トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

GOES-WESTの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ダウンロード先一覧
以前とディレクトリ構成が変更になっております。

!リアルタイムダウンロード
ftp://goes.cr.chiba-u.ac.jp/RT/grided/GOES-W/ (2012年7月〜現在)

!GOES9, GOES10, GOES11, GOES15の過去データダウンロード(FD:全球、NH:北半球、SH:南半球別)
ftp://goes.cr.chiba-u.ac.jp/GOES-W/ (2012年8月以前)

データの読み出しには,サンプルプログラム {{ref readGOES-1.0.tar.gz}} を参考にし,カウント値-輝度温度変換テーブル{{ref CalibTable-1.0.tar.gz}}をご使用ください.(プログラムは自己責任で利用してください.)

!!!GOES 10

!!衛星に関する基礎情報
http://goes.gsfc.nasa.gov/text/goeskstatus.html
当センターでは,1998年7月21日〜2006年6月21日の観測データを取得し,グリッドデータを公開しています.
データの取得・公開状況は左メニュー「全球静止気象衛星データセット」を御覧ください.

,チャンネル,中央波長,最小波長,最大波長
,ch.1 (VIS),0.65,0.55,0.75
,ch.2,3.9,3.8,4.0
,ch.3,6.75,6.5,7.0
,ch.4,10.7,10.2,11.2
,ch.5,12.0,11.5,12.5
(単位um, GOES DataBook)

!!ファイル形式
データは各チャンネルごとにそれぞれ1つのデータファイルとキャリブレーションファイルから構成され,各観測時間ごとにbz2形式で圧縮されています.データファイルは2バイト整数,ビッグエンディアンのバイナリ形式で,キャリブレーションファイルはアスキー形式で収録しています.カウント値から輝度温度への変換テーブルは衛星ごと,各チャンネルごとに別ファイルに記述されています(下部ダウンロードの項を参照).ファイル名,データ範囲およびデータ配列は以下の通りです.

!ファイル名
データ:G10-yyyymmddhhmi_ch?.geoss
(?: 1-5)

!データ範囲
165E〜75W,60S〜60N

!データ配列
,チャンネル,緯度,経度,間隔,1番目の緯度,経度,2番目の緯度,経度
,IR,WV,3000,3000,0.04°,(59.98N,165.02E),(59.98N,165.06E)
,VIS,12000,12000,0.01°,(59.995N,165.005E),(59.995N,165.015E)

(参考)データファイルをGrADS .ctl形式で記述すると次のとおりです.

 dset G10_%y4%m2%d2%h20014_ch4.geoss
 title GOES10 IR
 options yrev little_endian * <-実際はbig_endianだがGrADSのバグのため 
 undef 0
 xdef 3000 linear  165.02 0.04
 ydef 3000 linear -59.98 0.04
 zdef    1 linear 1      0
 tdef    1 linear 00Z01JUL2005 3hr
 vars    1
 ir  0 -1,40,2 count num
 endvars

!!ダウンロード
ftp://goes.cr.chiba-u.ac.jp/goes-w/grid-GOES-2.0/GOES10/

データの読み出しには,サンプルプログラム {{ref readGOES-1.0.tar.gz}} を参考にし,カウント値-輝度温度変換テーブル{{ref CalibTable-1.0.tar.gz}}をご使用ください.(プログラムは自己責任で利用してください.)


!!!GOES 11

!!衛星に関する基礎情報
http://goes.gsfc.nasa.gov/text/goeslstatus.html
当センターでは,2006年6月21日以降の観測データを取得し,グリッドデータを公開しています.
データの取得・公開状況は左メニュー「全球静止気象衛星データセット」を御覧ください.

,チャンネル,中央波長,最小波長,最大波長
,ch.1 (VIS),0.65,0.55,0.75
,ch.2,3.9,3.8,4.0
,ch.3,6.75,6.5,7.0
,ch.4,10.7,10.2,11.2
,ch.5,12.0,11.5,12.5
(単位um, GOES DataBook)

!!ファイル形式
データは各チャンネルごとにそれぞれ1つのデータファイルとキャリブレーションファイルから構成され,各観測時間ごとにbz2形式で圧縮されています.データファイルは2バイト整数,ビッグエンディアンのバイナリ形式で,キャリブレーションファイルはアスキー形式で収録しています.カウント値から輝度温度への変換テーブルは衛星ごと,各チャンネルごとに別ファイルに記述されています(下部ダウンロードの項を参照).ファイル名,データ範囲およびデータ配列は以下の通りです.

!ファイル名
データ:G11-yyyymmddhhmi_ch?.geoss
(?: 1-5)

!データ範囲
165E〜75W,60S〜60N

!データ配列
,チャンネル,緯度,経度,間隔,1番目の緯度,経度,2番目の緯度,経度
,IR,WV,3000,3000,0.04°,(59.98N,165.02E),(59.98N,165.06E)
,VIS,12000,12000,0.01°,(59.995N,165.005E),(59.995N,165.015E)

(参考)データファイルをGrADS .ctl形式で記述すると次のとおりです.

 dset G11_%y4%m2%d2%h20014_ch4.geoss
 title GOES11 IR
 options yrev little_endian * <-実際はbig_endianだがGrADSのバグのため 
 undef 0
 xdef 3000 linear  165.02 0.04
 ydef 3000 linear -59.98 0.04
 zdef    1 linear 1      0
 tdef    1 linear 00Z01JUL2005 3hr
 vars    1
 ir  0 -1,40,2 count num
 endvars

!!ダウンロード
ftp://goes.cr.chiba-u.ac.jp/goes-w/grid-GOES-2.0/GOES11/

データの読み出しには,サンプルプログラム {{ref readGOES-1.0.tar.gz}} を参考にし,カウント値-輝度温度変換テーブル{{ref CalibTable-1.0.tar.gz}}をご使用ください.(プログラムは自己責任で利用してください.)
CEReS 4VL Wiki