トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

FY2の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!FY2-C
!!!FY2-C, -D
FY-2C:現在は受信していません.過去受信分,および京都大学防災研究所 石川研究室からのデータ提供を元に off-line で更新しています.
FY-2D: 2008年9月12日より受信中.準リアルタイム処理,公開をしています.2009 11月より ver.2.0 のみリアルタイム処理,公開しています(幾何補正精度向上).

!!衛星に関する基礎情報

,チャンネル,中央波長,最小波長,最大波長
,VIS,0.675,0.55,0.9
,IR1,10.8,10.3,11.3
,IR2,12.0,11.5,12.5
,IR3,6.65,6.3,7.0
,IR4,3.75,3.5,4.0

!!ファイル形式
データは各チャンネルごとに1つのデータファイルから構成され,それぞれbz2形式で圧縮されています.データファイルは8-bitデータについては1バイト整数、10-bitデータについては2バイト整数,ビッグエンディアンのバイナリ形式で,ヘッダファイルはアスキー形式で収録しています.カウント値から輝度温度への変換テーブルはヘッダファイル中に記述されています.ファイル名,データ範囲およびデータ配列は以下の通りです.

!!ファイル名
!!ファイル名(ファイル名ルールは FY2-C, -D 共に同じ)

ヘッダ:hdr_???_yyyymmddhhmi_0??.txt (???: vis, ir[1-4])
データ:IMG_DK01???_yyyymmddhhmi.geoss(???: VIS, IR[1-4])

!!データ範囲
44.6E〜164.6E,60S〜60N

44.6E〜164.6E,60S〜60N (FY2-C)
26E〜146E, 60S〜60N (FY2-D)

!!データ配列
,チャンネル,緯度,経度,間隔,1番目の緯度,経度,2番目の緯度,経度

FY2-C
,チャンネル,緯度,経度,間隔,1番目の緯度,経度,右端の緯度,経度
,IR1-IR4,3000,3000,0.04°,(59.98N,44.62E),(59.98N,164.58E)
,VIS,12000,12000,0.01°,(59.995N,44.605E),(59.995N,164.595E)

FY2-D
,チャンネル,緯度,経度,間隔,1番目の緯度,経度,2番目の緯度,経度
,IR1-IR4,3000,3000,0.04°,(59.98N,26.02E),(59.98N,145.98E)
,VIS,12000,12000,0.01°,(59.995N,26.005E),(59.995N,145.595E)


(参考)データファイルをGrADS .ctl形式で記述すると次のとおりです.

! 8-bit用
! 8-bit用 (FY2-C)
 dset %y4%m2%d2%h2%m213.01F_IR1.geoss
 title FY2-C IR1 8bit
 options yrev little_endian
 undef 256
 xdef 3000 linear 44.62 0.04
 ydef 3000 linear -59.98 0.04
 zdef    1 linear 1      0
 tdef    1 linear 19JAN2004 30min
 vars    1
 ir1  0 -1,40,1 count num
 endvars

! 10-bit用
! 10-bit用 (FY2-C)
 dset %y4%m2%d2%h2%m213.01F_IR1.geoss
 title FY2-C IR1 10bit
 options yrev little_endian *<-実際はbig_endianだがGrADSのバグのため
 undef 1024
 xdef 3000 linear 44.62 0.04
 ydef 3000 linear -59.98 0.04
 zdef    1 linear 1      0
 tdef    1 linear 19JAN2004 30min
 vars    1
 ir1  0 -1,40,2 count num
 endvars

! 10-bit用 (FY2-D)
 dset %y4%m2%d2%h2%m213.01F_IR1.geoss
 title FY2-D IR1 10bit
 options yrev little_endian *<-実際はbig_endianだがGrADSのバグのため
 undef 1024
 xdef 3000 linear 26.02 0.04
 ydef 3000 linear -59.98 0.04
 zdef    1 linear 1      0
 tdef    1 linear 19JAN2004 30min
 vars    1
 ir1  0 -1,40,2 count num
 endvars

!!ダウンロード
ftp://fy.cr.chiba-u.ac.jp/disk1/grided/
ftp://fy.cr.chiba-u.ac.jp/grided/FY2-C/ (FY2-C)
ftp://fy.cr.chiba-u.ac.jp/grided/FY2-D/grid-2.0-10bit/ (FY2-D, ver.2.0)
ftp://fy.cr.chiba-u.ac.jp/grided/FY2-D/grid-1.01-10bit/ (FY2-D, ver.1.01; 2.0 のオフライン計算中ですが,急ぎの場合こちらをご利用下さい)

データの読み出しには,サンプルプログラム {{ref readFY2C-1.0-after200804.tar.gz}}または{{ref readFY2C-1.0-before200804.tar.gz}} を参考にしてください.(プログラムは自己責任で利用してください.FY2-C でも -D でも読み出しそのものは同じプログラムで動きます).同じプログラム群は;

ftp://fy.cr.chiba-u.ac.jp/grided/support/

にもあります.
CEReS 4VL Wiki