  • Yamamoto, M. K., M. Hayasaki, and A. Higuchi (2009): Structure of Explosively Developing Extratropical Cyclones in Northwestern Pacific by Satellite Data. The 15th CEReS International Symposium on Remote Sensing, 15-16 December 2009, Chiba, Japan.
  • Takenaka, H., M. K. Yamamoto, M. Hayasaki, A. Higuchi, F. Nishio, H. Kuze, T. Takamura, A. Okuyama, Y. Kosaka, R. Nakayama, H. Owada, K. Date, T. Ono, 2009: Estimation of radiation budget using Geostationary Satellites/Formation of a Virtual Laboratory for Diagnosing the Earth's Climate System, The 15th CEReS International Symposium on Remote Sensing, 15-16 December 2009, Chiba, Japan.
  • Nakajima, T., T. Y. Nakajima, N. Kikuchi, A. Higurashi, I. Sano, T. Takamura, H. Ishida, S. Fukuda, N. Schutgens, M. Mukai, and H. Takenaka, 2010: Overview of GOSAT/CAI measurements of the atmosphere, Sixth International Workshop on Greenhouse Gas Measurement from Space (6th IWGGMS), 26-27 January 2010, Kyoto, Japan.

国内学会

  • 村山祐紀, 樋口篤志, 山本宗尚, 早崎将光 (2009): 衛星データを用いたサヘル地域での大気陸面相互作用解析. 日本地球惑星科学連合2009年大会, 2009年5月16−21日, 千葉, L217-P005.
  • 山本宗尚, 名波明菜, 樋口篤志, 早崎将光 (2009): TRMMデータを用いた降水を伴わない雲の抽出と統計解析. 日本気象学会2009年度春季大会, 2009年5月28−31日, 茨城, A157.
  • 早崎将光, 宮村真人, 山本宗尚, 樋口篤志 (2009): 日本付近の低気圧活動の年々変動. 日本気象学会2009年度春季大会, 2009年5月28−31日, 茨城, P322.
  • 山口潤, 鷹野敏明, 河村洋平, 阿部英二, 高村民雄, 中西裕治, 竹中栄晶, G. Pandithurai, 清水厚, 2009: ミリ波雲レーダによる雲微物理量の算出, 日本大気電気学会第81回研究発表会, 2009年7月3日, 宮城.
  • 早崎将光, 森育子, 清水厚, 西川雅高, 高菅卓三 (2009): 2006,2007年の大規模黄砂期間における浮遊粒子常物質・汚染物質濃度の特徴, 第50回大気環境学会年会, 2009年9月16−18日, 神奈川, 1C0954.
  • 早崎将光, 菅田誠治, 大原利眞 (2009): 1992 - 2007年の光化学オキシダント広域高濃度事例の出現特性, 第50回大気環境学会年会, 2009年9月16−18日, 神奈川, 2B1052.
  • 山本宗尚, 早崎将光, 樋口篤志 (2009): 衛星データによる北西太平洋域に急激に発達する低気圧の水平構造. 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月25−27日, 福岡, P119.
  • 早崎将光, 山本宗尚, 竹中栄晶, 樋口篤志 (2009): 日本付近に於ける春季の低気圧活動の年々変動. 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月25−27日, 福岡, P365.

受賞

  • 平成21年度大気環境学会 論文賞(早崎; 対象論文: 早崎将光, 大原利眞, 黒川純一, 鵜野伊津志, 清水厚 (2008) : 2007年5月8-9日に発生した広域的な光化学オゾン汚染: 観測データ解析, 大気環境学会誌, 43, 225-237.)

教育活動

講義

  • 共通教育科目(人間科学教育科目)「賀茂文化を学ぶ」(分担,京都産業大学,依頼,山本)
  • 生物環境学(集中講義,愛媛大学 農学部,早崎)

社会教育活動・社会貢献

外部委員など(学会・団体などの理事・評議員・委員などの名称)

  • 財団法人賀茂県主同族会 評議員(山本)
  • 独立行政法人 国立環境研究所 客員研究員(早崎)
  • 環境省 黄砂問題検討会 黄砂実態解明調査解析ワーキンググループ委員(早崎)

2008年度

論文

  • Yamamoto, M. K., A. Higuchi, and S. Kikuchi, Climatological changes in rain and non-rain days over the East Asian region using long term rain gauge observation data. From Headwaters to the Ocean: Hydrological Changes and Watershed Management, Taniguchi et al. (Eds), Taylor & Francis, 31-35, 2009.
  • Yamamoto, M. K., F. A. Furuzawa, A. Higuchi, and K. Nakamura, Comparison of diurnal variations in precipitation systems observed by TRMM PR, TMI and VIRS. J. Climate, 21(16), 4011-4028, 2008.

それ以外の論文(書籍・テキスト)

  • 早崎将光・山本宗尚・樋口篤志,第2回「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成」講習会,「衛星リモートセンシング」用テキスト資料,2008年9月10日-12日,千葉大学環境リモートセンシング研究センター,千葉, 109p, 2008.

国際学会

  • Higuchi, A., Y. Murayama, M. K. Yamamoto and M. Hayasaki: Connection of diurnal cycle in convective activity with seasonal march of vegetation activity over Sahel region, Africa revealed by several satellites data. The 2nd MAHASRI/HyARC Workshop in Vietnam (Diurnal Cycle of Rainfall and Convective Activities in Asian Monsoon Resion and Its Impact on Regional Weather and Climate), Danang, Vietnam, 5-7 March 2009, 281-291.
  • Yamamoto, M. K., Comparison of TRMM precipitation products with rain gauge data in Khumb region, Nepal Himalaya. CEOP-HE Informal Meeting at Tsukuba, 2 March 2009.
  • Yamamoto, M. K., S. Kikuchi, and A. Higuchi, Climatological changes in raining and non-raining days over the East Asian region using long term rain gauge observation data. HydroChange 2008 in Kyoto, Kyoto, Japan, 1-3 October 2008.
  • Higuchi, A. and M. K. Yamamoto, Several aspects in land - atmosphere interactions revealed by several Earth observation satellites. HydroChange 2008 in Kyoto, Kyoto, Japan, 1-3 October 2008.
  • Yamamoto, M. K., S. Kikuchi, and A. Higuchi, Climatological changes in rain and non-rain days over the East Asian region using long term rain gauge observation data. European Geoscience Union General Assembly 2008, Vienna, Austria, 13-18 April 2008.
  • Yamamoto, M. K., A. Higuchi, H. Takenaka, F. Nishio, T. Takamura, and H. Kuze Construction of globally-merged geostationary satellites dataset. European Geoscience Union General Assembly 2008, Vienna, Austria, 13-18 April 2008.

国内学会

  • 佐藤栄里子,樋口篤志,山本宗尚,早崎将光,Aqua/AIRS とTRMM を利用した降水効率と環境場との関係.日本気象学会2008年度秋季大会,2008年11月19日-21日,仙台国際センター,仙台.
  • 早崎将光,山本宗尚,樋口篤志,サイクロン Nargis の発生・発達期における総観気象場.日本気象学会2008年度秋季大会,2008年11月19日-21日,仙台国際センター,仙台.
  • 早崎将光,菅田誠治,大原利眞,浮遊粒子状物質および光化学オキシダントの広域高濃度現象の時空間変動,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 岩本真二,大石興弘,田上四郎,山本重一,国立環境研究所・C型共同研究グループ(九州グループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(2) -九州地方における2007年の高濃度現象について-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 佐川竜也,長田健太郎,田中孝典,若松伸司,国立環境研究所・C型共同研究グループ(中国四国グループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(3) -最近の中国・四国地方におけるOx・SPM高濃度事例解析(1)-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 長田健太郎,佐川竜也,田中孝典,若松伸司,国立環境研究所・C型共同研究グループ(中国四国グループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(4) -最近の中国・四国地方におけるOx・SPM高濃度事例解析(2)-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 田中孝典,佐川竜也,国立環境研究所・C型共同研究グループ(中国四国グループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(5) -中国・四国地域における夜間のオキシダント高濃度事象の解析-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 和田峻輔,山本勝彦,山神真紀子,板野泰之,国立環境研究所・C型共同研究グループ(POグループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(6) -ポテンシャルオゾンを用いた関西地域の高濃度オゾン現象の事例解析-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 板野泰之,山神真紀子,大原利眞,国立環境研究所・C型共同研究グループ(POグループ),光化学オキシダントと粒子状物質等の汚染特性解明に関する研究(7) -ポテンシャルオゾンを用いた日本におけるオゾンの季節変化パターン の地域的な違いとその経年変化の解析-,第49回大気環境学会年会, 2008年9月17−19日,金沢.
  • 永岡淳一,山本宗尚,樋口篤志,TRMM/PRによる後方散乱係数を用いた地表面状態の季節変動・経年変化.水文・水資源学会 2008年度総会・研究発表会,8月26-28日,東京大学 駒場IIリサーチキャンパス 生産技術研究所 A棟,東京.
  • 千葉大CEReSバーチャルラボラトリ支援室(樋口篤志・山本宗尚・早崎将光・西尾文彦),複数の気象データセットでとらえたミャンマー・サイクロン.緊急セッション,日本地球惑星科学連合2008年大会, 5月16-21日,幕張メッセ 国際会議場, 千葉.
  • 山本宗尚,菊地沙織,樋口篤志,雨量計データセットを用いた東アジアにおける降雨・無降雨連続日数の長期変動.日本地球惑星科学連合2008年大会,5月16-21日,幕張メッセ国際会議場,千葉.

受賞

  • 大気環境学会論文賞(若手・学生部門)受賞(共著,対象論文: S. Adachi, F. Kimura, S. Sugata, M. Hayasaki, Y. Kurosaki, and S. Wakamatsu, Dust transport along a cold front: A case study of a cyclone observed on 19 - 20 April 2000 in Northeast Asia, Journal of Japan Society for Atmospheric Environment, 42, 327-338, 2007.)

教育活動

講義

  • 普遍教育 総合科目 「地球環境とリモートセンシング」(分担,千葉大学;山本)
  • 共通教育科目(人間科学教育科目) 「上賀茂の文化を学ぶ」(分担,京都産業大学,依頼;山本)
  • 生物環境学(集中講義,愛媛大学 農学部;早崎)

社会教育活動・社会貢献

生涯教育・社会貢献

  • 第2回「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成」講習会(衛星観測データ解析)の実施.千葉大学環境リモートセンシング研究センター(2008年9月10-12日).[講習会テキスト第1版:main.pdf(1232)] [正誤表:(近日公開)] [写真(要ID, password)]
  • 山本宗尚,賀茂競馬図屏風に関する一考察. 賀茂関係絵画資料研究会(京都産業大学日本文化研究所月例研究会),京都産業大学(2008年10月21日,依頼).
  • Yamamoto, M. K. (2008): Practice 1: Geostationary Meteorological Satellite (GMS) Data Analysis. Satellite Remote Sensing of Atmospheric Constituents -The 18th International Hydrological Programme Training Course, 3-15 November 2008, Nagoya, Japan(2008年11月7日).
  • フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」にて,3月9日未明に発生したプーケット沖ボート転覆事故にかかる気象状況の解説に際し,VL支援室作成のMTSAT画像が使用.(2009年3月11日放映分).

学部委員・客員・講師

  • 財団法人賀茂県主同族会 評議員(山本)
  • 独立行政法人 国立環境研究所 客員研究員(早崎)
  • 環境省 黄砂問題検討会 黄砂実態解明調査解析ワーキンググループ委員(早崎)

会議

  • 第3回バーチャルラボラトリ連絡会. 千葉, 2008.9.11.
  • 第2回バーチャルラボラトリ連絡会. 東京, 2008.6.18.

2007年度

論文・紀要・技術報告

  • 橋本 徹, 奥山 新, 竹中栄晶, 福田 悟, 2008: GMS-5/VISSR可視データについての再校正技術の開発. 気象衛星センター技術報告, 50, 61-74.

学会発表

  • 竹中栄晶, 中島 孝, 樋口篤志, 山本宗尚, 橋本 徹, 奥山 新, 太原芳彦, 操野年之, 西尾文彦, 久世宏明, 高村民雄, 2007: 4大学連携VLにおける千葉大学の取り組み-静止気象衛星による放射収支の推定と大気放射プロダクトの作成-. 日本気象学会2007年秋季大会, 北海道, A353.
  • 山本宗尚, 樋口篤志, 竹中栄晶, 西尾文彦, 高村民雄, 久世宏明, 2007: 4大学連携VLにおける千葉大学の取り組み -全球静止気象衛星データセットの概要と必要性-. 日本気象学会2007年秋季大会, 北海道, A352.
  • Higuchi, A., N. Kodama, and M. K. Yamamoto, 2007: Diurnal variation in rainfall account for intra-seasonal variation over monsoon Asia revealed by a combined product of TRMM. AS07-HS20 GEOSS, CEOP and MAHASRI, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 4th Annual Meeting, Bangkok, Thailand.
  • Nakamura, K. and M. K. Yamamoto, 2007: Typical patterns of Microwave Signatures and Vertical Profiles of Precipitation in Mid-Latitude Using TRMM Data. European Geosciences Union General Assembly 2007, Vienna, Austria, EGU2007-A-06389.

その他発表

  • 西尾文彦, 樋口篤志, 2008: CEReSでの4大学VLへの取り組み. 領域創成ワークショップ. 千葉, 3月13日.
  • 高村民雄, 中島 孝, 樋口篤志, 竹中栄晶, 山本宗尚, 加藤悠介, 2007: 静止気象衛星“ひまわり”を利用した日射量の自動推定スキームの開発. 千葉大学オープン・リサーチ2007, 千葉, 10月6日(千葉大学学長賞受賞).

講習会

  • 第1回「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成」[気候モデル]講習会, 2007.8.5-6, NTTセミナーセンター, 北海道, 千葉大学から9名が参加.

新聞記事

  • 4国立大学が温暖化研究. 朝日新聞, 2007.4.20 朝刊. (記事)
  • 温暖化研究4大学連携-気候予測システム開発-. 日本経済新聞, 2007.3.31 夕刊. (記事)
CEReS 4VL Wiki